ヒイロたちの奮闘空しく…。『ガンダムW』43話ではリーブラ主砲の禍々しい光が地球に降る!

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、『新機動戦記ガンダムW』の第43話“地上を撃つ巨光”が配信中です。

 『新機動戦記ガンダムW』は、1995年4月7日から1996年3月29日までにテレビ朝日系列で放送された作品。『ガンダム』シリーズとしては、初の試みとなるキャラクターデザインを重視した作品で、美少年・美少女キャラクターが登場します。

 ストーリーもシリアス路線で、キャラクターのセリフも深みのある思想的なものが多く取り入れられているのが特徴です。重厚な世界観とストーリー、美麗なキャラクターで、少年向けだった『ガンダム』シリーズのファン層を広げました。

 第43話のあらすじはこちらです。

あらすじ

 ピースミリオンに5人のガンダムパイロットたちが集結。しかし、トロワは記憶喪失のままだった。OZの残党が民間人用コロニーを占拠し、ホワイトファングへ向けてリーブラ返還を求めてくる。しかし、ゼクスはその要求には従わず、あえてリーブラの主砲をコロニーへと向けるのであった。

 ピースミリオンでは、その様子をうかがっていたが、トロワがそのコロニーにキャスリンを発見する。改造中だったヘビーアームズの代わりにウイングガンダムゼロで救出に向かう。

 しかし、ZEROシステムに翻弄されコロニーを敵と見なしライフルの照準を合わせるトロワ。そこへカトルが止めに入り正気を取り戻すとともに記憶も甦るのであった。しかし、依然としてリーブラの照準はコロニーに向けられたまま。

 リリーナはその行為をやめさせるべく懇願するが、それもむなしく主砲はコロニーに向けて放たれたのだった。

©創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら