『ロストジャッジメント』主題歌はjon-YAKITORY feat. Adoの『蝸旋』。オープニングムービーが公開

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 セガは、9月24日発売予定のPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One用ソフト『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』について、jon-YAKITORY feat. Adoが楽曲提供を行った主題歌『蝸旋(らせん)』を発表しました。

 あわせて、印象的な主題歌とともにゲームの雰囲気が楽しめる、オープニングムービー、アーティストコメントを公開しました。

『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』オープニングムービー

■アーティストコメント

jon-YAKITORY

 大人気シリーズの曲を書かせていただき、今でも信じられないくらい光栄です。難しいテーマでしたが、名越さんと打ち合わせを重ね、私なりに今作を表現させていただきました。

 今回の曲『蝸旋』は単なる一人の恨み節だけではなく、さまざまな人の視点に立てるような曲にしています。

 さまざまな人のさまざまな想いが渦を巻く現代の状況で、聞いてくれた人がその業を背負いながらもゆっくりと前へ進めるような曲になればと思っています。

 また、Adoさんと一緒に曲が作れたことを大変うれしく思います。毎回想像以上の表現力で応えてくれる彼女の実力に感動します。

 このような機会を与えていただいたすべての方に感謝申し上げます。

Ado

 jon-YAKITORYさんの楽曲『蝸旋』を歌わせていただきました。

 ゲームのどんなシーンで楽曲が流れるのか、今から楽しみにしております。

 jon-YAKITORYさんの歌詞は自分と重なる部分も多かったため、この曲の歌詞や世界観をありのままに、そして最大限表現できるよう意識して歌いました。

 ぜひ聴いてください。

アーティストプロフィール

jon-YAKITORY

 2013年の初投稿から多様なジャンルの音楽とボカロの融合に挑戦し続けてきたボカロP。邦楽だけでなくさまざまなジャンルの洋楽に触れて過ごした青春期から下積み時代の経験と、そこで得た技術を生かし「音楽家になる!」夢を実現。

 代表作である“シカバネーゼ feat.Ado”はYouTubeで総再生数870万再生を越え、Spotifyのバイラルチャートでは過去最高1位を獲得。2020年12月に投稿した“フェイキング・オブ・コメディ(feat. Ado)”も150万再生を超えており、次世代を担う音楽プロデューサーの1人。現在(2021年5月)JFN系列で放送中の『クリエーターズ・スタジオ with ボカコレ』の木曜日担当パーソナリティを務める。

Ado

2002年10月24日東京生まれ、18歳女性の歌い手Ado。
2020年10月にリリースしたメジャーデビュー曲『うっせぇわ』のMV&ストリーミング累計再生回数が合わせて3億を突破し、社会現象となっている。

4月に配信した『踊』も国内外の各配信サイトで50冠を獲得し、6月14日に配信した新曲『夜のピエロ』も続々とチャートインを果たしヒットしている。

©SEGA

関連する記事一覧はこちら