『夢現Re:Master』主演声優インタビュー連載。第2回は柳谷こころ役の沼倉愛美さん

電撃オンライン
公開日時

 工画堂スタジオから発売中のPS4/PS Vita/Nintendo Switch(ダウンロード専用)/PC/Steam用ソフト『夢現Re:Master』。本作に出演する声優へのインタビュー連載をお届けします。

 本作は、工画堂スタジオのしまりすさんちーむによる、ゲーム制作会社を描いたアドベンチャーゲーム。帝都東京の都心からほど近い、街“虹園寺(こうえんじ)”にある小さなゲーム開発会社“ユリイカソフト”を舞台に、ゲーム制作者や声優たちの努力と葛藤を描きます。

 インタビューでは、演じた役や特徴、物語についてお聞きしています。なお、物語のネタバレが一部含まれるため、ゲームクリア後に記事を見るのがオススメです。

柳谷こころを演じた沼倉愛美さんへのインタビュー

――柳谷こころはどんな子ですか?

 誰よりも経験値が低くて視野も狭くて、その分突破力がある子ですね。年相応のまっすぐさとか信じる気持ちというものが、まわりの大人から見たらいい意味でも悪い意味でも痛く感じる。

 彼女自身は自分が正しいと思うものを素直に表に出しているのに、なぜうまくいかないのかはたぶん子どもだからわからない。それの繰り返しなのかなと思いながら演じました。

――ディレクターは中央に立って、いろいろなチームの矢面に立つことになるので大変ですよね。

 しかもどんどんギスギスしていくので、こころの心が荒んでいくにつれて私の心もだいぶ……(笑)。

 こころルートをやっていただけると、なぜそうなっているのかとか、わかるかと。産みの苦しみみたいなものが、おそらくはどの作品にもあるんだろうなと私は思いました。

 今回はゲームを作る際にどのようなセクションがあり、どういう順序で作っていくのかという制作の中身を見られます。ゲームのファンの方でも、こうやってゲームができているという観点で見ると、すごくおもしろいと感じました。

――沼倉さんはゲームの声優として出演されていますが、ゲームは自分でやられますか?

 すごく狭くて、同じシリーズをずっとやるタイプです。アプリゲームもやるんですが、並行してできないので、同じ時期に何個も掛け持ちができないんです。自分が出ているゲームがリリースされるので遊ぼうと思っていても、それを始めちゃうとそれまでプレイしていたゲームができなくなってしまうので迷います。

 家庭用のタイトルもやりますが、途中で休憩しちゃうとそれまでのストーリーが分からなくなっちゃって、どこに行けばいいか分からなくなるので、RPGはできないですね。そのため、パズルゲームや爽快なアクションゲームを少しやる感じです。シミュレーションバトルであればやれますね。

――ゲーム開発と声優の仕事では、大きく違う部分はありましたか?

 アフレコは他の作業とは隔離されているというか、他の作業を垣間見るチャンスがないんですよね。いろいろなスタッフさんはいらっしゃるんですけど、一人ひとりにしっかりご挨拶できることがあまりなくて、どなたがどんなお仕事をしてくださってるのか謎な部分はたくさんあります。

 知らなかったものを見られるのは興味がありましたから、一端を知れてすごくうれしく感じました。

――今回の収録で、印象的だったこと、シーンは?

 台本を流れで全部いただけたのはすごくありがたがったです。自分のセリフしか入ってないような、飛び飛びの台本をいただくこともあるんですが、その場合、何が起こっているのかまったく分からなくて、どんなことを思っているのかを想像できないので、難しいんです。

 あと、さきさんとのやり取りはすごく心に来る一方で、気持ち的にしんどい部分もありました。ただ、他の人のルートを見ることでこころが大きくなっていく姿を見てもらえるのは、すごくいいと思いましたね。

――大変だったことや気を付けたことは?

 別のルートを収録する際、いったん時間が巻き戻ってキツイこころに戻るじゃないですか。

 こころルートを演じたあとでは容赦ない口調の中にもどこか、お姉ちゃん大好きと完成されてしまった気持ちがあるので、ところどころに優しさとか愛情がにじんでしまっている気もします。それはそれで正しいというか、一回気持ちが入ってしまうとだんだん無関心ではなくなっていくのを感じますよね。

――では最後に、読者へのメッセージをお願いします。

 あいとのやり取りだけではなく、お仕事を通じていろいろな人との関わりを持ったこころを見てもらえてすごくよかったです。個人的にはあい以外ともくっついてほしいというか、さきさんともそうですし、ななさんともいい感じだったなと思うので、そういうのがいつか見られたらいいなぁ……なんて。

 テーマとか内容的にはヘビーな部分もあったかと思いますが、それらを含めて楽しんでいただけたらすごくうれしいので、これからも応援してください。

(C)KOGADO STUDIO,INC.

夢現Re:Master

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2019年6月13日
  • 希望小売価格: 6,800円+税

夢現Re:Master(ダウンロード版)

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ADV
  • 配信日: 2019年6月13日
  • 価格: 6,800円+税

夢現Re:Master

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2019年6月13日
  • 希望小売価格: 6,800円+税

夢現Re:Master(ダウンロード版)

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: ADV
  • 配信日: 2019年6月13日
  • 価格: 6,800円+税

夢現Re:Master(ダウンロード版)

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ADV
  • 配信日: 2019年6月13日
  • 価格: 6,800円+税

夢現Re:Master

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: Windows
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2019年6月13日
  • 希望小売価格: 6,800円+税

夢現Re:Master(ダウンロード版)

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: Windows
  • ジャンル: ADV
  • 配信日: 2019年6月13日
  • 価格: 6,800円+税

夢現Re:Master 限定パッケージ版

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: Windows
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2019年6月13日
  • 希望小売価格: 未定

夢現Re:Master(ダウンロード版)

  • メーカー: 工画堂スタジオ
  • 対応機種: Steam
  • ジャンル: ADV
  • 配信日: 2019年6月13日
  • 価格: 6,800円+税