CGドラマ『バイオハザード』がついに配信開始!

電撃オンライン
公開日時

 連続CGドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』がNetflixにて配信開始されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

連続CGドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』ついに配信スタート! 迫力満点のクリーチャー解禁!

 早くも本編を鑑賞したファンからは、「今までのCG作品でダントツ好みかも」、「ゲームと世界線が繋がっていて、でも、初めて見る人も楽しめる面白い作品!」、「映像は驚異の美しさ、臨場感も素晴らしい。ストーリーは息もつかせぬ面白さ!」など絶賛の声が続出している。

 「バイオハザード」といえば、迫力満点な数々のクリーチャーも大きな見どころのひとつ。本作にも、思わず悲鳴が出てしまいそうな恐ろしいクリーチャーが印象的なシーンで登場している。

 今回は、本作の主人公レオンの行く先々で襲い掛かってくる存在感抜群のクリーチャーと、それらに勇ましく立ち向かうレオンの場面写真を解禁! まだ本編を鑑賞していない人も、気になるシーンと共にぜひチェックしてほしい。

ホワイトハウスに出現! 怒涛のドラマが幕を開ける”ファーストゾンビ”

 ある事件の捜査のため、大統領によってホワイトハウスに招集されたレオン。しかし突如邸内が停電し、暗闇の中で遭遇したのは…正体不明のゾンビ! セキュリティ万全と思われていたホワイトハウス内部に出現したゾンビによって、ドラマは序盤にして一気にピークへ!

 レオンは、元アメリカ陸軍の特殊部隊「マッドドッグス」隊長にして、合衆国エージェントのジェイソンらと共に、ライフルを構えてゾンビを討伐。しかしそれは、事件の始まりに過ぎなかった─

 「バイオハザード」らしさ満点の迫力溢れるゾンビと、合衆国大統領直属のエージェントらしくフォーマルなスーツ姿で武器を構えるレオンの姿が、新たなドラマの幕開けを期待させる場面写真にも注目だ。

潜水艦で大量発生! 小さいながらも群れると怖すぎる“ネズミ型B.O.W.”

 ゾンビ制圧後、物語の舞台はホワイトハウスから潜水艦へ。息つく間もなくレオンたちに襲い掛かるのは…なんと“ネズミ型B.O.W.”の集団!

 一匹単位では小さなネズミだが、真っ赤な目に鋭い牙を持った恐ろしい姿で、さらに大群となって押し寄せてくる! 「バイオハザード」シリーズにはこれまでも、犬など動物のクリーチャーが登場してきたが、クリーチャー化した“ネズミ”の恐怖が描かれるのはこれが初めて。逃げ場のない潜水艦の中で、レオンがこの窮地をどうやって切り抜けるのか、ぜひ本編で見届けて欲しい!

クライマックスの大激闘は必見! 最強の”生物兵器”タイラント!

 そしてクライマックスには、今回の事件の真相を握る超機密事項にして最強のクリーチャーが登場! それぞれ独自に捜査を進めていたレオンとクレアは、かつて「ペナムスタンの内戦」時に実施された、ある恐ろしい実験に辿り着く。そこで登場するのが、「B.O.W.(=Bio Organic Weapon)」こと”生物兵器”のタイラントだ。

 「バイオハザード」の世界では、“T‐ウィルス”や新種のウィルスを組み合わせることで凶悪なB.O.W.が生み出されている。B.O.W.はタフに作られているため、倒すには相当数の弾丸や強力な銃器を用意しなければならない。

 そのひとつが、「バイオハザード」シリーズを代表するボスキャラクターの「タイラント」である。成人男性の体をベースに様々な遺伝子改造を施し、非常に大型で人智を超えた破壊能力と耐久性能を兼ね備えるクリーチャーへと変貌した。

 そんなタイラントが、本作でもレオンたちの前に立ちはだかる。ロケットランチャーを構えた臨戦態勢のレオンからも、強敵であることは一目瞭然! さらにこのタイラントこそが、隠された真実にして平和を覆す真の恐怖の到来だった─ 果たしてこのタイラントは一体何者なのか!? レオンたちは恐怖に打ち勝つことができるのか!? 

 ハリウッド大作映画並みのスケール、映像美、そしてスリル満点かつ観る者の心を揺さぶる極上のシナリオが見事に融合した、新しい「バイオハザード」の物語を絶対にお見逃しなく!!

 主人公に「バイオハザード」シリーズで絶大な人気を誇るレオンとクレアを迎え、ジェイソン、シェンメイをはじめとする魅力のある新キャラクター達が登場する、かつてない壮大なスケールで送る新たなエンタメ超大作!

 Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は、 Netflixにて全世界独占配信中。


©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

関連する記事一覧はこちら