『FFXI』電撃の旅団がお届けする攻略企画"月刊★アンバスケード"2019年8月【電撃PS】

電撃PlayStation
公開日時

 今年で17周年を迎えた、スクウェア・エニックスが運営しているMMORPG『FINAL FANTASY XI(以下、FFXI)』。電撃PlayStationの誌面において、今なお休まずに連載を続ける『FFXI』コーナーの攻略を担当する“電撃の旅団”。

 その“電撃の旅団”が、毎月のバージョンアップで内容が変わるバトルコンテンツ“アンバスケード”をゆる~く攻略する連載企画第3回!

■電撃の旅団メンバー紹介

 ”電撃の旅団”とは、電撃PlayStationの編集&ライターで結成された『FFXI』の攻略班。ちなみに下の3人以外にも、いくつもの修羅場をくぐってきた精鋭が存在するとかしないとか。

  • ▼団長……電撃の旅団・団長。「これからは動画配信の時代」と思っているが本人はよくわかっていない。
  • ▲Haruhi……アンバスケードに新種族と新Tシャツがきたことでテンションが上がっている!
  • ▼Kitty……電撃の旅団で、はるちゃんに「あれやって」って言う担当。外で『FFXI』を遊ぶのが趣味。

月刊★アンバスケード

“ソロでもできるアンバスケード攻略”みたいなコンセプトでお届けしているこの企画も、ついに3回目だね!

はるちゃんが色々調べてくれるおかげでウチのアンバスケード周回が少し楽になった! ありがとう!

お役に立てているようで何よりです。また、今月は入室システムが改善された点にも注目です。混雑時の待ち時間が短くなっているので、ぜひ挑戦してみてください!

アンバスケード攻略【2019年8月】

今月の“第2章(通常のアンバスケード)”は、“キトルルス”マンドラゴラ族という新種族! アンバスケードで新種族が出るのははじめてなので、いつも以上に楽しみです!

【“キトルルス”マンドラゴラ族】

・Vengeful Citrullus……戦闘開始時および一定時間(Tiny Lycopodiumをすべて倒したあと、約1分ほど)ごとにTiny Lycopodiumを召喚する。
 召喚する数は難易度によって変動し、"とてもむずかしい"と"むずかしい"では4体。召喚するまでの時間は、西瓜割の太刀(8月のログインポイントで入手可能)を装備時のみ使用可能の両手刀WS"盛夏之太刀・西瓜割"を当てることで、1回の召喚につき1度だけリセットできる。
 Tiny Lycopodiumがいるあいだはすべてのダメージを0にする。Tiny Lycopodiumをすべて倒すと、暗闇のスフィアを(特殊技使用後も)展開する。
 なお、この暗闇のスフィアは、Vengeful Citrullusを指さす(/point)ことで消去できる。また、このときパーティメンバーを応援(/cheer)するとリゲインスフィア、拍手(/clap)するとリフレシュスフィアが展開する。

・Tiny Lycopodium……すべてのダメージが1(多段ヒットするWSなどはヒット回数分のダメージ)になる特性がある。

【注意したい特殊技】
ペタルピルエット:TPを0にする
スクリーム:範囲にテラーの効果
フェイタルスクリーム:範囲に死の宣告の効果。HPが少なくなると使用する

バトルレポート

ジョブ……戦士/忍者
フェイス……アークEV、シャントットII、ウルミア、コルモル、クピピ
難易度……むずかしい

上の解説ではちょっとわかりにくいですが、おおまかな流れとしては

①Tiny Lycopodiumをすべて倒す
②Vengeful Citrullusに“/point”して暗闇を解除
③Vengeful Citrullusを攻撃
④1分ほどでVengeful CitrullusがTiny Lycopodiumを再召喚するので①に戻る

といった感じです。
 戦闘の流れは上記のとおりで、強烈なダメージの特殊技はないので戦闘自体は楽だと思います。Tiny Lycopodiumは手数の多いジョブのほうが素早く倒せるので、今回はサポ忍者にして片手斧と片手剣の二刀流で戦ってみました。
 ですが、Tiny Lycopodiumがいない間にどれだけダメージを与えられるかのほうが戦闘時間を短縮するうえでは重要だと感じたので、装備が整っている人は両手斧で戦ったほうがいいかもしれません。自分は上記の編成で11分ほどでクリアできました。
 あと、盛夏之太刀・西瓜割を使えば再召喚までの時間を延ばせるのですが、武器を持ち換えてTPをためる間はダメージが極端に減るので、ソロの場合は無理に狙わなくてもいいかもです。

  • ▲フェイタルスクリームへの対策として、聖水は忘れないように!

"アンバスケード大典2章"入手のオススメエリア

討伐対象……プラントイド類(10体)

【オススメその1】
エリア……ボヤーダ樹
移動方法……ボヤーダ樹のホームポイント#1、ウォンテッドエリアへ移動(コンテンツレベル125)

ホームポイントで移動したあと、広場に出るとグゥーブー族とマンドラゴラ族が生息しています。同目的の人がいて広場にいなかったとしても、少し移動した先の広場にも生息しているので数は十分だと思います。

  • ▲ホームポイントのあるマップから別のマップへは、(F6)および(F8)から行くことができる。

【オススメその2】
エリア……ヨルシア森林
移動方法……ヨルシア森林のホームポイント#1、ウェイポイント

ヨルシア森林はほぼ全域がプラントイド類の生息域なので、数に困ることがないのがいいですね。

  • ▲複数の敵と戦うときは注意。

【オススメその3】
エリア……エスカ-ジ・タ
移動方法……クフィム島のホームポイント#1 → エスカ-ジ・タのEschan Portal #8

Eschan Portal #8の周辺にはグゥーブー族とスナップウィード族が生息しており、数も多く再出現時間も早いのでオススメの1つです。

  • ▲エスカエリアでは、モンスターを倒したあとにNMが出現することがあるので注意。
次回攻略もお楽しみに!

電撃PlayStation Vol.679はTシャツ風装束特集!

 アンバスケードに新たなTシャツ風装束・キトルルスシャツが実装されたことを受け、電撃PlayStation Vol.679(8月28日発売)に掲載される『FFXI』攻略389回では、これまでのTシャツ風装束を総まとめ!

 入手方法はもちろん、実装されているTシャツ風装束の外観もすべて紹介しています。さらに、8月31日に開催される"電撃の旅団主催『FFXI』夏祭りオフ会2019"で先行販売されるオリジナルグッズの紹介も必見です!

(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
LOGO ILLUSTRATION: (C)2002 YOSHITAKA AMANO
/イラスト 江本聖

ファイナルファンタジーXI

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応端末:Windows
  • ジャンル:MMORPG
  • 配信日:2002年5月16日
  • 価格:(※)+30日間1,274円(税込)
※『アドゥリンの魔境』Windows版(パッケージ版=オープン価格 ダウンロード版=\980/税込)、『ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール コレクション4』Windows版(パッケージ版=\5,980/税込 ダウンロード版=\5,500/税込)は、e-STORE限定販売