3DCGアニメ『RWBY』のアクションゲームが2022年に発売

電撃オンライン
公開日時

 アークシステムワークスは、“Rooster Teeth”“WayForward”の3社で合同製作中の3DCGアニメシリーズ『RWBY(ルビー)』の新作ゲームのタイトル名を『RWBY: Arrowfell』と発表しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

「Rooster Teeth」「WayForward」「アークシステムワークス」三社合同による「RWBY」ゲーム化プロジェクト『RWBY: Arrowfell』本日発表!

 世界中で人気を博す3DCGアニメ『RWBY』をゲーム化した本作は、制作会社であるRoosterTeeth社監修の下、「シャンティ」シリーズで熱いファンを獲得しているWayForward社によって開発され、アークシステムワークスから販売予定のタイトルです。

『RWBY: Arrowfell』とは?

 本作は、『RWBY』の主人公である、チームRWBYのメンバー「ルビー・ローズ」、「ワイス・シュニー」、「ブレイク・ベラドンナ」、「ヤン・シャオロン」の4人を自在に操作し、原作さながらのスタイリッシュアクションを楽しめる、アクションゲームです。

 ゲーム内のビジュアルにはダイナミックな新しい手描きアートスタイルが採用されているほか、幕間のカットシーンでは、本家RoosterTeeth社による完全オリジナルの3DCGアニメーションをお楽しみいただけます。

 ゲームを彩る原作アニメの豪華声優陣のほか、ファンから高い評価を受けているボーカル楽曲も、新曲を収録。シナリオライターであるケリー・ショウクロス(Kerry Shawcross)氏、マイルズ・ルナ(Miles Luna)氏、エディー・リヴァス(Eddy Rivas)氏による描き下ろしのストーリーでは、原作アニメに登場した敵に加え、本作オリジナルの新たな敵も登場します。

 本作は、2022年にNintendo Switch、PlayStation4、PlayStation5、Xbox One、Xbox Series S/XおよびPCにて発売予定です。ゲームで体験する、新たな『RWBY』の、続報をお待ちください。

©2017 Rooster Teeth Productions, LLC

関連する記事一覧はこちら