アニメ『ゆるキャン』監督が第2期や映画のテーマを語る

電撃オンライン
公開日時

 7月26日~28日にアメリカ・ワシントンD.C. Walter E. Washington Convention Centerで開催されたアニメイベント“OTAKON 2019”より招待を受け、TVアニメ『ゆるキャン△』の監督・京極義昭さん、大垣千明役・原紗友里さん、プロデューサー・堀田章一さんがトークイベントやサイン会などに参加しました。

 本記事では、イベントのオフィシャルレポートをお届けします。

 初日の7月26日は開会式に登壇。各作品より今回“OTAKON”に招待されたゲストが順番に出演し、『ゆるキャン△』からは京極監督、原さん、堀田プロデューサーが一言ずつ挨拶しました。

 登場しただけで大盛り上がりの会場で、原さんは「Hello, everyone!」と英語で挨拶。3人は現地に来ての感想や当日行うパネルのPRを行い降壇しました。

 その後、現地の人と触れ合うサイン会を挟み、“『ゆるキャン△』に至るまでのこれまでの歩み”をテーマに原さん個人のトークイベントおよび京極監督と堀田プロデューサーが登壇するトークイベントが行われました。

 どちらのステージも質疑応答では、質問するマイクの前にたくさんの列ができ、盛況うちに終了しました。



 そして京極監督、原さん、堀田プロデューサーの『ゆるキャン△』チーム3人が出演するパネルも初日に行われました。一言ずつ挨拶すると、堀田プロデューサーからの来場者に向けて「どのキャラクターが好き?」という質問が。

 「なでしこ」、「リン」など会場から声が上がりましたが、原さんの「ち、ち、ちあ」という先導のもと「千明」と来場者に言わせ、会場を沸かせました。

 『ゆるキャン△』の仕事を受けた時の初印象を聞かれた京極監督は「最初に原作を読んだ時に非常に完成度が高い作品だと感じ、このような完成された作品をアニメーションにするのが非常に難しいので、どうやってこの魅力的な作品を映像化しようか頭を悩ませた」と答えました。

 原さんは最初オーディションを受ける際に2キャラ選んでいいと言われ、千明となでしこを選び、テープでのオーディション後、スタジオに呼ばれた際には千明に絞られていたと告白。

 堀田プロデューサーからは、すかさず「原さんのなでしこもかわいかった」という感想が。京極監督からは「千明の声は原さん以外考えられなかった」、「千明の芝居はアフレコの時にあまり直さなかった」と称賛する場面もありました。

 続いて仕事を受けた際の意気込みを聞かれ、京極監督はやりがいのある作品でやる気がみなぎっていたという。堀田プロデューサーは「自分から皆さんにお願いした立場なので一緒に頑張っていきましょうという気持ちだった」とコメントしました。

 原さんは「原作を読んだ時に、キレイな世界観だったので、千明の明るくコミカルなキャラが世界観を壊してしまうのではないかと不安に思っていたが、やりすぎたら止めてもらえると思い、全力で演じさせていただきました」と語りました。

 作品を作り終えた後に改めてキャンプに行きたくなったかを聞かれると、京極監督は今も行きたいと思っており、忙しくあまり行けていないが、2期のロケハンのために久々に取材に行き、楽しかったと語りました。

 それに対し原さんは連れて行ってほしいと監督にお願いしていました。さらに京極監督はソロキャンプにも挑戦したことを話しました。自由に時間を使えるし、リンと同じコンロで肉を焼き、おいしかったと語りました。

 堀田プロデューサーは『ゆるキャン△』を最初にやると決まった時に、堀田プロデューサー、京極監督、アニメ制作プロデューサー、メインシナリオライターの4人で本栖湖にキャンプに行ったと告白。京極監督からはそのキャンプで夜まで雨が降っていたが、朝になると晴れており、きれいに富士山が見え感動したため、1話の富士山を描くことができたと語りました。

 続いては来場者からの質問のコーナーへ。作中にたくさんの料理が出てくるが、作画するために実際に調理されたかとの質問があり。京極監督は作品に出てきた料理は一度調理し、キャラクターデザイナーの佐々木睦美さんがすべての料理を作画修正したと説明。佐々木さんは食べることが好きなので、とてもおいしそうに描いてくれたと語りました。

 なお、京極監督の一番お気に入りの食べ物は寒い中で食べた担々餃子鍋とのことでした。

 次に、作中で音楽が重要な役割を担っているが音楽の使い方は最初から狙っていたのかという質問があり、堀田プロデューサーは「もちろんです」と答えました。

 アイリッシュなどを中心とした民族音楽はアウトドアをテーマにした作品に合うはずと考えていたと語り、音楽を担当した立山秋航さんが非常に魅力的な音楽を制作してくれたので、より狙っていた以上の効果も出たとのことでした。

 京極監督からはこの作品独自の珍しい試みとして、出てくる7カ所のキャンプ場に合わせて、7つのテーマソングを制作し、そのキャンプ場ではその音楽以外使用しないと決めていたと告白しました。

 さらに、オープニング・エンディングはどういった曲をオーダーしたのかを聞かれ、オープニングは「キャンプに行く車の中で掛けたくなるような曲」とリクエストし、エンディングは「焚火を囲みながら聞きたい落ち着いた曲」というリクエストをし、オープニングから本編、そしてエンディングまでを通して1つのキャンプ体験ができるような音楽作りをしたと堀田プロデューサーは語りました。

 続いて第2期、映画に関してどのようなテーマで作っていくか質問があり、第1期はリンとなでしこの出会いから野クルに仲間が増え、いろんな人やキャンプへの出会いをなでしこが知るという物語であったと京極監督が説明。

 これからのシーズンについては、キャンプから遠くへ移動していく旅が多く含まれていくと明言しました。さらに、リンやなでしこが新しい旅に出かけることで、自分たちの今までを振り返るような内容になると思うとも語りました。

 最後に、堀田プロデューサーは「楽しい時間でした。ありがとうございました」、原さんは「私も知らないことが多く、『ゆるキャン△』についてだいぶ知ることができました」と感想を一言ずつ話し、京極監督からは「これからも『ゆるキャン△』は続くのでぜひ楽しんでください」とファンへメッセージを送りました。

 2日目は初日同様サイン会を実施。初日のパネルを受けてさらにたくさんの人が訪れました。また、3日間を通して『ゆるキャン△』のシリーズビジュアルをチョークで描いたチョークアートが制作されました。

 『ゆるキャン△』初の海外のイベントで、ファンからの熱い思いを受け取り、ワシントンD.C.を発ちました。


(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会