『新すばせか』発売直前! 事前予習しておきたい情報をまとめてチェック

電撃オンライン
公開日時

 スクウェア・エニックスより7月27日に発売されるSwitch/PS4/PC(Epic Games Store ※PC版は2021年夏発売予定)用アクションRPG『新すばらしきこのせかい』。本記事では、事前に知っておくとより本作が楽しめる基本的な情報をまとめて紹介! 登場キャラクターのほかシステムなど、プレイ前にチェックしておくと、ゲームをスムーズに遊べるはずです。

 また現在、Nintendo SwitchとPlayStation 4で無料体験版が配信中! まだプレイしていない人は、ぜひチェックしてみてください。

ストーリー

 いつもと変わりないはずの渋谷。主人公のリンドウにとってその日の渋谷は何かが違い、何かがおかしかったのかもしれない。

 スクランブル交差点で始まったサイキックバトル。そこから逃れたはずのリンドウの前に、死神を名乗る少女が現れる。死神のゲームへようこそ、と彼女は言った。

 まさかゲームで酷い目に遭わされることはない…軽い気持ちで参加したリンドウ、そして友人フレットの2名。しかしゲームを始めた2人は、違和感を覚え始める。



 自分たちがいるこの渋谷は普通じゃない!

 戸惑う彼らに突き付けられたのは勝てなければ自分の存在が消滅する、というルール。UG(アンダーグラウンド)と呼ばれるもうひとつの渋谷で他の参加者たちと順位を争い、トップを取って生き残らねばならない。果たして彼らは元の渋谷に戻ることができるのかーー。

舞台

 物語の舞台は日本の東京にある街、渋谷。本作ならではのタッチで描かれる渋谷では、実在する建物やランドマークを見かけることも。

 独自のアートで表現された渋谷を探索しよう!



音楽

 ゲームを彩る楽曲を手掛けるのは、前作でも作曲を担当した石元丈晴氏。

 多数の新曲を書き下ろしているほか、“Twister”“Calling”といった前作『すばらしきこのせかい』のアレンジ曲も収録。



イベントシーン

 イベントシーンはコミック調の表現を採用しており、軽快なテンポでストーリーが進んでいく。キャラクター達の掛け合いにも注目だ。

キャラクター

■主人公リンドウが率いるチーム“ツイスターズ”

リンドウ CV:内田雄馬

「これ、あの時と同じ? ってことは運命が変えられる…?」

 死神のゲームの参加者。スマホで様々な情報を見るのが好きな男子高校生。周囲の空気を読んで行動する性格で、積極的に人と関わろうとはしないが拒絶することもない。わけがわからないまま突然ゲームに参加させられ、チーム『ツイスターズ』のリーダーとなる。


フレット CV:沢城千春

「やっぱりここからトップを狙うしかないでしょ」

 リンドウと同級生のお調子者で、ともに死神のゲームに参加する。人と楽しく会話することが好きで、誰とでも打ち解けられる特技を持つ。

 一方で重苦しい空気を嫌い、真面目な話し合いは無意識に避けている。適度にノリがよく、渋谷散策に付き合ってくれるリンドウとはいい友人関係。

ナギ CV:片平美那

「何が死神ゲームだ、☆-200でござる!」

 死神のゲームの参加者。渋谷在住の女子大生だが、見た目からは中学生と間違われることもある。趣味への情熱に溢れ、趣味のために生きているといっても過言ではない日々を送っていた。

 他人の心の動きを見極めるのが得意で、真意のわからない上辺だけの対応をする者には冷やか。

ミナミモト CV:藤本隆行

「ゼプトグラムども、ミッションの時間だ」

 死神のゲームの参加者。並外れたサイキック能力の持ち主で、ピンチに陥ったリンドウたちを助け、そのまま強引に仲間となる。

 あらゆる未来の可能性を独自の式で計算し、そこから導き出された数値に則って行動しているようだが、周囲の者にはまったく理解ができない。その鋭い視線は、リンドウたちとは違う場所を見ているようでもある。

■“最強チーム”であること以外は詳細不明 謎に包まれたチーム“ルーイン”

ススキチ CV:花江夏樹

「おまえらが新顔か? OK、ど素人だなぁ」

 死神のゲームの参加者。チーム“ルーイン”に属している。巨大な身体に鋭い眼光ながら、少年のように高い声を持ち、まくし立てるように喋る。彼がもっとも愛するゲーム“リバーシ”のように、その性格や考え方も白黒ハッキリしている。

ツグミ CV:尾崎由香

「負けない…行けます」

 死神のゲームの参加者。チーム“ルーイン”に属してはいるが他人との交流はほぼ皆無で、誰かと会話している様子すらない。見た目とは裏腹に高いサイキック能力を持ち、参加者同士の戦いでは負け知らず。

 常に連れているぬいぐるみは、現在渋谷で話題のブランド“ガット・ネーロ”の黒猫キャラクターに酷似しているが、なぜかそのブランドが誕生するより前から所持しているという。

■河川にロマンを感じる同好の士が結集 慎重かつ堅実に生存を図る“幽川舎”

フウヤ CV:中島ヨシキ

「こっちの水は、苦いんですよ…!!」

 死神のゲームの参加者。渋谷の暗渠(あんきょ)を求めて散策していたところ、ゲームへと参加させられた。チーム“幽川舎(ゆうせんしゃ)”のリーダーを務めるが、臆病でリーダーには不向きな性格。

 しかしその臆病さが、これまでゲームから脱落しなかった彼の強さでもある。手に持っているのは、自分で暗渠を書き込んだ市販の地図。

■駆け引きに長けたリーダー・カノンが軸 戦略で他の先をゆく“ヴァリー”

カノン CV:上坂すみれ

「優しいお姉さんじゃなくて残念って顔よ?」

 死神のゲームの参加者。チーム“ヴァリー”のリーダーを務める、優しく妖艶な女性。年下で新人のリンドウたちにゲームのルールを説いてくれるが、戦況を見て立場を変える狡猾な一面も。

 彼女自身の能力は抜きん出ているわけではないものの、これまでのゲームで生き残ってきただけの知恵を備えている。

■IT力で“死神のゲーム”を攻略 ポジティブ思考も武器の“ピュアハート”

モトイ CV:駒田航

「このスキームには、シナジー効果が期待できるからね」

 死神のゲームの参加者。チーム“ピュアハート”のリーダーを務める、ピュアでポジティブな言動が印象的な男性。優しい笑顔とビジネス用語満載ながらも詩的な言動は、周囲をやや引かせつつも楽しい空気にさせる。

 彼のチームは、その人柄に惹かれてなのか、人数が多く規模も大きい。


■“死神のゲーム”のゲームマスター

シイバ CV:濱野大輝

「ツイスターズ! このシイバにネツを届けてくれよ」

 現在の渋谷UGで、死神のトップに君臨する男。ゲームのルールを決める“ゲームマスター”も務め、参加者たちには常に熱いゲーム展開を望んでいる。

 渋谷の外のエリアから来て1年足らずで頂点まで上り詰めた実力者。他の死神に比べ彼のサイキックの力は別格で、周囲に逆らう者はいない。

■新宿死神

ショウカ CV:鬼頭明里

「やっちゃいな、もっとゲーム荒らそ」

 死神のゲームを運営する死神の一人。いつも面倒そうに監視の仕事をこなしている。現在のゲームを退屈だと感じており、予想外の出来事が起こって荒れた展開になるのを期待している様子も。そのせいか、ルールの飲み込みが悪く後れを取るような新人チームへのあたりは強い。

 彼女が着ているパーカーは、最近渋谷に出店した“ガット・ネーロ”というファッションブランドの最新作。

アヤノ CV:佐倉綾音

「また現れたか。情報と…媚びを売りに」

 死神のゲームを運営する死神の一人。いわゆる死神の幹部であり、能力も高くリーダーのシイバから信頼されている。他者に対して冷たく容赦のない言動をとるが、同じ死神のショウカにだけは態度が違い、妹のようにかわいがっている。その様子は怖いほど甘い。

クボウ CV:中野泰佑

「死ぬ気でやらないとな? 死ぬ気ったってまぁ死んでんだけど、ンハッ」

 死神のゲームを運営する死神の一人。監視業務のほか、参加者の敗北認定など細かい処理を担当している。ヒマなことも多いのか、リンドウたちの前に現れては好き勝手に話をしていく。

 他の死神や参加者たちを見下しているのが言動に表れており、彼を好ましく思わない者は多い。唯一、死神のリーダーであるシイバには愛想よく接している。

カイエ CV:千葉翔也

「占ってみるよ、もう少し。ただ、時間ちょうだい」

 死神の一人。死神のゲームのデータやシステム管理といった特殊な仕事を担う一方で、普段はスペイン坂の店で占い師として活動している。

 無表情でほとんど何も喋らない彼のコミュニケーション手段は、スマホのメッセージ機能。文字で行う会話上では非常に饒舌で気さくで明るく、面倒見がいい。

ヒシマ CV:武内駿輔

「旧バージョンで遊んでいると取り残されるぞ」

 死神の一人。しかし本人曰く“不真面目”で、死神のゲームの運営にはほとんど参加していない。理知的な雰囲気を漂わせるが、口を開くと皮肉屋で偏屈。死神の中でも浮いた存在で、何か目的や思惑があるのかすら不明の謎多き人物。

■渋谷死神

カリヤ CV:勝杏里

「おまえさんたち自身の成長がナイと、コレカラがツライゾ」

 死神の一人。昔から渋谷にいる古参の死神だが、出世に興味がなく下っ端の死神として仕事を続けている。元相棒だった死神のヤシロとは別行動をしているらしい。常に飴玉を持ち歩いており、切らしたことはない。

ヤシロ CV:新井里美

「何か裏があるのか…それは戦ってみてのお楽しみ☆」

 死神の一人。以前は出世欲の強い死神だったが、成長したのか、もしくは何かあったのか、今は落ち着いている様子。しかし強気でキレやすい性格はあまり変わっていない。元相棒だったカリヤとは、今は別行動をしているようだ。

ココ CV:高野麻里佳

「なんも知らないで、いちいちガーガー言わないでよ」

 死神の一人。原宿を中心に自由気ままに活動している女の子。死神の仕事にはほとんど興味がなく、気まぐれに渋谷の外のエリアへ出かけることも。ちゃっかり者でずる賢く、都合よく相手を騙そうとすることも多いが、一応、友達想いの面もある。

 3年前のゲーム終了後に起こったある事件で、ネクやビイトとともに行動していた。

キーアイテム

“死神のゲーム”の鍵を握る“死神バッジ”

 “死神バッジ”は、“死神のゲーム”への参加を認められた証。“参加者バッジ”とも言い換えられる。

 持つ者に“スキャン”など“死神のゲーム”をクリアするうえで不可欠な力を付与するほか、特殊なサイキック(能力)を引き出すこともある。

 このバッジを手にしたことによって、リンドウたちは自身の生死をかけた“死神のゲーム”へと巻き込まれることとなる…。

ファッション

 リンドウ達はファッションアイテムを身に着けることで、HP(体力)、ATK(攻撃力)、DEF(防御力)を強化できる。ファッションアイテムはハット・トップス・ボトムス・シューズ・アクセサリーの5ヵ所に装備可能だ。

 さらに、ファッションアイテムにはバトルに役立つアビリティが備わっている。装備キャラクターのSENSE(センス)というステータスが一定値を超えていると、アビリティが開放されて効果が発揮されるようになる。センスを磨いてファッションの真の力を引き出そう!

 装備に制限はなく、好きなキャラクターに好きなファッションアイテムを着せられる。ただし、アビリティには特定のキャラクターが装備した時のみ効果を発揮するものもある。



 ファッションアイテムにはそれぞれブランドがあり、種類は270種類以上。好みのブランドを見つけてコーディネートしよう。

フードショップ

 ファストフードやジューシーな肉料理もあれば、ヘルシーなスープに、クリームとフルーツたっぷりのパフェもある。バリエーション豊かなフードショップが並ぶのも渋谷の魅力! 食事には基本ステータスがアップする効果があり、リンドウ達の成長に欠かせない。“死神のゲーム”を生き抜くためには、しっかり食事を取ることも大切だ。

 フードアイテムは90種類以上。渋谷のグルメを制覇しよう。



 フードショップでの食事シーンでは、リンドウ達のリアクションも見どころ。好物を食べた時と、あまり好きではないものを食べた時ではテンションが違う!?

スキャン

人の心を読み取るサイキック“スキャン”

 街の中で使うことができるサイキック“スキャン”。特定のボタンを押すと“スキャン”状態になり、人々の思考の断片を読み取ったり、敵であるノイズの姿が見えるようになる。

 スキャン中にノイズシンボルに近づくと、プレイヤーを追ってくる。ノイズシンボルに接触するとバトルへと突入。一定時間内に複数のノイズシンボルに触れると連戦になる。

 “スキャン”すると、渋谷の街を歩く人々の思考の断片を読み取れるようになる。中には重要な情報が含まれていることも…? こまめにいろいろな人の心の声をチェックしてみよう。

キャラクターたちの固有サイキック

リンドウのサイキック“リスタート”

 リンドウの固有サイキックは“リスタート”。同日の過去の時間に戻ることができる能力だ。過去の時間で行動を修正し、未来を変えられるため、死神のゲームにおける強力な武器となる。

フレットのサイキック“リマインド”

 フレットの固有サイキックである“リマインド”は、街の人が忘れている記憶を思い出させるサイキック。バラバラになっている“思い出させたいモノ”の破片を動かし、絵を完成させて記憶を呼び起こそう。

ナギのサイキック“ダイブ”

 ナギの固有サイキック“ダイブ”は、他者の心に飛び込む能力。対象に憑りついているノイズをバトルで排除し、正気に戻すことができる。

最大6人のチームメンバーが入り乱れるバトル

 バトルには最大で6名のキャラクターが参加! チームメンバーはひとつずつバッジを装備でき、バッジに対応したボタンを押すことで、それぞれのサイキック(技)が発動する。

 パーティメンバーそれぞれが装備するバッジの残エネルギーを管理しながら、連携や一斉攻撃を繰り出す戦略性の高いバトルが楽しめる。

 各キャラがバトルで使うサイキックは、バッジを付け替えることによって変更可能だ。攻撃、回復、サポートなど多彩な効果を秘めているバッジは300種類以上!

シンクロコンボ・マッシュアップ

 バトルでは、仲間との連携で“シンクロ率”を高めると、敵に大ダメージを与える“マッシュアップ”が発動可能になる。シンクロ率が100%を超えると、範囲や威力などに秀でた強力なサイキック“マッシュアップ”で敵を一網打尽にできる。

 また、ゲームが進行するとシンクロ率の上限が300%に達し、マッシュアップ以上に強力な必殺技が発動可能に!

 マッシュアップには複数の種類があり、バトルで使用するサイキックの属性などに応じて発動する技が変化する。

 シンクロ率が300%の時にのみ発動する必殺技は強力無比。シューティングゲームのようにボタン連打で画面内の敵をせん滅!

商品構成

スクウェア・エニックスe-STORE早期購入特典

<『死神のゲーム』生存率アップセット>

 過酷な『死神のゲーム』を生き抜くためのアイテムが詰まったセット。回復が可能なバッジやHPアップのアビリティを持つ装備で生存率を高めよう。さらに、ゲーム中で流せるBGMに『Twister』のアレンジ曲が加わり、テンションも高まること間違いなし!

【セット内容】
◆ミューティレーション(バッジ)
効果:ボタンをホールドしている間、TEAM HP を少しずつ回復する
◆コウモクテン(ファッションアイテム)
アビリティ:HPが大きくアップする
◆Twister -NEO MIX-(CD)
効果:メニュー画面のBGMを『Twister NEO MIX』に設定できる

※本特典の配布期間は、2021年8月26日(木)23:59までとなります。
※本特典をダウンロードするためには、インターネット接続環境が必要です。
※ゲーム内で入手可能なアイテムの先行入手となります。
※画像はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※本特典は、後日無料または有料で頒布される可能性がございます。

ダウンロード版早期購入特典

 ニンテンドーeショップ、PS Storeでダウンロード版を購入すると、早期購入特典として、以下のアイテムを手に入れることができる!

<伝説のファッションアイテムセット>

 前作の主人公・ネクが着用していたファッションアイテム5点のセット。『新すばらしきこのせかい』ではゲームをかなり進めないと入手できない貴重なアイテムとなっている。ゲーム序盤の装備として有用なほか、キャラクターを育成していくと各アイテムのアビリティが開放され、終盤まで使えるように!

伝説のヘッドフォン
アビリティ:敵がアイテムを落とす確率が大きくアップする
伝説のオフタートル
アビリティ:攻撃で与えるダメージが大きくアップする
伝説のハーフパンツ
アビリティ:ダウン時間が短くなる
伝説のスニーカー
アビリティ:バトル中の移動速度がアップする
伝説のオーディオプレイヤー
アビリティ:HPが凄まじくアップする

※ニンテンドーeショップでの予約開始日程は後日お知らせいたします。

※本特典は2021年7月27日よりご利用可能となります。
※本特典は2021年8月26日23時59分のご購入まで取得可能です。
※本特典をダウンロードするためには、インターネット接続環境が必要です。
※ゲーム内で入手可能なアイテムの先行入手となります。
※画像はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※各種デジタル特典は、後日無料または有料で頒布される可能性がございます。

予約特典

 PS Storeでダウンロード版を予約するとアバターセットがついてくる!

※本特典は2021年7月27日よりご利用可能となります。
※本特典は2021年7月26日23時59分のご購入まで取得可能です。
※各種デジタル特典をダウンロードするためには、インターネット接続環境が必要です
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※各種デジタル特典は、後日無料または有料で頒布される可能性がございます。

Amazon.co.jp購入特典

 Amazon.co.jpでパッケージ版を購入すると、購入特典として【Amazon.co.jp限定】オリジナルミニポスターがついてくる!

※特典の数に限りがございます。なくなり次第、終了いたします。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。

※画面は開発中のものです。
© 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA & GEN KOBAYASHI & MIKI YAMASHITA

新すばらしきこのせかい

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PS4/Switch/PC
  • ジャンル:アクションRPG
  • 発売日:2021年7月27日(PC版:2021年夏)
  • 価格:7,480円(税込)※パッケージ版、ダウンロード版ともに

関連する記事一覧はこちら