親友だと思っていたのは俺だけか! お前だけだ! …『ラストランカー』は10年たってもやっぱオンリーワン【電撃衝動GUY】

そみん
公開日時

 どうも。半額とか3割引きとかにめっぽう弱い、電撃の衝動買い男……電撃衝動GUY(ガイ)こと、そみんです。

 さて、7月14日にカプコンのPSP作品(ダウンロード版)の一部が価格改定されました。

【価格改定タイトル】※すべて税込み価格
『モンスターハンターポータブル 2nd G』1,528円→500円
『モンスターハンターポータブル 3rd』2,037円→500円
『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』713円→500円
『アイルーでパズルー』713円→500円
『ロックマン ロックマン』713円→500円
『ロックマンDASH 鋼の冒険心』713円→500円
『ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産』713円→500円
『イレギュラーハンター X』713円→500円
『極魔界村 改』713円→500円
『戦国BASARA バトルヒーローズ』713円→500円
『戦国BASARA クロニクルヒーローズ』2,037円→500円
『ラストランカー』713円→500円
『ブレス オブ ファイア III』713円→500円
『VAMPIRE CHRONICLE The Chaos Tower』713円→500円

 ……これ全部(14本)買っても税込7,000円というところにワンコイン(税込500円)の破壊力の高さを感じますよね。税込も強いし、500円も強い。

 で、どれも思い出深いゲームばかりだけど……『ラストランカー』、うわあああああああ! 遊び直してえええええええ!!

断言するが、『ラストランカー』は500円どころじゃない満足感を味わえるRPGです

 もちろん、個人差はありますよって話なんですけどね。自分の知り合いには『ラストランカー』(2010年7月15日発売)がガチで好きな人が多いんですよね。類友ってやつですかね。

 主人公が田舎者とか雑草を食うとか、今の時代ですら斬新すぎるネタ要素もありつつ、キャラクターが個性的過ぎるというか、濃すぎて……遊んでいると、その世界観にどっぷりハマっちゃうんですよね~。

 ライバルであるファズからの「親友だと思っていたのは俺だけか!」に真顔で「お前だけだ!」と主人公のジグが返す名場面とか……10年たっても思わず「ジグっち……」と愛おしくなります。まあ、10年といいつつ、数年に一度ペースで遊び直しているんですけどね。たまに身体が無性に欲するのよ、『ラストランカー』の味を……ッ!

 なんて書くとネタゲーっぽく見えちゃいますが、コマンド選択っぽいシステムをベースにしながらもリアルタイム性が高く、アクション性が重要になるバトルは非常に楽しく、オンリーワンな気持ちよさを味わえます。

 武器によって、かなりプレイフィールが変わるのも、いとをかし。てか、籠手って強えなあと思いながら遊んでいたら、ゲーム終盤にとあるキャラが

 「ぼくはかつてこの籠手で闘技場の王者になった」
 「でも不思議だよね 武器を変えてみたら全く勝てなくなったんだ」
 「武器だけじゃない 戦術を変えれば強さなんて簡単に変わる」
 「だからぼくはいろんな武器や戦術を試してるんだ」

 とか言い始めて、「おお……僕の考えは、このゲームの開発者のてのひらの上で踊らされていただけだったのか……!」と敗北感と感動を覚えたものです。

 あと、戦士の強さ、すなわちランキングがすべて=“強さこそ正義”な戦侯機構バザルタという世界設定がもう、サイコーに素敵。自分よりランキングが上の強敵を倒してランキングの数字が上がっていく気持ちよさは……たまらんですよ。

 ランクアップ……ああ、なんと甘美な響きよ! レベルアップとはまた違う快感と達成感が、そこにあります。効果音の演出がまたいいんですわ~。

 で、当然のようにそんな世界でトップに位置する“七騎士”なんて存在もいたりしてね。もう、クセモノしかいないのでワクワクが止まらんわけですわ。残念な女とかいませんしね。

 万人受けはしないかもしれません。でも、確実に着実に、『ラストランカー』でしか味わえないオンリーワンな“味”があります。いや、別に上雑草の味の話をしているわけではありませんが、良薬は口に苦しというのもちょっと違うし……でも、“蓼食う虫も好き好き”というほどマニアックな味ではないと思うんですよね。

 ハードルを下げるわけではありませんが、500円で気軽に遊び始めてみると、なんかついついクリアするまで遊んじゃって、「あれ? この味、嫌いじゃないな。むしろ好きかも」となっちゃいがちな不思議な良作だと思います。

ラストランカー』とは?:「強さこそ正義」最強をめざすRPG(公式サイトより)

 カプコンがPSP向けに放つRPG「ラストランカー」。

 本作のテーマは「最強を目指すRPG」! 「強さこそ正義」とも言える独特の世界観の中で繰り広げられる主人公・ジグの成長物語が描かれ、豪華声優陣によるキャラクターボイスと、人気ロックバンドグループUVERworldによるテーマソングが作品を盛り上げる。

 最強のスタッフが送る最強を目指すRPG、ここに誕生!


そみん:どんなゲームでも美味しくいただく雑食ゲーマー。世話焼きトレンスみたいなキャラを目指してますが、実際は最弱ランカー ポッド止まりな気がしてます。


※画像は公式サイトのものです。
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

関連する記事一覧はこちら