『モナーク/Monark』体験版レビュー。クセの強いキャラと戦略性のあるバトル。これは特定のファンに刺さる

カワチ
公開日時

 フリューから、10月14日発売予定のPS5/PS4/Nintendo Switch用ソフト『モナーク/Monark』について、限定オンライン体験イベントに参加することができたので、そのレポートをお届けます。

フリューの新作RPG。その尖った魅力は?

 『モナーク/Monark』は精神を狂わせる謎の霧に包まれ、不思議な力場で外界から遮断されてしまった“新御門学園(しんみかどがくえん)”が舞台。主人公が4人の“バディ(仲間)”とともに学園の異変を解決するため理不尽に抗い、悪魔のちからで戦うフリューの完全新作RPGです。


 新御門学園で出会った4人から一緒に戦うバディを選択することになり、選んだバディによってストーリーが異なるのが特徴です。なお、体験版はプロローグと第一部“日向望編”クリアまでが体験可能でした。

  • ▲最初のボスを倒すところまでプレイできました。

序盤から引き込まれる世界観やキャラクター

 プレイ時間は2~3時間でしたが、主人公をサポートしてくれる仲間たちとの出会いや敵側の能力者との接触など、序盤から引き込まれるストーリーでした。


 とくに、敵である一橋鞍馬はプレイするまでどういったキャラクターか分からなかったのですが、本作のテーマである“エゴ”がリアルで好きになりました!

 「歪んでいる人が能力を手に入れたら、こういうふうになっちゃうのか」というのを体現したキャラクターで、三木眞一郎さんのボイスも完璧。最初に登場するボスとして100億点のキャラクターです(笑)。

 仲間キャラクターも公式サイトのイラストや文字情報だけでは分からなかった魅力が満載。記憶喪失の主人公に妹を名乗った愛川千代ちゃんは可愛くて癒やし系だし、保険医の長谷川カケル先生は普段は頼りがないのに決めるときには決めるので格好いいです。


 これらのキャラクターはとても魅力的で、ついつい拠点や保健室に会いに行きたくなってしまいます(笑)。実際、拠点に行くと千代ちゃんの即興の歌がボイス付きで聞こえてきたりして、癒やされるんですよね~。

  • ▲マスコットキャラのバニタスもかわいいです。

 バディとなる日向望ちゃんは生徒会長で真面目な性格ですが、ストーリーを進めるとじつは怖がりなことなども判明しして、そのギャップにもトキメキます。ストーリーを進めれば、ほかのキャラクターも意外な一面を見せてくれることもありそうでワクワクします。

 ストーリーも完全に正義と悪との戦いではなく、お互いのエゴをぶつけ合うというもので緊迫感があります。また、望ちゃん自身も過去に大きな秘密を抱えているようで、そこがどのように明かされていくのかも気になるポイントですね。




戦略性の高いターン制バトル!

 バトルはターン制で、スキルである“権能”を駆使して戦うことになります。

“AWAKE”と“MAD”という数字があるのが特徴。被ダメージや“決意”を使うことで“AWAKE”が上昇。このAWAKEが100%になると覚醒状態となり、3ターンの間、ステータスが上昇します。またリスクなく“技能”や“権能”が使えるようになります。

 さらに“共感”というコマンドを使うことで、共感させたキャラクターもいっしょに覚醒させることが可能です。

 また、スキルである“権能”を使うとMADが上昇。MADが100%になると発狂状態になり、操作不能に。DEFが減少する変わりにそれ以外のステータスが上昇します。

 さらに、3ターン後に発狂崩壊を起こして周囲のキャラクターにダメージを与えつつ、戦闘不能になります。体験版ではゲームオーバーの条件が主人公の戦闘不能だったので、MAD値が上がりすぎないように気をつけたほうが良さそうですね。

 “共感”などで“覚醒”と“発狂”を合わせると“発狂覚醒状態”に。3ターンのあいだ、ステータス全体が大きく上昇するほか、技能、権能をコストなく発動可能。さらに“発狂覚醒技”も使用可能になります。

 そのため、基本的にはデメリットである“発狂”も戦闘では重要。“発狂”したキャラクターに“覚醒”したキャラクターが“共感”をすれば一気に攻めることができます。

 なお、“覚醒”を使う敵もいますし、敵と共感するスキルもあるので、バトルは奥深いです。

 キャラクターの育成はスキルツリーでおこないます。スキルツリーを伸ばして“技能”や“権能”を獲得すれば自動でレベルが上がります。

 スキルツリーを伸ばすために必要な“SPIRIT”はバトルクリア後などに入手できますが、全キャラクター共通になります。“SPIRIT”は回復アイテムなどを購入する通貨にもなっているので、どのように育成していくかはプレイヤーの好みによって変わってきそうです。

 また、仲間になる“眷属”はスキルツリーだけでなく“眷属器”を付け替えることで容姿やステータスが変わるので、キャラクターの育成とは違った楽しみがあります。

 この“眷属”は最初の1体はエゴ診断の結果によって仲間になる種類が決まりますが、ゲームを進めてエゴを高めると次々と新しいものが仲間になるとのこと。さらにやり込めそうなので、早く製品版をプレイしてみたくなりました!

 なお、エゴ診断は公式サイトからプレイできるので、みなさんも自分のエゴは何が強いのか、最初に仲間になる眷属が何になりそうなのか、試しにやってみながら発売を待つのも面白いかもしれません。ちなみに自分は色欲でした。こんなに硬派な男なのに何故(笑)。


カワチ:RPGとビジュアルノベルが好きなゲーマーで、誰にも気付かれないようなマニアックな小ネタを記事に織り込むのが好き。深みのあるゲームが好きかと思えば、本当は肌色が多ければなんでもいいビンビン♂ライター。

(C) FURYU Corporation. / Developed by LANCARSE Ltd.

モナーク/Monark

  • メーカー: フリュー
  • 対応機種: PS5/PS4/Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日:2021年10月14日
  • 価格:通常版8,470円(税込)、数量限定画集付BOX10,890円(税込)、デジタルアートブック付版10,890円(税込)

関連する記事一覧はこちら