「もう、最大だって!もう、無理だって!」など『水曜どうでしょう』藤村&嬉野Dボヤき声付きネックスピーカー

電撃オンライン
公開日時

 シャープから、ウェアラブルネックスピーカー『AQUOSサウンドパートナー(AN-SS2)』と人気バラエティ番組『水曜どうでしょう』のコラボレーションモデルが発売されます。

  • ▲左:本体、右:Bluetooth送信機(※1)(同梱)

 北海道テレビが運営する“HTBオンラインショップ”で、8月18日に発売予定です。(予約は7月21日から)

AQUOSサウンドパートナー『水曜どうでしょう』コラボレーションモデルを商品化


 『AQUOSサウンドパートナー』は、首に掛けて装着し、周囲の音を遮ることなくワイヤレスでテレビの音声やスマートフォンの音楽を耳元で聴くことができるオーディオ機器です。

 マイクを搭載しているので、スマートフォンやパソコンとつないで、ハンズフリー通話やビデオ会議にも活用いただけます。

 今回、コラボレーションモデルを商品化する『水曜どうでしょう』は、1996年に放映が開始された北海道テレビ放送が制作する人気バラエティ番組で、放送開始から四半世紀が経った現在もDVDやグッズが販売されています。

 サウンドパートナーは、電源を入れた時など、操作に合わせて音声案内(音声ガイダンス)を行います。

 本機には、番組の人気ディレクター 藤村忠寿さん、嬉野雅道さんに新たに録音いただいた音声ガイダンスを収録しています。

 使用中にバッテリー残量が低下すると「おっ、早くお前充電しろって、充電しろっつってんだよ」、音量設定が最大になると「もう、最大だって!もう、無理だって!」など、音声でお知らせ。

 ディレクター陣の肉声による音声ガイダンスを楽しみながら、お使いいただけます。

■音声ガイダンス例
・ささっ! 電源が入りましたよ
・さささささっ、ペアリングの接続、キュー!
・クリアボイスをオンとする!
・なんだよ、だめかよ、俺の声じゃだめなのかよ

 など全26種(※2)の音声ガイダンスを採用

また、本体や付属のBluetooth送信機に加え、商品パッケージにも「水曜どうでしょう」のロゴを使用したオリジナルデザインとしており、限定のポストカードも本体に同封しています。

※1:テレビのUSB端子とヘッドホン端子に接続することで、テレビの音声をAQUOSサウンドパートナーで再生可能とする機器です。
※2:連携するスマートフォンの機種により、電話の着信音に関する音声ガイダンスが鳴らない場合があります。

水曜どうでしょう 藤村忠寿ディレクターからのコメント

 どうでしょう藩士にしか売ってはいけない商品ですね。だってこいつは口調が横柄ですから。こんな家電はありません。

 ただ、藩士の皆さまなら身悶えるような快感を得られることでしょう。だって、大泉さんやミスターさんがいつも聞いているディレクションの声があなたの耳元で聞こえるんだから。

 つまりはこれを装着すればあなたもどうでしょう軍団の一員ということです。

水曜どうでしょう 嬉野雅道ディレクターからのコメント

 心地よい声で誘導しようとする音声ガイダンスに日頃から疑問を持たれているあなた。おられましたらすぐにお求めください。

 この機器の音声ガイダンスは当節はやりのイケボではございません。言葉使いも良くありません。実に聞くに耐えない。

 失敗したときは多少音声ガイダンスの声が裏返ります。小さいお子さまに聴かせてはなりません。あなただけの愛蔵物として、どうぞ家族にも知人にも秘匿されますようオススメします。さぁ買いましょう。

『水曜どうでしょう』とは

 1996年に北海道テレビ放送が放送を開始した深夜ローカル番組。北海道のミスターこと鈴井貴之さんと大泉洋さん、さらにディレクター2人という少人数でひたすら旅をするバラエティ番組です。

 家庭でも使われるデジカムでの撮影方法に加えて、ディレクターがわずか2人という最小スタッフにして機動力抜群の展開、すぐに「カチッ」とくる出演者とディレクターの絶妙なやりとりが支持されています。

 2002年9月の『水曜どうでしょう ラスト・ラン 1時間スペシャル』をもって一旦レギュラー放送を休止するも、1~2年毎に1回というゆるいペースで、“新作”のスペシャル番組を放送しています。

■商品名:
AQUOSサウンドパートナー <AN-SS2-SD>『水曜どうでしょう』コラボレーションモデル

■発売予定日:8月18日
※7月21日より予約受付開始

 AQUOSサウンドパートナーに関する情報は、こちらでもご覧いただけます。

関連する記事一覧はこちら