新たにビジュアル化されたワールドマップを旅する『リゼロ』の新作ゲームが登場【WebNewtype】

電撃オンライン
公開日時

こちらの記事はWebNewtypeで7月21日に掲載された記事の転載になります。

 原作者・長月達平先生原案・監修の下、リゼロの舞台となる大陸をワールドマップとしてビジュアル化! そんなリゼロの世界を旅していくオリジナルストーリーをはじめ、原作イラストレーター・大塚真一郎先生デザインのオリジナルキャラクター、ゲームならではのエミリアやラムたちの描き下ろしショット! 魅力的要素が満載の新作ゲーム『Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊』が、7月14日(水)、DMM GAMESにてサービス(PCブラウザ/SPブラウザ/Andoroid(DMM GAMESストア))を開始した。

  • ▲『Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊』のゲームがサービス開始に!

 本作オリジナルキャラクターの声優を担当する上坂すみれさん、夏川椎菜さんがMCの公式番組『Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊と謎の番組』もYouTubeにて配信され、ゲームの開始を心待ちにしていたファンも多いことだろう。

 いったいどんなストーリーで始まり、どんな出来事が体験できるのか。番組中で明かされた情報とともに、ここでゲームの注目ポイントをチェックしていこう!

原作とは異なる世界線で起こる新たな異世界生活

 まずは誰もが気になるストーリーから。本作は主人公ナツキ・スバルの視点で描く「メインストーリー」、エミリア、ラム、レムといったスバル以外のキャラクターが主軸となる「キャラクターストーリー」の2つで構成されたオリジナルストーリー。しかも、原作とは異なる世界線での物語となっており、どんな展開が待っているのか期待が膨らむ。ここでそのメインストーリー冒頭をすこ~しだけ紹介すると……。

  • ▲メインストーリーは完全オリジナルで展開される

 「物語の始まりはアーラム村で起こった魔獣騒動の一件。ベアトリスの協力でスバルに呪いをかけた呪術師が、アーラム村で子犬に化けていた魔獣だと見破った後のこと。一人で魔獣を倒しに向かったレムを追い、スバルとラムはアーラム村近くの森へと乗り込んでいく。

 森の奥で異形へと変貌した魔獣ウルガルムに追い詰められたとき、偶然禁書庫から持ち出していた禁書から謎の精霊が現れ、窮地を救われるスバル。

 現れた精霊の名はフェネ。しかし何が起こったのか、スバルを救った際に禁書の中身がちぎれ飛んでしまっていた。バラバラになってしまった禁書のページを回収するため、スバルたちは捜索に出るのだが……」

 これは原作とは異なる、新たなスバルの異世界生活だ。

  • ▲ティグラシー大河

  • ▲鉱山都市ガナクス・市街地

 展開が変われば出会いも変わる。禁書から現れた精霊のフェネ、そして、冒険家を名乗るコリーナという少女。彼女たちをはじめとする新しい出会いで未知のドラマが生まれていく。ちなみに、このオリジナルキャラクターのキャストは前述した公式番組MCの2人。上坂すみれさんがフェネ、夏川椎菜さんがコリーナを演じている。どんな雰囲気かは番組をぜひチェックしてほしい。

  • ▲キャラクターストーリーではそのキャラクターがメインのお話を楽しめる

 さて、メインストーリーはこのような導入から禁書を巡る物語が描かれていき、一方のキャラクターストーリーでは、キャラクターそれぞれを主軸としたドラマが展開。禁書回収の旅路で起こるさまざまな出来事、日常の模様が描かれる。 お気に入りキャラのさまざまな一面が楽しめるのはもちろんのこと、完全オリジナルストーリーということで、本作ならではの新しいシーンにも期待がかかるところだ。加えてそれらは大塚先生監修の美麗イラストで映されるため、キャラクターファンにとっては特に必見のビジュアルシーンとなっている。

原作でも描かれていない未踏の地へ

 大陸中に散り散りになってしまった禁書のページ。どうやら相当危険なシロモノだったようで、各地で発生しはじめた災いはこれが影響しているらしい。ページの回収を急ぐスバルたち。その先々では原作でも訪れていない土地に足を踏み入れることもあるという。

  • ▲本作初公開のワールドマップ

 この禁書ページ回収の旅を描くため、本作では『リゼロ』舞台の大陸をワールドマップとしてビジュアル化。初めて見る街、そこで始まる新たな出会いと物語は、『リゼロ』を知り尽くしたファンにとっても新鮮な刺激を与えてくれることだろう。どこで何が起こるかはゲームを体験してのお楽しみだが、例えば公式番組では王選候補者の1人、アナスタシアのキャラクターシナリオが公開されており、そこでスバルに振る舞われる隣国カララギの郷土料理は、スバルのよく知る日本の海鮮料理にも似た見た目をしている。こうした『リゼロ』世界の一端に触れられるのも本作の魅力の1つだ。

没入度満点のRPG、ストーリーパート以外も要素満載

 原作ファンにもアニメファンにも魅力的な本作。作品世界に没入しやすいRPGで、ストーリーパートのほか、毎日さまざまなことにチャレンジして遊べるようになっている。ここからは場面カットとともに、ゲームの大まかなシステムを見ていこう。

冒険の全体サイクル

 まずは冒険における全体のサイクル。本作は現在、ブラウザゲームやアプリゲームで主流となっているガチャでキャラクターを獲得していくタイプのもの。仲間にしたキャラクターは冒険中に発生するクエスト、イベントで育て、そこで手に入れた素材などでも強化が可能だ。キャラクターはクエストなどでも手に入ることがある。

新感覚戦略型オートバトルの紹介

 冒険では魔獣や異形と呼ばれるものが敵として立ちはだかる。パーティーを組んで挑むが、バトルは基本、リアルタイムでのオート進行。スキルや技をガンガン使用する「最初から全力」や、温存して戦う「強スキルをボスに残す」など、いくつかの戦略指示が出せ、SPゲージが溜まればさらに強力な必殺技が発動可能に。アニメで見た技の数々をカットインとともに繰りだしていく。

  • ▲バトルは自動進行によるオートバトルなので手軽に遊べる

ユニットカードとシーンカード

 キャラクターは「ユニットカード」としてカード化されており、レアリティによってベースの強さが変化。キャラ衣装はさまざまで、本作独自の衣装で描かれるものも。高レアリティのカードは覚醒することでさらにイラストが変化する。

  • ▲★5ベアトリス

 ユニットとは別に手に入るのが、シチュエーションをカード化した「シーンカード」。これを装備することで、ユニットカードの能力をパラメータやスキル効果で向上させることができる。高レアリティの一部カードではアニメの名シーンが描かれているので、コレクションする楽しみにもなっている。

  • ▲★5アナスタシア

キャラバンで各地へ遠征

 ユニットカードが揃ってきたら、冒険パーティーとは別にキャラバン隊を編成。各地に遠征させることで、アイテムやお金を獲得して帰って来てくれる。このキャラバンで遠征できる場所はメインストーリーと連動しており、物語を進めるほどに遠征先も増えていくのだ。

アリーナで腕試し! ランキング上位を目指せ

 キャラクターが強くなったら腕試しがしたくなるもの。アリーナでは編成した自慢のパーティーで他プレイヤーとのパーティーと戦うことが可能だ。もちろん戦いを挑まれることもあり、その場合は事前にアリーナ登録していた防衛パーティーが自動で応戦する。ランキングに応じて報酬がもらえるので、積極的にチャレンジしていこう。

  • ▲他のプレイヤーとランキングを競うアリーナ型コンテンツ

どこまで潜れる? 踏破型ダンジョンに挑戦

 毎日、規定回数挑めるダンジョンへの挑戦。踏破型の仕組みになっており、クリアするごとにユニットの強化素材が手に入る。ストーリー、ダンジョンで相互にキャラクターを育てつつアリーナへ挑戦! というように、循環して遊べるゲームになっている。

  • ▲ダンジョンクエストで必殺技の強化素材などが手に入る

オリジナルキャラクターのデザインは大塚真一郎先生描き下ろし

  • ▲本作オリジナルキャラクターのコリーナ

  • ▲本作オリジナルキャラクターのフェネ

 スバルをはじめとするアニメでもお馴染みのメインキャラクターたちはもれなく登場。本作オリジナルキャラクターのフェネとコリーナは大塚先生が新たにデザインを描き起こし、スバル、エミリアたちと共にリゼロの新たな魅力を見せてくれる。

ナツキ・スバル CV:小林裕介

【悠久不滅の主人公】

 不登校の高校生だったが、突然異世界に召喚された。物怖じしない性格だが、軽薄で空気を読めないこともしばしば。彼に与えられたのは、死ぬと特定の地点へ時間を巻き戻す『死に戻り』の力だけ。何度死んでも諦めず、絶望的な難局を突破し、明日に皆の命をつないでいく不屈の少年。『死に戻り』のことを誰かに打ち明けようとすると、謎の黒い腕に心臓を握られ、絶対的な苦痛に襲われる。そのため『死に戻り』のことは他の誰にも共有できない。窮地を救ってくれたエミリアに惚れ、彼女の力になろうと誓う。

エミリア CV:高橋李依

【銀鈴の声を持つ究極至宝の美少女】

 銀髪に紫紺の瞳のハーフエルフ。困った人を放っておけない優しさと強さを持ち合わせている。世界を滅ぼしかけた『嫉妬の魔女』とそっくりな容姿のため、人々から恐れられてきた。大精霊パックと契約を結ぶ精霊術師。微精霊たちとも契約を交わし、氷系の魔法を得意とする。外見年齢はスバルと同年代だが精神年齢はやや幼め。ルグニカ王国の次期国王を決める王選候補者のひとり。

フェネ CV:上坂すみれ

【禁書の精霊】

 禁書絵本を封印していた精霊として、スバルを助け、禁書絵本のページ回収に導く賢者。性格は丁寧な言葉を使いながらもスバルを罵倒するなど、少しばかりねじ曲がっているようにみえる。スバルの記憶にアクセスできるのか、なぜかスバルの元の世界の情報も持っている。

コリーナ CV:夏川椎菜

【自称・冒険家】

 冒険家と名乗る謎の少女。明るく天真爛漫な性格で、すぐに誰とでも打ち解けてなじんでしまうという特技を持つ。くだけた丁寧口調で話すがところどころ選ぶ単語や表現に癖があり、笑顔でぐさりとくるようなことも言うが本人に悪気があるわけではない。いつの間にかどこからか現れ、その場を引っかき回してどこかへ消えてしまう神出鬼没さを持ち合わせている。

ラム CV:村川梨衣

【傲岸不遜な毒舌メイド】

 ロズワール邸のメイドにして双子の妹・レムと同じ鬼族の生き残り。常に冷戦沈着、頭脳明晰。口は悪いが根は優しい。レムを深く愛し、ロズワールを敬愛している。かつては鬼族の中でも超越的な力を持ち神童と称されたが、ある事件で角を折られて力を失う。そのため自力でマナを満足に供給できず、ロズワールの力に頼っている。メイドの技能も妹には劣るものの、お茶とふかし芋は大の得意。

レム CV:水瀬いのり

【鬼がかったメイド】

 ロズワール邸のメイド長として家事を万能にこなす鬼族の少女。親しい者には温厚で献身的な性格だが、敵対者には容赦しない一面も。水魔法を得意とする他、鬼族としての強靭な体力を活かし、モーニングスターを自在に操る。鬼化するとさらに強大な力を発揮できる。双子の姉・ラムを敬愛し、全幅の信頼を置く。スバルを自分を救ってくれた英雄として敬愛している。

ベアトリス CV:新井里美

【強烈可憐な禁書庫の司書】

 ロズワール邸の禁書庫の司書を務める幼女。人形のように愛らしい容姿だが、態度は高慢。陰魔法の使い手。『扉渡り』という魔法を使い、屋敷中の扉と禁書庫をつなげることができる。そのため、ベアトリスの許可無しに禁書庫に辿り着くのは難しい……はずなのだが、スバルだけは一発で当ててずかずか入ってくる。自分のことは『ベティー』と呼ぶ。またパックを『にーちゃ』と呼び慕っている。

ロズワール・L・メイザース CV:子安武人

【奇抜奇矯なる辺境伯】

 ルグニカ王国の筆頭宮廷魔導士であり、メイザース領を治める辺境伯。顔に道化の化粧を施し、奇妙な間延びした喋り方をする変人として知られる。地水火風に加えて陰陽の六属性全てに適性を持つルグニカ最強の魔法使いでもある。王選に臨むエミリアの後見人であり、彼女を次代の王に据えるべく支援・暗躍している。レム・ラムは彼の手駒であり、ベアトリスとも何やら秘密がある模様。

フェルト CV:赤﨑千夏

【貧民街の元気娘】

 ロム爺に拾われ、貧民街で育てられた強かな浮浪児。身軽さとすばしっこさを活かし、最近までスリや盗みを生業としていた。情に厚くサバサバとした性格で、嫌なことは断固拒否。一度決めたことは頑として曲げない芯の強さを持つ。エミリアの徽章を盗んだ際に王選候補者の資格があると発覚。また金色の髪色に紅色の瞳はルグニカ王家の血筋の特徴だが……その真偽はいまだ不明。

プリシラ CV:田村ゆかり

【唯我独尊の最強美姫】

 輝くばかりの美貌と肢体の持ち主。振る舞いは大胆で傲慢、己が興に乗るかどうかが物事の判断基準。世界は自分の都合の良いようにできていると公言するほどの豪運の持ち主。バーリエル領を任されてからの行政は領民から高く評価され、敬われている。王選候補者の一人であり、『血染めの花嫁』の異名を有する。隻腕の騎士・アルを従えている。

クルシュ CV:井口裕香

【美しき男装の麗人】

 王選の最有力候補と称される、カルステン公爵家の若き当主。『戦乙女』と呼ばれ、戦闘および指揮に高い能力を持つ麗しい女性である。『風見の加護』を持つ彼女の瞳は、風の流れから人の雰囲気を読み取り嘘をも見抜く。風のマナを用いた『百人一太刀』は、斬撃を遠距離広範囲に放つことができる超強力な技。凛とした性格で質実剛健、酒豪でもある。己の一の騎士であるフェリスには、絶大な信頼を置いている。

アナスタシア CV:植田佳奈

【欲深な天才商人】

 見た目は小柄なカララギ弁を喋る美人さん。いつも白い襟まきを巻いている。当たりはおっとりはんなりだが、守銭奴を自称するほど欲深く欲しいものは何でも手に入れたい性分。商売の才と優れた洞察力を駆使し、一代で財を成した隣国カララギの大商人。ルグニカ王国をも手中に収めるべく、王選へと参加する王選候補者でもある。騎士ユリウスを連れる他、私兵として『鉄の牙』という傭兵団も保有している。

公式番組『Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊と謎の番組』

 公式番組『Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊と謎の番組』は、YouTubeのKADOKAWAanimeチャンネルで配信中。MCの上坂すみれさん、夏川椎菜さんが毎回ゲストを迎えながら、ゲームの最新情報を発信してくれている。

 現在第7回まで配信中で、アーカイブ視聴も可能。番組中には豪華視聴者プレゼントも用意されているのでお見逃しなく!

 さらに、いまゲームを開始すると「魔晶石9000個(ガチャ30連分)」と「大塚先生原画描き下ろし限定★5エミリア」がプレゼントされるので、お見逃しなく!
※配布終了日は公式サイトをご確認ください。

  • ▲★5エミリア限定カード

  • ▲★5エミリア限定カード(覚醒後)

※イラストは制作中のものです。
※画面は開発中のものです。
(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会 (C)2021 EXNOA LLC

関連する記事一覧はこちら