『DQウォーク』ふくびき、10連より単発のほうが出やすいって本当?【電撃DQW日記#1000】

レトロ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 祝・1,000回! 気が付いたらあっという間に“電撃DQW日記”が1,000回目を迎えていました。ちょっぴり驚きのレトロです。ちなみに、僕がこの日記に参加したのは396回目。シルバートレイの有用性を解説した記事でした。

 今後も最新情報はもちろん、攻略寄りの記事からお土産集めの旅など、さまざまな『ドラクエウォーク』の記事を掲載していきますので、引き続き電撃オンラインをよろしくお願いします。

 なお、1,000回を記念した特別企画も準備中なので、そちらもご期待ください!

 今日はふくびきでひとネタ。ふくびきを引く際、僕は10連で引く派なのですが、社内には単発派の人もいたりします。単発派の人いわく「10連よりも単発のほうが★5が出やすい」とのこと。

 それならやってみようじゃないか! ということで、なんとかたまった10,000マイレージを投入し、単発×10回で“あぶない水着'21装備ふくびき”に挑戦してみました。そもそもふくびき補助券でのふくびきで入手するのは難しい気もしつつ……。

“あぶない水着'21装備ふくびき”単発×10回チャレンジ

1連目

 とくになんの演出もなく、はがねのよろい下をゲット。いきなり出るなんて思ってなかったので、心は平穏。

2連目

 お、2回目でいきなりオーロラ発生!?

 虹に進化!

 や、やしゃのこん! 2回目で★5をゲットできてしまい、単発派の気持ちが少しわかったかも。とはいえ、ピックアップそうびではないのですが。

3連目

 ノー演出で戦士のレガース。

4連目

 流れ星演出は発生するもはがねのムチ。

5連目

 同様にくない。

6連目

 演出はとくになく、ぎんのこしだれ。

7連目

 またまたオーロラがきたよー!

 銀箱のままえんぶのこん……。演出とは。

8連目

 はがねのやり。シンプルで地味にいいデザインです。

9連目

 ローズウィップ! 演出は流れ星。

10連目

 ラストはバンデッドチェイン。よくよく考えると、2個目のやしゃのこん以外、銀箱しかなかったなぁ。

結果

虹箱×1
金箱×0
銀箱×9

 やしゃのこんが出たからいいようなものの、銀箱の連続に虚無感が襲ってきました。ただ、10連との最大の違いは1連ごとにドキドキできること。時間こそかかりますが、ドキドキを長く楽しみたい人にはオススメの引き方、かもしれません。

 10連以外はやったことないです! という方は、一度単発でのふくびきを試してみてはいかがでしょうか?

おまけ

 最後に1回だけふくびき補助券で単発を引いてみました。

 まあ、こんなものですよね(笑)。






※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら