キャラガチャなしで、バトルも熱い! 『ブレイブリーデフォルト ブリリアントライツ』のシステムをレビュー

スズタク
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用RPG『ブレイブリーデフォルト ブリリアントライツ』。そのクローズドβテスト(Android端末向けに7月21日15:00~7月28日15:00の期間で実施)のレビューを、ライターのスズタクがお届けします。

 世界観や登場キャラクターに焦点を当てたレビューに続き、本記事ではバトルシステムを掘り下げるレビューを掲載します。シリーズファンにとってはシステムも気になるポイントだと思うので、ぜひチェックしてください!

※記事の内容は2021年7月21日より実施されたクローズドβテストによるもので、正式版とは異なる場合があります。

バトルの基本はおなじみの“ブレイブ&デフォルト”

 本作のバトルは、ターン制のコマンド選択式で進行。『ブレイブリーデフォルト』シリーズ特有の“ブレイブ&デフォルト”システムも引き継いでおり、戦術性の高いバトルが楽しめます。

  • ▲各キャラに用意された3つのコマンドを選びながらバトル。3つ目のコマンドを使うと、キャラごとの特別なカットインも!

 知らない人のためにカンタンに説明すると、“ブレイブ&デフォルト”とは1ターン内での行動回数を任意で増やせるシステムです。

 防御コマンドに当たる“デフォルト”を使用するとBP(ブレイブポイント)がたまり、このBPを“ブレイブ”で消費することで最大4回の連続行動ができます。

 おもしろいのが、BPはたまっていなくても前借りできるという点。ただし、その場合BPの値はマイナスになり、数値が0に回復するまではターンが回ってきても行動できなくなってしまいます。

 使い方次第でハイリターンもハイリスクも生む、じつにユニークなシステムです。

 “ブレイブ&デフォルト”の存在もあり、本作のバトルは家庭用のシリーズ作とほぼ変わらない感覚で遊べます。

 グラフィックの質も考慮すると、全体的な雰囲気は『ブレイブリーデフォルトII』に近く、『ブレイブリーデフォルトII』にハマっていた人ならまず間違いなく満喫できるかと。

 キャラクターの頭身が高めとなっていますが、だからこそ必殺技を使った時の演出がかっこよく映えるものとなっている印象を受けます。

 デフォルトでどこまでBPをため、どのタイミングでブレイブを使うか……と戦略をあれこれ考えるのは相変わらず楽しく、『ブレイブリーデフォルト』シリーズならではのバトルの奥深さを味わえます。

 また、本作ではバトルが複数のWaveに分かれている場合があるので、過去作以上にBP管理がカギとなりそうです。

4つのキャラタイプと隊列を意識して編成!

 登場するキャラは“防御”、“近距離”、“遠距離”、“支援”の4つのタイプに分類されており、それぞれバトルで得意とする役割が異なっています。

 各タイプの特徴と、クローズドβテストで確認できたキャラのタイプは以下のとおり。

防御タイプ:サンドラ、セス、イデア、リズ、ハインケル

 高いHPと防御力でパーティの盾となるタイプ。味方をかばう、敵の攻撃にカウンターをするといった特殊な行動がとれるキャラもいます。

近距離タイプ:スティール、アデル、ティズ、ジャン、ナジット

 優れた攻撃力と速度で、素早く敵をせん滅するアタッカー。パーティの攻めの要となるタイプです。

遠距離タイプ:ルーファス、エルヴィス、リングアベル、ヴィクトリア、ニハル

 近距離タイプに次ぐ攻撃力を持ったサブアタッカー。後衛から援護射撃をしてパーティを支えるイメージです。

支援タイプ:クレア、グローリア、アニエス、ニコライ、セレネ

 味方のHPやMPを回復、バフを付与などサポートに特化したタイプ。編成すれば味方の生存率をグッと高めてくれます。

 本作にはさらに前衛と後衛の概念があり、例えば4つのキャラタイプを1つずつ編成したパーティだと、防御と近距離のキャラは前衛、遠距離と支援のキャラは後衛になります。前衛が生き残っている場合、後衛の被ダメージが減るという隊列補正も発生します。

 隊列は敵側にもあり、基本的に前衛の敵を全滅させないと後衛の敵に攻撃できません。味方の前衛を生存させつつ敵の前衛は早めに撃破、というのが理想的な流れなのですが、そう毎回うまくいくとは限らず……。ザコ戦でも油断してると全滅の可能性があり、常に緊張感のあるバトルが待っています。

  • ▲手前にいる敵が前衛で、奥にいる敵が後衛。奥の敵を攻撃するには、まず前衛を全員戦闘不能にしなければいけません。

 初期の4人以外はガチャではなく、アイテムと交換で仲間にできます。いわゆるキャラガチャが存在しないので、お気に入りのキャラクターを任意で選べるのはありがたいところ。

 ただ、ガチャが存在しないわけでなく、装備品についてはガチャが存在します。一部の武器にはキャラクター専用の技が用意されています。となると、お気に入りのキャラを仲間にしたのに、その専用技付き装備がガチャで出ない……という悲劇が起こりうるかもしれません……。

 とはいえ、ある程度はタイプ別で装備品ガチャが分類されているので、比較的お目当ての装備を狙いやすくなっていると感じました。

新要素“シールド”でバトルがさらに奥深く!!

 バトルにおける、本作ならではの注目要素が“シールド”。敵味方にはそれぞれシールド値が設定されており、一部の攻撃を受けると減少していきます。

 シールド値が0になると気絶(BREAK!)状態になり、次のターン終了時まで行動不能となります。

 ここまで読んで「あっ!」と気づいた人もいるかと思います。そう、これは『オクトパストラベラー』にあったシステムと似ているんです。

 『ブレイブリーデフォルト』も『オクトパストラベラー』も同じスクウェア・エニックスの浅野チームが手掛けており、両作品ともプレイしている自分としてはニヤリとせざるを得ませんでした。

 シールド破壊による気絶はかなり強力な効果で、敵でも味方でも気絶が発生すると戦局を大きく揺るがします。

 従来の“ブレイブ&デフォルト”に加え、このシールド要素が登場したことでバトルがより奥深く進化したと感じています。

 一週間という短い期間でしたが、クローズドβテストで『ブレイブリーデフォルト ブリリアントライツ』の魅力はたしかに伝わりました。

 シナリオ、キャラクター、システムとあらゆる面でシリーズ新作にふさわしいクオリティなので、正式サービスにも期待大です!

© 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

関連する記事一覧はこちら