新作リズムRPG『ナナリズムダッシュ』プレイレポート。ラインナップが秀逸でホールへ行きたくなる!?

ライターM
公開日時
最終更新

 サミーネットワークスから8月2日に配信されるスマートフォン向けリズムRPG『ナナリズムダッシュ』の魅力を、2回にわたって紹介します。


 『ナナリズムダッシュ』は、簡単操作のリズムゲームでRPG仕立てのストーリーを楽しめるタイトル。パチンコ&パチスロで使われている楽曲を中心に、人気アニメ楽曲などもカバーしています。

 今回は基本システムを紹介しつつ、開発バージョンに触れての先行プレイインプレッションを届けしましょう。

 選曲はパチスロ機で採用された楽曲をメインに、サミーの人気タイトル『ツインエンジェル』シリーズをはじめ、『サクラ大戦』や『蒼き鋼のアルペジオ』なども収録しています。

 なお、記事内の画面写真はすべて開発中のもので、正式リリース版では一部の内容や表現が異なる場合があります。

指揮者となって楽団(パーティ)を編成

 本作ではメインストーリーを楽しむモードと、自由に楽曲を選んで演奏を楽しめるフリークエストを搭載しています。

 指揮者となって吟遊詩人を率いるプレイヤーは、最大3名の楽団を編成して演奏(バトル)に挑みます。

 吟遊詩人はスタート時点から仲間となるイオ、リクト、琴音をはじめ、ストーリーを進めたり、ガチャを回したりすることで増員され、それぞれに個性的なスキルや特定のステータスを伸ばすことができる項目(スフィア)なども設定されています。

 バトルを通じて、経験値を獲得したり親密度を上げたりする他にも、経験値アイテムを消費してレベルやスキルを上げることが可能。

 各吟遊詩人は武器の代わりに楽器を装備可能で、バイオリン、リュート、ハープなどそれぞれが得意とする楽器のみを付け替えることができます。

 もちろん、楽器にはレアリティやレベルが設定されていて、アイテムや楽器を合成することでより強力な楽器へと強化育成できます。

画面のどこを押しても構わないフリータップ仕様

 バトルのメインとなるリズムゲームでは、画面右から左に流れてくるノーツ(音符)が吟遊詩人たちの手前に描かれたラインに重なる瞬間を狙って、タイミングよく画面をタップして演奏(敵を攻撃)します。

 パーティメンバーの手前に描かれた縦のラインが目印。画面はどこをタップしてもOKです。なお、一時停止やアプリの切り替えといった、端末固有の機能を持つ部分は除きます。

 制限時間内にすべての敵を倒せばクリア。ミスを連発して途中で楽団が力尽きたり、楽曲終了時に敵が残っていたりすれば敗北となります。

 ボスの攻撃を打ち返したり、画面を連打して大ダメージを狙ったりと、さまざまな演出も用意されています。

ラインナップが秀逸すぎて、今すぐにでもホールへ行きたくなる!?

 ざっくりと遊ばせていただいた感想としては、すぐにでもホールに行って実機を打ちたくなります。

 パチンコ&パチスロを嗜まない方にはピンとこないかも知れませんが、メインストーリーの1曲目が名機『獣王』のサバチャンメドレーとか、もう開幕からテンション上がりまくり!!

 タイミング調整でも“見覚えのあるボタン”が登場したり、リズムゲーム中になじみのある“キリン柄”が出現したりと、分かる人には分かる小ネタが満載!

 インプレッションの段階であまりネタバレをするのはよろしくないので自重しますが、出現する楽曲がことごとく琴線に触れて、思わず「さすがセガサミー!」と心の中で叫んでしまいました。

 配信メーカーから『ツインエンジェル』シリーズは収録されるだろうと思っていたのですが、まさか『戦国乙女』や『南国育ち』まで収録されているとは……。他にも『アラジン』のメドレーや『ミリオンゴッド』など、スロット好きにはたまらないチョイスでした。

 わりとアニメの楽曲が多く収録されているとはいえ、パチンコ&パチスロをたしなんでいる人だと、より楽しめるラインナップになっていると感じました。

 見どころの1つとして、オリジナルのキャラクターデザインもあります。美男美女やイケおじも揃っているので要チェックです。

 リズムゲームとしての感触は、画面のどこをタップしてもいいという仕様が間口の広さを感じさせます。

 ただ1点だけ気になったのは、ノーツが右から左に流れてくる際、上下に小刻みに揺れつつ手前のノーツを追い抜くなど、他のリズムゲームでは見られないタイプのノーツの存在には戸惑いました。他のノーツを追い抜くという挙動は珍しいと感じました。

 筆者個人としては、大当たりPVをバックに遊んでみたいなど欲張りな願望はあるものの、リリースされたら光の速さで飛びつくタイプの注目作です。


©Sammy Networks

関連する記事一覧はこちら