大幅値引きされたホラーゲームって、なんか呪われそうで怖い…のは僕だけ?【電撃衝動GUY】

そみん
公開日時
最終更新

 どうも。半額とか3割引きとかにめっぽう弱い、電撃の衝動買い男……電撃衝動GUY(ガイ)こと、そみんです。

 よほどのことがなければ安ければ安いほどうれしいのですが、ちょっとだけ気になるのが……ホラーゲームが値下げされているとき。ほら、なんか、事故物件的な臭いがするというか……(深読みしすぎ)。

 なんて前振りをしつつ、8月17日23:59までPS4/Switch版ホラーゲーム『死印』が75%オフの770円で購入できます。

 うーむ。ホラーゲームなのに値引き後が770円と、なんかラッキーセブンっぽさをかもしだしているところも、逆に怪しい……!(深読みしすぎ)

ホラーゲーム『死印』が今ならお得!

 茶番はさておき、ホラーゲームにとって大事なのは“怖さ”です。序盤を遊んだ感じ、心霊スポットを探索する怖さや、わりと死ぬことが多い難易度的なスリルもあって、悪くない感触。
(リトライしやすいので、相対的な難易度はそこまで高くない部分もありますが)

 けっこうエグい描写もあるので、“物理的に痛そうな怖さは苦手”という方との相性はよくないかもしれませんね。自分はまあ、雑食なので。こういう怖さもアリですが。


 ちなみに電撃オンラインには、PS Vita版のレビュー“怪異の呪いを解く『死印』レビュー。心霊スポットの探索や怪異との対峙では恐怖で手に汗握る!?”を掲載しているので、本作が気になることはぜひ!

『死印』とは?(商品紹介ページより)

 「シルシ」、それは“死”へのカウントダウン

●心霊ホラーADV”シリーズ第1弾

 ジャパニーズホラーのようなじっとりとした静かな“恐怖"をテーマに、魅力的なキャラクターと美麗なグラフィックで展開するADV。

 “死"へのカウントダウンを意味する謎の痣“シルシ"を刻まれたモノたちが、微かな希望にすがり、生き残る術を見つけ出す為、人知を超えた恐怖の存在“怪異"が潜む「戦慄の心霊スポット」を探索し、”絶望の宿命“へと挑む。


そみん:どんなゲームでも美味しくいただく雑食ゲーマー。霊感はないけど、うかつに心霊スポットに近づくのは怖いのでリアル取材とかはノーサンキュー。


(C) EXPERIENCE

関連する記事一覧はこちら