『東方ダンマクカグラ』初期SSRミタマカードまとめ。リセマラで狙うべき当たりカードは?【東方ダンカグ日記#6】

ophion
公開日時
最終更新

 8月4日に配信されたiOS/Android用アプリ『東方ダンマクカグラ』。本作ではミタマカードをガチャで入手することで、楽曲をクリアしやすくなったりより高いスコアを狙えるようになったりします。

 本記事では、リセマラの判断基準やヒロインを目当てにリセマラをする際の注意点を解説します。


尖り過ぎたミタマカードはなし 

 基本無料のアプリを始める際にどうしても気になるのがリセマラの有用性。もちろん、本作でもより多くのSSRミタマカードを手に入れた方が楽曲をクリアしやすく、ハイスコアも狙いやすくなります。ただ、SSR同士で比較した場合、極端な差はありません。

 というのは、どのSSRミタマカードもカグラエフェクトやミタマバーストで“ライフを維持する”、“コンボを継続する”、“スコアを稼ぐ”、“ボスにダメージを与える”のなかから2つ以上の要素を持っているため。

 クリアできない曲をクリアするためのミタマカードや、スペルブレイクの後押しをするミタマカードはありますが図抜けて強力な1枚と呼べるミタマカードはありません。

 また、おでかけ効果も大きく分けて“おでかけが短時間で終わるもの”、“おでかけ時の戦力を上げるもの”、“おでかけ時の報酬が増えるもの”の3種類とバリエーションよりもわかりやすさを重視した内容。

 最終的にはおでかけ時の戦力を上げるものだけ一歩劣りますが、戦力が低いうちから高い戦力が必要(=よい報酬を獲得できる)おでかけを行えるメリットは、スムーズな育成につながります。

 そのほか、楽曲によって高いスコアを獲得できるミタマカードが異なることもあり、特定のミタマカードにこだわる必要はなし。種類を問わず、より多くのミタマカードを入手することを目指しましょう。

カグラエフェクトでリセマラ対象を選ぶ

 それでも特定のミタマカードを狙いたいというなら、カグラエフェクトの効果で狙うミタマカードを選ぶのがオススメ。

 事前登録報酬の“[御霊鎮めし、清浄なる神楽]博麗 霊夢”はコンボの継続をサポートするカグラエフェクト、“[禁呪の詠唱・燦爛]霧雨 魔理沙”はライフを回復するカグラエフェクトを持っているミタマカード。

 ですから、カグラエフェクトでノーツスコアを増やせる“[舟幽霊ムラサ]村紗 水蜜”や“[幻視の魔弾]鈴仙・優曇華院・イナバ”を手に入れておくと、ハイスコアを狙う際に役立ちます。

ヒロインを目当てにリセマラを行うのもアリではあるものの……

 特定のミタマカードを狙ったリセマラを無理に行わなくてもよい本作。ですが、いち早く特定のヒロインを獲得したい場合は話が変わります。

 博麗霊夢と霧雨魔理沙以外のヒロインは、そのヒロインの“ピース”を100個入手すると獲得可能。紅魔館の物語を進めるとレミリア・スカーレットのピースが100個手に入るなど物語の進行とともにヒロイン自体は獲得できますが、ヒロインの育成にもまたピースが必要です。

 ミタマカードを入手すると、そのカード名に記載されたヒロインのピースが手に入るので、特定のヒロインをなるべく早く獲得したい場合はそのヒロインのミタマカードを多数手に入れることを目標にリセマラを行いましょう。

 ただし、ルーミアなど一部のキャラクターにはSSRのミタマカードが用意されていないため、ヒロインの獲得や育成と強力なミタマカードの入手を両立するのは茨の道。

 下のSSRミタマカード一覧を参考に、ミタマカードとヒロインどちらを優先してリセマラするかを決めましょう。
 

リセマラで手に入るSSRミタマカード一覧

■[幻想の結界・安寧]博麗 霊夢

■[禁呪の詠唱・燦爛]霧雨 魔理沙

■[幻視の魔弾]鈴仙・優曇華院・イナバ

■[逢魔刻、ふたり]フランドール・スカーレット

■[八苦を滅した尼公]聖 白蓮

■[ブランブリーローズガーデン]古明地こいし

■[ぜったいにとけない!]チルノ

■[エレガント・サーヴァント]十六夜咲夜

■[ノーライフ・クイーン]レミリア・スカーレット

■[剣の道永永無窮なりて]魂魄 妖夢

■[萃まる夢、想い]伊吹 萃香

■[歴史喰いの半獣]上白沢 慧音

■[風祝の少女]東風谷 早苗

■[天孫降臨]射命丸 文

■[舟幽霊ムラサ]村紗 水蜜

■[ルナティック・ドリーマー]宇佐見 菫子

■[番頭神の過ごし方]庭渡 久侘歌

■[全ての感情を司る者]秦 こころ

■[活溌溌地な河童]河城 にとり

■[「全人類の緋想天」]比那名居 天子


※画像は開発中のものです。
©上海アリス幻樂団 ©アンノウンX/AQUASTYLE・DeNA・xeen inspired by 東方Project

関連する記事一覧はこちら