ケイブシューティング第二弾『赤い刀 EXA レーベル』アーケード向けに今冬配信

電撃オンライン
公開日時

 ケイブが2010年にリリースしたシューティングゲーム『赤い刀』のパワーアップ版となる『赤い刀 EXA レーベル』が、今冬アーケードで配信されます。

 以下、リリース原文を掲載します。

exA-Arcadiaにケイブシューティング第二弾が登場! 『赤い刀 EXA レーベル』をアーケード向けに大発表!!

 ケイブは『怒首領蜂大復活』や『虫姫さま』など、これまでアーケードにて絶大な人気を誇る弾幕シューティングゲームの多くをリリースしております。

 『赤い刀 EXA レーベル』は、アーケード版をベースにグラフィックとサウンドをパワーアップ。更に家庭版用のモードである「真」と「絶」そしてお約束のEXAレーベル限定モード「EXA」という新モードを追加し、11年という年月を経て再び全世界のゲームセンターにお届け致します。

 なお、製品を含めたEXAレーベルの詳細や稼働日などは順次発表いたしますのでご期待下さい。

ストーリー

 日本と良く似た国が存在する架空の世界が舞台。その国の急成⾧による技術革新が生み出した新たな資源「祈導石」(きどうせき)が物語のカギとなる。

 この祈導石はエネルギー源としてだけではなく、加工することにより、人の命を奪うことで持つものに強大な力を与える「祈導刀」という刀を作ることが出来る。

 その過程で力が高まり、刀身が赤く変色した祈導刀を「血晶刀」(けっしょうとう)といい、帝国はその国力を拡大させるべく利用し、他国との戦争を引き起こした。

 だが、その行為に反旗を翻すものがいた。帝王の実の息子、西園寺桔梗(さいおんじききょう)とその妹の牡丹(ぼたん)。

 兄は自らの命を犠牲にして強力な血晶刀を生み出し、幻忍となって妹と共に戦う。争いのない世界のために!

exA-Arcadia システム基板について

【新プラットフォーム exA-Arcadia システム基板の特徴】

●ネットワーク等を利用した“従量課金”は一切無し
●ハイスペックなJVS 規格汎用システム基板
●1つのビデオゲーム筐体で最大4つのゲームを同時稼働可能
●液晶モニターおよびブラウン管モニターでの画面出力に対応
●31kHz のモニター対応(15kHz のモニターへの画面出力には対応しておりません)

 25本以上のタイトルが発表され、アミューズメントコンテンツの提供元として業界をリードするexA-Arcadia 専用ソフトは既に50本以上のタイトルを開発中。

© 2010, 2011 CAVE CO., LTD.

関連する記事一覧はこちら