『ロストジャッジメント』調査に不可欠な“探偵ガジェット”とは?

電撃オンライン
公開日時

 セガは、9月24日に発売するPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox Oneソフト『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』で、主人公の八神が挑む難解な調査に必要不可欠な“探偵ガジェット”の情報を公開しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

 今作では、街で発生中のトラブルを発見できたり、盗聴器などの犯罪につながるものを見つけ出せたりする様々な「探偵ガジェット」が登場し、八神の探偵活動を大いに助けてくれます。

 状況に応じてこれらのガジェットをうまく使いこなし、事件を解決していきましょう。

調査に役立つ「探偵ガジェット」の紹介

バズリサーチャー

 『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の世界のつぶやき投稿SNSツール「ユッター」をハッキングして事件性の高いワードを抽出し、そのつぶやきがどこで投稿されたかをマップに表示するアプリが「バズリサーチャー」です。

 これによって、現在発生中のトラブルを検出することが可能となります。前作でもハッキングや電子工作の技術で八神を助けてくれた九十九誠一(つくもまこと)が作り出しました。

  • ▲八神が入手した「ストーカー」というワードをバズリサーチャーで絞り込んでみると、ストーカーに関する内容と、つぶやかれた場所に関する情報が抽出されます。

  • ▲。現場を推測して向かってみると、なんと、屋上で覗きをしている人物が……!

集音器

 街の人の困った声や、不審な音を聞き取ることに役立つガジェットで、人間の耳では聞こえないような小さな音も拾うことができるようになるほか、どこから音が発生しているかも探れる機能を持っています。

 音の発生源を詳しく探ることで、調査を進めることが可能となります。

  • ▲怪しい場所に集音器を向けると、音の出ている方向が表示されます。

  • ▲上にあった音の発生源に集音器を向けると、詳しく調べることが可能に。

  • ▲よくよく調べると、マンションの高層階の外壁にぶら下がっている男が……!

電波探知機

 怪しい電波を出している盗聴器や盗撮カメラなど、犯罪に関係しそうなものの位置を探ることができ、事件があった場合に大いに役立つガジェットです。

  • ▲電波探知機のインジケーターが赤いときは方向が正しくなく、インジケーターが短いときは遠いことを表しています。この場合、電波の発信源はやや遠く、正面にはありません。

  • ▲インジケーターが緑の時は方向が正しいため、この先に電波の発信源があります。インジケーターも長いので、発信源は近くにありそうです。

探偵犬

 事件や謎の匂いを嗅ぎつけると話題になっている探偵犬。八神にはなぜかすぐになついてしまい、犬の嗅覚が必要になるような事件があれば、呼び出すことができます。

 必要とする事件が無い場合は、呼び出すことで散歩に連れていくことが可能です。散歩中はアイテムの生成やミニゲームのカスタマイズのパーツに使える素材を拾ってくるだけでなく、街に隠れ落ちているアイテムを探し出してくれます。


  • ▲証拠品の匂いが事件のカギとなっている場合、探偵犬を呼びだすと匂いの発生源に案内してくれます。

  • ▲匂いの発生源にたどり着くと、到着をアピール!

変装

 敵のアジトなどに潜入する時に有効となるのが「変装」です。変装をすることで周囲の目を欺き、怪しまれずに調査をすることができます。

 状況を踏まえて、適切な衣装に着替えましょう。

  • ▲時にはかなり特殊な衣装を身につけることも。忍者になる必要があるのは、一体どういう状況なのでしょうか……!?

スクープ

 事件の決定的な瞬間をスマホのカメラを使って撮影する「スクープ」が今作も登場!

 鮮明な写真になるようにピントやズームを調整し、条件に合った瞬間をカメラに捉えましょう。


  • ▲依頼や現場の状況に応じて、求められる撮影条件は変化します。また、動き回る被写体など、決定的瞬間を撮りにくい場合は「スクープアイ」を使うとスローモーションになり、撮影しやすくなります。

©SEGA

関連する記事一覧はこちら