魔法少女に救いはあるのか。『マギレコ』第2部“集結の百禍編”6章までのストーリーまとめ(ネタバレあり)

長雨
公開日時
最終更新

 アニプレックスのiOS/Android用RPG『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(マギレコ)』は、小さなキュゥべえしか存在できない特殊な場所・神浜市を舞台に、魔法少女たちの熱いドラマが展開する大人気作品です。

 現在は神浜市の魔法少女が魔女にならない“自動浄化システム”を巡って、さまざまな勢力の魔法少女たちが争い合う第2部“集結の百禍”編が展開。8月10日には、待望の第7章“トワイライト・レムナント”が配信されました!

 今回は第7章を読む前にぜひ見返しておきたい、第6章までのストーリーを振り返っていきます。ネタバレが多分に含まれますので、まだクリアしていない方はご注意ください。

序章“はじまりの記し”

 佐鳥かごめ(声優:高尾奏音)は、転校したばかりの街で使い魔に襲われたところを環 いろは(声優:麻倉もも)に救われます。

 キュゥべえ(声優: 加藤英美里)によって魔法少女の才能を見出されたかごめですが、彼女は魔法少女たちを世間に伝えるためその真実を記す道を選びます。

 一方“チームみかづき荘”のメンバーは、いろはの妹・環 うい(声優:石見舞菜香)が見つけた強力な魔力反応を持つ相手と対峙します。しかしそれはウワサでも、魔女でもない未知の存在だったのです。

 皆で協力して辛くも勝利する彼女たちでしたが、いろはの手には謎のブレスレットが残されているのでした。

 新たな少女の訪れ、そして未知の敵の出現が、いろはたち神浜市の魔法少女の運命を大きく変えていくことに……。
 

■キーワード

佐鳥かごめ……魔法少女や魔女の真実を、人々に知らせようとしている少女。中立の立場からさまざまな勢力に取材してまわっており、彼女の目線から物語に触れることも多いです。“風の伝道師のウワサ”につかれており、本人はリィちゃんと呼んでいます。

キモチ……いろはたちが戦った魔女ともウワサとも異なる新たな敵で、感情を司る8つの“キモチ”が存在します。倒すことで石がブレスレットの形で討伐者にとりつき、“命を預けてもいいと思える相手”にしか譲渡できません。

第1章“前書きは靴音と一緒に”

 神浜市の魔法少女は西側の中心人物であるいろは、七海やちよ(声優:雨宮 天)、東側の代表・和泉十七夜(声優:千本木彩花)、南側のまとめ役・都 ひなの(声優:朝日奈丸佳)を中心とした“神浜マギアユニオン”を結成。

 ただし魔法少女が全員が参加しているわけではなく、市内にはほかの地域から魔法少女たちが入り込んでいる気配もあり、盤石とはいえない状況です。
 

 ブレスレットを調べるために、電波望遠鏡の里見灯花(声優:釘宮理恵)と柊 ねむ(声優:諸星すみれ)のもとを訪れたいろはたち。

 しかし彼女たちを信奉する“ネオマギウス”、神浜市と敵対する二木市の魔法少女“プロミストブラッド”、ひょんなことから手助けをしてくれた“時女の一族”も加わり事態は混迷を極めることに……。

 それぞれが自動浄化システムと、ブレスレットの強力な力を求めていることを知ったいろは。彼女は、“プロミストブラッド”と“時女一族”にその情報を伝えたキュゥべえに話しを聞こうと提案します。

 灯花の解析とキュゥべえの仮説から、いろはの持つブレスレットには、“エンブリオ・イブ”の欠片である石がはめられていて、“自動浄化システム”を所有するカギになることが明かされます。

 そしてキュゥべえは人類のための神浜市を実験場にしようとしており、魔法少女たちを集めて、イブの欠片の石を巡って争わせようとしていたのです。

 いろはたちは“時女一族”と協力関係を結ぶことには成功しますが、“プロミストブラッド”が神浜市に抱く憎しみ深く、魔法少女たちの戦いは続いていくことに……。

 また神浜市に絶対中立を誓う調整屋“ピュエラケア”も訪れ、戦いはより苛烈さを増していくのでした。

■キーワード

神浜マギアユニオン……神浜市の魔法少女たちの互助組織。

ネオマギウス……“マギウス”の構成員、マギウスの翼(黒羽根、白羽根)の残党で、魔法少女至上主義思想を持っています。宮尾時雨(声優:鬼頭明里)、安積はぐむ(声:高柳知葉)は、かつての幹部に再び統率してもらうことを望んでいましたが……。

プロミストブラッド……“マギウス”の計画によって魔女が枯渇し、魔法少女たちが血の抗争を繰り広げた二木市の魔法少女グループ。紅晴結菜(声優:涼本あきほ)、大庭樹里(声優:松本花雪)、笠音アオ(声優:天野聡美)は、血の盟約でつながれた義姉妹であり、煌里ひかる(声優:和泉風花)は彼女たちに仕える幹部にあたります。

時女一族……古から続く、“悪鬼(魔女)から人々を守る”という伝統を守る一族。時女静香(声優:内田 秀)が本家、広江ちはる(声優:相良茉優)、土岐すなお(声優:大西亜玖璃)はそれぞれ分家の出身です。

ピュエラケア……絶対中立の立場を取っており、非戦闘員の安全地帯となる反面、どんな危機的状況でも手出しが許されない聖域でもあります。リヴィア・メディロス(声優:黒木ほの香)は、神浜市の調整屋・八雲みたま(声優:堀江由衣)の師匠。ほかには篠目ヨヅル(声優:若松來海)と、佐和月出里(声優:汐入あすか)が所属しています。

第2章“微笑みと火花”

 いろはたちは、遊ぶ振りをしながら“キモチ”の魔力を感知できるういに居場所を調べてもらいます。

 “プロミストブラッド”のアオとひかるは彼女たちの跡を追いますが、相手の罠にかかってピンチに……。この一件で土地勘のあるものが必要だと考えた一行は、樹里が無理やり脅す形で“ネオマギウス”の時雨とはぐむを仲間に引き込んだのでした。

 いろはたちは北養にいる“キモチ”の結界の位置を把握しますが、“プロミストブラッド”の計略によって一足早く一帯を掌握されてしまいます。

 梓 みふゆ(声優:中原麻衣)の作戦によって、勝負を“キモチ”の結界内まで引き延ばすことに成功。戦いの果てフェリシアがブレスレットを手に入れて喜ぶ一同でしたが、“プロミストブラッド”のスパイ・有愛うららにういがさらわれてしまいます。

 ういの誘拐に一役買うことになって落ち込む“ネオマギウス”の2人に、藍家ひめな(声優:首藤志奈)が接触してきて……。
 

 第1章で大怪我を負った魔法少女の御園かりん(声優:金元寿子)は入院先の病院で、学校の先輩で探し人だったマギウスの幹部・アリナ・グレイ(声優:竹達彩奈)と再会します。

 しかし、彼女は過去の記憶を失っていたのでした。

 さらに、神浜市には新たな少女の姿も! 使用人である氷室ラビとともに街にやって来た里見那由他(声優:春花らん)は、偶然出会った八雲みかげ(声優:進藤あまね)とともに民俗学者である父・里見太助を探し始めます。

 彼女たちは負の連鎖によって“プロミストブラッド”の襲撃を受け、助けてくれた神浜の魔法少女たちの協力でみたまのところに向かうことに。

 そこで那由他は彼女の父が静香、やちよ、かごめの3人と出会っていたことが明かされるのでした。また、みたまとみかげが姉妹であることもわかります。

第3章“内なる常夜の夜明け”

 ういを助けるため、“プロミストブラッド”の拠点を突き止めるべく幾人かの魔法少女に発信機を取り付けたいろはたちですが、ある場所で反応が途絶えてしまいます。

 そしてその場所には、鏡の魔女の結界“果てなしのミラーズ”の痕跡が残されていたのでした。

 そのころ、小さなキュゥべえを使っていろはたちと連絡を取ろうとしていたうい。結菜たちの作戦によって“キモチ”の場所を記す地図は取られてしまいましたが、居場所を示す暗号は伝えることに成功。

 “チームみかづき荘”メンバーは、ういの救出のため二木市に乗り込みます。しかし相手の策でいろはだけ引き離され、そのまま全員で二木で一夜を明かすことに……。

 翌日待ち構えていた“プロミストブラッド”に、いろはは魔法少女たちが眠る地下墓地“カタコンベ”に連れて行かれます。そこでういが死んだと聞かされたいろはは魔女化しかけますが、彼女が手にしていた“キモチ”の石に支えられ踏みとどまるのでした。その後、やちよたちがういを連れて現れたことで、危機を脱します。

 そのころ神浜市では、2つの“キモチ”がアオ、樹里に撃破されていました。キュゥべえは、争う魔法少女たちに残された“キモチ”の石は2つだと語ります。

 父を探す那由他は、灯花の協力を得て父からのメールの発信源を突き止めます。それは、かつて住んでいた宝崎市の実家から送られてきたものでした。探すことを拒まれている気配を感じながらも、彼女は諦めることなく探す道を選びます。

■キーワード

果てなしのミラーズ……鏡の魔女の結界で、内部は鏡で構成された複雑な迷宮になっています。使い魔が成長したことによって、同様の効果を持つ結界が生成されるようになっている模様。ミラーズは2つの地点を行き来できるワープゾーンの効果があり、“プロミストブラッド”はこの力を使って二木市と神浜市を行き来していると推理されますが……。

第4章“彼方の群青”

 ういの一件で結菜の仲間に対する優しさを知ったいろはは、互いの犠牲を出さぬためにも和解を持ち掛けます。結菜は“キモチ”を巡る膠着状態の打破を条件に、話を聞いてくれることになりました。

 “プロミストブラッド”と“時女一族”が苦戦していた場所は、二葉さな(声優:小倉 唯)が友人である“名無し人工知能のウワサ”アイと過ごした空間でした。さながアイと過ごした日々を思い出し、友だちになることで“キモチ”への道が開かれます。現れた“キモチ”を“時女一族”ちはるが倒し、石を手に入れます。
  

 交渉の際の万が一にそなえて、ミラーズ内を単独で調査しようとした観鳥 令(声優:河瀬茉希)。彼女はそこでアリナに出会い、誘いに乗って神浜監獄に向かいます。

 そこでアオと遭遇し、“神浜マギアユニオン”が裏で動いているのではという疑念を持たせてしまい交渉決裂の原因になってしまいました。

 “プロミストブラッド”の重大な情報を手に入れた令ですが、アオと刺し違えて……。

 令に起こった悲劇を彼女の友人・牧野郁美(声優:木野日菜)が知ったことで、最後の“キモチ”が出現。いろはの力を借り、郁美がトドメを刺したことで8つの石がすべてそろいました。

 “プロミストブラッド”は神浜市の魔法少女も皆殺しにしようとしますが、“キモチ”が石の争奪戦に参加できる魔法少女の選抜をしたことで失敗。

 “時女一族”の持つ石は、“ネオマギウス”によってちはるの腕が切り落とされ、奪い取られてしまいます。

 父を探す鍵が母にあると思った那由他は、灯花の課題を乗り越え対面を果たしました。そこでお互いの気持ちを伝えあい、消息につながる資料入手。

 しかし当の父から、“魔法少女を救うことを諦める”内容の手紙が届いて……。

第5章“揺れて恋歌に霞む理想”

 友人で同じ“ネオマギウス”に所属する栗栖アレクサンドラ(声優:早瀬莉花)の行動を怪しんだひめなは、彼女が“午前0時のフォークロア”に所属する魔法少女だということを知ります。

 魔法少女に対する考え方の違いから、同盟関係は解消した“神浜マギアユニオン”と“時女一族”。

 “神浜マギアユニオン”は大学図書館にあった図面と、令が残したスマホの写真から、二木市へのショートカットの糸口をつかみます。

 ショートカット地点を目指す“神浜マギアユニオン”と、“プロミストブラッド”は監獄地下で激突。

 そこでアオと郁美が遭遇し、心を乱したアオは“キモチ”に体を支配されて暴れだしてしまったのでした。両陣営の協力によってアオを押さえることに成功しますが、“神浜マギアユニオン”の作戦は失敗し、ショートカットルートも複数あるという凶報を聞くことに……。

 一方、度重なる“ネオマギウス”の勧誘に困惑する“時女一族”は、拠点にひめなたちの侵入を許して仲間の土岐すなお(声優:大西亜玖璃)と青葉ちか(声優:山田麻莉奈)が奪われてしまいます。

 “ネオマギウス”に賛同をする振りをして集会に参加し、静香たちと連絡を取るすなお。

 集会場所ではひめなの演説と三輪みつね(声優:水瀬いのり)のドッペルの力で、“時女一族”の者たちは洗脳状態になっていました。しかし静香は壇上に立ち、仲間たちの目を覚まさせることに成功します。

 三浦 旭の攻撃でひめなのソウルジェムが砕かれ、退場したかと思われましたがそれすらも作戦で……。

 “キモチ”を巡る戦いに参加出来ないみふゆたちは、“果てなしのミラーズ”内を調査。そこでアリナが病院で描いていた地図がこの場所のものであることが明かされ、株分けされたミラーズを繋ぐ鏡が集められたターミナルを見つけます。

 父の手紙にショックを受けていた那由他でしたが、彼が魔法少女を救うための書籍を持ち出していたことを知って奮起。父を追って、湯国市へと向かいます。

 灯花とねむ、かごめは魔法少女の実態を拡散する計画を練り、かごめに憑りついていたウワサ・リィちゃんと対話することで“風の伝道師のウワサ”を完成させるのでした。

 それぞれ魔法少女が動き出すなか、神浜市では市長選が行われていました。そのなかで応援演説をする灯花の父に石が投げつけられる事件が起き、それは東の住人のせいだという不穏な噂が流れて……。

■キーワード

午前0時のフォークロア……謎多き魔法少女たちのグループ。少数精鋭で、ほかのグループに潜入して暗躍しているようです。

第6章“薄氷のレゾンデートル”

 神浜市と二木市を繋ぐショートカットの位置をほぼ特定した“神浜マギアユニオン”は、廃地下鉄に乗り込むが相手の計略で失敗。

 そこで十七夜が怪我をしたことで、東の魔法少女たちのなかに“西側が陥れようとしているのでは?”という不信感を植え付けることになってしまいます。

 また作戦のなかでフェリシアは、結菜の魔法で両親に関する自身の過去を思い出してしまいます。自暴自棄になって“キモチ”に体を渡そうとするフェリシアでしたが、仲間たちによって両親の本当の想いを知るのでした。

 十七夜たちはフェリシアの件で“チームみかづき荘”メンバー不在のなか、ショートカットルート破壊作戦をおこなっていました。アオの攻撃で十七夜は大きなダメージを受けますが、いろはたちが無事に駆けつけたことで事なきを得ます。

 彼女たちは無事に株分けミラーズの魔女のもとにたどり着きますが、倒すのと引き換えに新たな犠牲と“神浜マギアユニオン”の崩壊を生むことになってしまうのでした。

 また神浜市の選挙で起きた事件や、那由他の父の失踪に、灯花の父が関わっていることが明かされ……。

 第6章以降は魔法少女だけでなく、大人の思惑も入り込み、ますます暗雲立ち込める神浜市。

 8月10日に配信された第7章“トワイライト・レムナント”でも、さらに衝撃的な展開が続いており……ますます目が離せません! 魔法少女たちに救いはあるのか、ぜひ物語の続きを見守ってください。 

(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

  • メーカー: アニプレックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年8月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

  • メーカー: アニプレックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年8月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら