【黎の軌跡まとめ・考察コラム】現在公開されている動画を改めて見直してみたらやっぱり気分がアガってきた

ジュンキ
公開日時

 日本ファルコムから9月30日発売予定のPS4ソフト『英雄伝説 黎の軌跡(クロノキセキ)』

 いよいよゲームの発売まであと1カ月ちょいまで迫ってきました!

 ということで、これまで公開された事前情報をおさらいしたり、気になるトコロにいろいろと注目してみたり、勝手気ままに妄想してみようと思います。

 第1回目となる今回は、これまで公開されているティザームービー、WEB CMなどの公式動画にスポットを当てて、改めて本作への期待を膨らませていこうじゃありませんか。どの動画にも、なーんか意味深なカットとかいっぱいあったよね。

  • ▲ティザームービー(2021年6月4日公開)より。
  • ▲WEB CM(2021年7月21日公開)より。
  • ▲サントラmini 視聴動画(2021年8月6日公開)より。

 今現在、『黎の軌跡』公式サイトで公開されている動画は3本。もう動画なんてYouTubeが擦り切れるほど見たよ!⇒テープかよ!! っていうノリツッコミの人も多いかと思いますが、再確認の意味も含めて、気になるいろいろをピックアップしていこうかと。

 それに、ファルコムさんのゲームPVはいつでも何度でも楽しませてくれるデキなのでどんだけ見直しても全然問題なし。

 ……擦り切れるほど(まで)っていうテープメディアならではの表現に、もうピンと来ない世代も多かったりするんです?

PS4「英雄伝説 黎の軌跡」ティザームービー(2021年6月4日公開)

 最初のティザームービーからしてもう、思わせぶりなカットがたくさん散りばめられていました。すでに判明した情報もあれば、いまだ謎に包まれている部分もあったりして。そんなこんなをいくつかピックアップ!

【00:11~】ヴァンさん渾身の必殺技(?)で幕開け!

  • ▲ヴァンのクラフト“コインバレット”。
  • ▲1発どーんと撃つのかと思いきやまさかの連発。事務所のお金を惜しみなくつぎこんだ太っ腹な技。

 当然といえば当然か、主人公ヴァンのシーンから動画がスタート。クラフトのモーション一つとってみても、本作からゲームエンジンが変わったことによる進化がありありとわかります。

 なお、「第三位つながりでヴァンは守護騎士第三位なんだよ!」という当時の僕の主張は誰にも共感されなかった模様。まずどこの第三位つながりなのかといえば、日本ファルコムのある立川市か、茨城のつくば市とかそのへん。うん、『東ザナ』でコラボしてたし電撃だからセーフセーフ!

【00:15~】魅力的な新キャラの数々が“新作”の期待を膨らませる

  • ▲ヴァンの幼馴染の1人。A級遊撃士《剣の乙女(ソードメイデン)》ことエレイン。力強い剣技のラウラとはまた違った、華麗な剣技の女騎士系キャラとして楽しみです。こじらせ系キャラとしても楽しみです。
  • ▲ヴァン、エレイン、そしてもう一人の幼馴染キンケイドがともに行動しているシーンも。どうやら一時的にでも仲間として参加することは確定か。
  • ▲リィンと対峙したこともある《白銀の剣聖》シズナ。《八葉》との関係や、技名に冠する“零”が意味するところが気になります。なんか戦いにノリノリな独特のリズム感ある動きはかなり好み!

 これら3人をはじめとする新キャラの登場が、ティザームービーの大きな見どころでした。本作で一新された登場人物たちはみな非常に魅力的で、今回の『黎の軌跡』は1つの完全新規RPGとしてもかなり楽しめそうな気がしてます!

 なお、エレインたちについては、前作『創の軌跡(はじまりのきせき)』の追加エピソード内で存在を匂わされているキャラでもあって、それを知っている人はよりニヤリとして考察もまたはかどるという。そのあたりのファンサービス感はまあ、さすがファルコムのお家芸という感じですね(笑)。

  • ▲もちろん、メインキャラ勢の見せ場も満載。アニエスの制服姿とか全ユーザー待望でしょ!?
  • ▲ジュディスはメッセージカードを投げつける洒落たクラフトを使用。
  • ▲カードには“眠れる猫を起こすな”というメッセージ、黒猫のマーク、そして“G”の文字。いったい何を意味するというのか!?
  • ▲ちなみに電撃オンラインの配信でもちらっと紹介しましたが、別の画面写真で見ることができる彼女の靴のソールにも黒猫があしらわれています。猫大好きか!
  • ▲このアーロンのカットが今のところ一番謎かも。いまだに詳細はわかりませんが、うっすらと長髪の影が見えるような見えないような……。

【00:46~】謎の怪物! 変身!? 特撮!?

 これな! コンセプトビジュアルにも描かれていた謎の存在。このあとのWEB CMをはじめ、もう答え合わせはされているわけですが、ティザームービーで初めて公開されたときにはかなりの注目を集めました。

 初めて見たとき、今回の『軌跡』はこう来るのか~、いやいやまさか~、と自分でも半信半疑に正体を予想していました(笑)。さて、ラ●ダーなのかタ●ノコなのかそれが問題だ。

【00:47~】やっぱり来ました過去の英雄たち

 個人的な好みでいえば、あまり多くはなくてもいいけど、少しは出てくれるとやっぱり嬉しいという複雑なファン心理。そんななか、フィーあざっす!

  • ▲みんな大好きフィーの再登場は、本作の舞台設定的にも自然で納得で俺得、むしろみんな大好きだから皆得。フィーちゃん推しセットはなあ、ちょっとズルいよなあ。
  • ▲ティザームービーの時点では“謎の遊撃士”として正体がまったくの謎に包まれていた不動の人。よかったなあジンさん。本当によかった……。という安堵感が真っ先に来るのはなぜなのか。ひさしぶりで見た目なんかシュッとすることを、一部ではアガット現象と呼んでいるとかいないとか。

 『閃の軌跡IV』のエンディングでも描かれていたので、フィーとジンさんが本作で一緒にいるのはしっくり来るなあ。でも、エレインとも絡めて、もう一人くらい遊撃士キャラ出ないかなあ。

 具体的には元祖(?)《剣の乙女》にして《八葉》的にもバッチリなアネラスとか! ……実は《剣の乙女》って、アネラスが固辞して、エレインが付けるまでは遊撃士協会で宙ぶらりんになっていた異名だったりして(笑)。

【00:58~】最後になぜか思わせぶりなメガネ

  • ▲のちに電撃オンラインで公開された動画で、“デュアライザー”というクラフトの演出だというのはもう判明しているんですが、それにしてもなんか思わせぶりなメガネキャラことキンケイド。だって時計とか、ねえ。

PS4「英雄伝説 黎の軌跡」WEB CM(2021年7月21日公開)

 続いて公開されたWEB CMでは、さらにゲームの根幹に関わりそうな具体的な内容が満載! よくもまあ30秒にこれだけ詰め込めるものだと、ファルコムさんのPV作りのセンスにはいつも感心させられます。主題歌“名もなき悪夢の果て”も流れて、ますますアガってくる!

【00:01~】ええ、変身です! 特撮です!

 ということでティザームービーの答え合わせがこちら。ヴァンが魔装鬼(グレンデル)に変身するという設定にワクワクするこの気持ちは、世代を超えたユニバーサルなエモーションだと信じたい。エモい。赤射!

【00:03~】今回の敵キャラサイドがどどーんと登場

  • ▲このなかだとわりかし常識人寄りな感も。敵として尊敬できそうなタイプの強者風キャラにも見えるけど、実際はどうなのか。たたずまいは格闘系か、それとも実は東方の“忍(しのび)”系?
  • ▲わかりやすくヤバイ人その1。ティザームービーでも、すごい狂戦士感ですでに出てました。ここまでイっちゃってるタイプは、過去作で存在を匂わされていた女性キャラとかではない気もするけど、どうだろう?
  • ▲人形というか戦術殻的なアレなの? とか、包帯だけなの? とか、なんともツッコミどころがありすぎる女性。まあ人気出るね(確信)。あとで紹介するサントラ動画にもそれっぽい人物がいたりして……。まあ人気出るね(確信)。
  • ▲わかりやすくヤバイ人その2。目が怖い目が。そしてそこはかとなく漂う鎧甲冑のエンペラー臭。あくまで見た目ね見た目。
  • ▲このなかでは妙に普段着っぽくて浮いた感じのある中性的なキャラ。サイコなパスなそっち系? 逆に存在感あって気になりすぎる。
  • ▲まあ、立ち位置的にボスでしょう。最初遠目に見てグラムハート大統領がはっちゃけた姿かと思っちゃった。ごめん大統領。

 どうやら彼らが今回の敵キャラとしてメインをはりそうな雰囲気。なんかひさびさに悪役らしい悪役って感じでいいね! 新たなバックボーンの敵や物語が待っているのを想像するだけで、期待値がぐんぐん上昇。血沸く血沸く!

 また、『創の軌跡』追加エピソード内では、カルバード共和国内で《A》という謎の組織名が出ていたんですが、おそらくそうだとしたらエレインとは因縁あり。エレインと戦った人物もこのなかにいそうですが、はたして?

 ちなみに、これまでちょこちょこ出てきた前作の追加エピソード“創まりの先へ”は、あとで紹介する電撃スペシャルパック特典の文庫小説でも読めちゃいます、すごい! 宣伝!

【00:06~】ヴァンとシズナ、エレインの絡みは?

  • ▲月を背にした風景で斬り結ぶヴァンとシズナ。鬼気迫る決闘というよりは、幻想的な舞台を見ているかのような美しい一幕。
  • ▲余裕のある楽しげな表情からしても、さすがにシズナのほうが腕前は上の様子。ちょっとしたヴァンの腕試しとか? ちょっと引くレベルな強者戦クエストもまた、『軌跡』あるあるネタ。
  • ▲一方、素直になれない系まっしぐらな雰囲気のエレインさんは、ヴァンとの再会もやっぱり偶然の遭遇になりそう。自分からは会いに行けない複雑な乙女心とかそういう的な。いいよ、すごくいい。

【00:11~】大丈夫、ちゃんと結社も出ます

 もはや『軌跡』になくてはならない結社の面々もついに発覚。敵として割と危険な人物代表格だった《痩せ狼》さんは、なんか少し丸くなった感ある? そして《黄金蝶》と一緒に出てきたってことは、最後のスカーフェイスな大物はやっぱり使徒・第●柱的なアレなのか!?

【00:13~】ステキにムテキ? 謎に満ちた女怪盗登場!

 そう、今まさに巷で話題沸騰中の女怪盗グリムキャッツさんもこの動画が初お披露目でした(正確には店舗特典イラストにもそれっぽいのがいたけど)。“グリム”ってことは、やっぱり悪夢まとってんのかなあ、Gリムキャッツさん。ん? G? キャッツ? んん??

 その言動から、デュバリィさんを愛してやまないポンコツ界隈でもやや話題になりつつあるらしいとかなんとか。魔法少女ばりのローアングルからの変身シーンは、もしかしてグレンデルより開発陣の気合い入ってる説?

 ちなみに女怪盗といえば猫なのはどのへんからなのか。日本人的には美人3姉妹ですが(断然、次女派)、バットなマンのほうは1940年にはもう登場していた模様。はやっ。

【00:16~】アニエスの最高の笑顔!

 すみません、ぶっちゃけ考察とかそういうのと全然関係ないんですが、あまりに笑顔がかわいかったのでこのカットは外せないなと。一面の花畑的なところで天使の笑顔とか、ベタだけど最高だろ! こんなん見せられたらヴァンもたまりませんし、エレインさんもたまりません。

【00:28~】メアの決め台詞&ポーズでシメ!

  • ▲“悪夢を纏う?”。『那由多の軌跡』のノイとはまた違った、ちょい小悪魔な感じのメア。こう見えて設定された疑似AI人格らしいですが、こんなのいったい誰が設定したんだろう。いい趣味してんな。ぜひ酒を酌み交わしたい。

 シリーズだと“悪夢”に絡んだアーツとかは時属性に属するんですよねー。はてさて、黎の軌跡が黒の軌跡でクロノ軌跡と、あからさまにアヤシイのか、それともミスリードなのか。あとはゲームをやってみてのお楽しみ!?

PS4「英雄伝説 黎の軌跡」サントラmini 視聴動画(2021年8月6日公開)

 そして、サントラ動画でこんなに新規画像見せちゃっていいの!? という今月の驚き。その数なんと29枚。世のファルコムユーザーたちはますます予想(妄想)がはかどってたまらない。ここでもいくつか抜粋して見ていきましょう。

  • ▲そうこれ! アニエスが持っているこの“オーブメント”が、何やら本作の物語でとても重要になってくるらしいですよ。そのオーブメントが、特製アクセサリーとして電撃スペシャルパック特典で付いてくる、すごい! 宣伝!
  • ▲新キャラ? ではなく、きっとどこかで出るだろうなあと思っていたアーロンの女形(おやま)姿。赤毛のままで扮するものかと思ってたけど、なるほどこう来ましたか。
  • ▲リゼットが相対しているのは、本作の敵対勢力らしき包帯女性の傍にいた人形か。このマッチメイクに何か意味がなー、あるのかなー、と深読みさせてくるのが日本ファルコム(笑)。
  • ▲そういえばツァオさん、あんだけ出てて何気に味方側は初めてじゃない? まあ左上にいないから完全ゲストっぽいけど。UIもかなり見えてきました! そしてしれっと“Sブレイク”の表記が復活。『閃III』以降の“ブレイク”と被るからしばらく表記が変わってたのだと勝手に思ってましたが、本当かどうかは知らない。
  • ▲やっぱ目玉はこの1枚かー? 実は初回特典の設定資料集画像でもチラっと見えてた赤髪の星杯騎士と、そしてもう一人。やっぱり正騎士&従騎士のペアなのだろうか。
  • ▲包帯の次はリボンなの!? お仕事中なの!? そういうの好きなの!? CEROは何!? とか、なんともツッコミどころがありすぎる女性。まあ人気出るね(確信3回目)。あ、ちなみにCEROはCです。ふぅ、余裕余裕。
  • ▲いやいややっぱりこっちが目玉かー!? 誰もが絶対出ると思ってたレンですが、同じ学校の先輩・生徒会長としてアニエスとがっつり絡んでくれるはず。大人のレディとして一人称を変えたという喋りにも期待!
  • ▲早速こじらせモードっぽいエレインさん。ぜひキンケイドも参戦してトライアングラーしてほしいという個人的願望。
  • ▲ちなみに、先ほどの赤髪の女性が乗っている設定資料集も、サントラminiやキャラクターデータファイルと一緒に、この初回限定版『SPRIGGAN EDITION』に付いてきます!

 いかがでしたでしょうか。やっぱり何度見直してみても、ワクワクが止まらない! そしてまた早く新しい動画をくださいファルコムさん!

 なお、公式サイトに公開されているまとまった動画はこの3本なのですが、電撃オンラインで配信された『黎の軌跡』番組内では、ほかにも多数のクラフトやアクション動画などが公開されています! 気になる人はぜひそちらもチェックしてみてください。

2021年6月4日公開番組(00:30:35くらいから。※番組内の動画は配信当時の開発中のものです。)


2021年7月22日公開番組(00:43:30くらいから。※番組内の動画は配信当時の開発中のものです。)


 今回は公開動画に注目してみましたが、次回はまた違った角度から『黎の軌跡』の魅力に迫っていく予定。お楽しみに!

ここでしか手に入らない限定特典満載! 電撃スペシャルパック

 電撃屋では、『黎の軌跡』に、電撃ならではのオリジナル特典が多数付いた限定版“電撃スペシャルパック”を絶賛受付中。

 今回は特典の1つ、特製アクセサリー“アニエスのオーブメント”を紹介します。上の記事内でも紹介したように、物語に大きく関わってくるこのキーアイテムをぜひ手にしよう!

 ※予約期間中でも販売予定数に達した場合、予約を終了する場合がございます。

【40周年記念版限定アイテム】特製アクセサリー“アニエスのオーブメント”

  • ▲約54mmの金属製アクセサリーとして、劇中でアニエスが追い求めることになる“オーブメント”をグッズ化。
  • ▲極めて精緻に加工された合金製のボディで、作品の雰囲気を損なうことなくお届けします。(※画像は制作途中のものです)

“アニエスのオーブメント”実物サンプルムービー


 ほかにも、アニエス専用衣装DLC“旧カルバード王国風ドレス”や、特製の文庫本など、最大6種ものスペシャルアイテムが手に入ります。ご予約は電撃屋にて!

⇒『黎の軌跡』電撃スペシャルパック 総合予約ページはこちら

◆電撃スペシャルパック特典アイテム
[1]特製アクセサリー“アニエスのオーブメント”(※)
 ※“40周年記念版”のみの限定特典となります。
[2]文庫本“創まりの先へ”
[3]B2タペストリー(イラスト:エナミカツミ氏)
[4]キャラクタークリアファイルセット(ヴァン&アニエス、アーロン&フェリ、リゼット&カトル、ジュディス&ベルガルド)
[5]“アークライド解決事務所”マグカップ
[6]アニエス専用衣装DLC“旧カルバード王国風ドレス”


※画面は開発中のものです。
※特典画像はイメージです。実際のものとは異なる場合があります。内容・仕様は予告無く一部変更になる場合があります。
(C)2021 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

『英雄伝説 黎の軌跡(クロノキセキ)』

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2021年9月30日
  • 希望小売価格: 7,800円(+税)

関連する記事一覧はこちら