2周年から始める『ポケモンマスターズ EX』。思わず胸が詰まる本作オリジナルのキャラ掘り下げが…見事!

江波戸るく
公開日時

 DeNAがポケモンと協業して配信中のiOS/Android用アプリ『ポケモンマスターズ EX』が、2周年を迎えます。

 シリーズで一番新しい作品『ポケットモンスター ソード・シールド』のポケモンやトレーナーも次々と登場するようになり、話題を集めている本作が気になっている方もいるはず。そこで、2周年を迎えようとしている本作の魅力を、開催されているイベントとあわせてお届けします。

あの男とあのポケモンがバディーズに。“ダイマックス”登場!

 『ソード・シールド』に登場した、ポケモンが巨大化して迫力のあるバトルを繰り広げる“ダイマックス”。

 その性質上、『ソード・シールド』の舞台であるガラル地方でのみ見られるものでしたが、とある理由で、本作の舞台であるパシオでもポケモンがダイマックスすることが可能となりました。

 そこへ一番乗りしたバディーズが“マジコスダンデ&ムゲンダイナ”です。

●【公式】『ポケモンマスターズEX』マジコスダンデ&ムゲンダイナが登場!

 『ソード・シールド』をプレイした方なら「その組み合わせで来るのか!?」と思うのではないでしょうか。

 ダンデがムゲンダイナを伴うことになる経緯は、現在開催中のイベント“流星にほえる赤き盾”で描かれているので、気になる方はぜひともプレイしてみてください。

 また、イベントをクリアすると必ず“ホップ&ザマゼンタ”が仲間になってくれます。


  • ▲基本的には時間経過で回復するわざゲージ。それを増やしつつ攻撃できる“ムゲンダイビーム”が強力で、頼もしい存在です。
  • ▲イベントをクリアすれば、誰でも迎えられるホップ&ザマゼンタ。サポートタイプのバディーズで、味方を強化することが可能です。

 イベント“流星にほえる赤き盾”は、9月16日の14時59分まで開催されています。

※イベントに参加するには、メインストーリー(ソロ)第1章「共鳴する心(NORMAL)」をクリアする必要があります。

 マジコスダンデのピックアップが行われているバディーズサーチも同時刻までとなるので、お見逃しなく! ダイマックスを行えるバディーズは今後も追加されるとのことなので、続報を楽しみに待ちましょう。

伝説ポケモンイベントが復刻!

 バディーズとして登場するのは主人公たちやそのライバル、ジムリーダーやチャンピオンだけではありません。悪の組織のボスである人物や、旅を支えてくれる博士たちも本作ではポケモンと組み、バディーズとして共に戦うことができます。

 2周年の前後では、“★5アカギ&パルキア”、“★5プラターヌ&ゼルネアス”、“★5ゲーチス&キュレム”を仲間にできる伝説ポケモンのイベントが3つ同時に復刻開催されています。

 どのバディーズも強力なわざやスキルを持っており、イベントをクリアする必要はありますが、貴重な戦力となってくれるはず。彼らにフォーカスしたシナリオも楽しむことができます。

 伝説ポケモンイベント“新世界で交錯する心”、“与えるものと奪うもの”、“黒白の親子が求めた解”は9月16日の14時59分まで開催中です。

昔の話が聞けることも。“トレーナー”たちの掘り下げは見ごたえアリ!

 本作ではポケモンたちと共に在る“トレーナー”たちの個性の掘り下げも行われています。

 町にいる人々との会話や『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』の“ボイスチェッカー”などでもトレーナーたちの個性の一部を知ることができましたが、パシオにやってきた彼らはポケットモンスターシリーズでは見られなかった話をしてくれるのです。

 さりげない台詞から深堀りされていることもあり、ポケモンセンターにいるバディーズたちとの会話はこまめにチェックしたくなります。その中から一つピックアップしたいと思います。


  • ▲たとえば、ワタルからはこんな話が聞けます。しびれる。

 セキエイ高原のポケモンリーグでチャンピオンを務めるワタル。正義感が強いことは『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル』または『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』内のイベントからうかがうことができましたが、そこを再認識させてくれる話をしてくれます。彼の真っ直ぐさも伝わってきますね。

  • ▲そんな彼ですが、思わずほっこりするような台詞もあります。

 苦い敗北を経て、成長していくトレーナーたちを優しく、時に厳しく見守りつつ自身を磨く、良き兄貴分のような存在になったのだな、と改めて感じられます。「それとも いまから シッポ まいて かえるかい!」という強気な台詞を言っていた頃(四天王時代)が懐かしいです。

 また、バディーズの3Dモデルをじっくり見られるモードもあります。ボイスもいくつか聞けるようになっており、中には『ポケットモンスター』シリーズの名言があることも。

 筆者がシリーズで一番好きな台詞だと言っても過言ではない「どんな ときも あきらめない それは きみだって おなじだろ?」が入っていたことには感謝しかありません。まさかボイス付きでこれを聞ける日が来るとは……。

新鮮さを混ぜ込んだ、思い出をつつくBGM

 熱いバトルを彩る名曲の数々。本作では大胆なアレンジが行われているものも多く、聞いていると、懐かしさと真新しいものを受け止めた時の感情が入り交じります。

 公式Twitterでも時々BGMが紹介されており、試聴することが可能です。その中からいくつか抜粋します。

 ワタルとレッド、ダイゴとミクリ、アデクとサブウェイマスターなど、『ポケットモンスター』シリーズではバトル時に同じ曲が流れるトレーナーがいます。が、本作では個別にアレンジされており、それぞれのトレーナーに合った曲調となっているので必聴です。

“パシオならでは”のエピソード

 ある手段で人工島パシオへと集ったバディーズたちには、いくつもの出会いが待っています。中には、『ポケットモンスター』シリーズでは見られることのなかったやり取りを見ることができる場合も……。


  • ▲イベント“世界を彩る数式”より。

 『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』では、Nを探して前作の主人公はイッシュ地方から旅立ったことが語られており、作中では最後まで彼(彼女)は登場しません。Nとの再会がその後に叶ったかどうかは、長年プレイヤーの想像に委ねられていました。

 ですが、本作ではトウヤ(主人公/男の子)とNが『ポケットモンスターブラック・ホワイト』での別れを経て、パシオの地で再会することとなります。





  • ▲こういうやり取りがずっと見たかった……!

 本作はパラレルワールドのような位置にはあるものの、トウヤとNの再会が見られたことに感動を覚えたプレイヤーは多いのではないでしょうか。

 イベントラストの“ENDING〜それぞれの未来へ〜”が流れるところで、当時の記憶が蘇ります。『ブラック・ホワイト』でのNの台詞「サヨナラ……!」が「ヨロシク……!」になるという、対の演出は見事としか言いようがありませんでした。

 このような形で“パシオならでは”のエピソードを多く見ることができるのも、本作の魅力の1つです。『ポケマスEX』では過去のイベントの復刻も行われているので、今後このエピソードが復刻されることに期待したいですね。

2周年記念! お得なキャンペーンも実施中

 8月29日に2周年を迎える本作。最後にあらためて、2周年前夜祭として実施されているキャンペーンやイベントをご紹介します。

①“マジコスダンデ&ムゲンダイナ”登場
バディーズサーチ開催期間:開催中~9月16日14時59分まで

②“ホップ&ザマゼンタ”を仲間に! イベント“流星にほえる赤き盾”開催中
イベント開催期間:開催中~9月16日14時59分まで

③伝説ポケモンイベント“新世界で交錯する心”、“与えるものと奪うもの”、“黒白の親子が求めた解”が同時に3つ復刻
イベント復刻期間:8月19日~9月16日14時59分まで

④“ユウリピックアップ ポケマスフェス”開催中
バディーズサーチ開催期間:実施中~9月2日14時59分まで

⑤ダイヤやアイテムがもらえる“2周年前夜祭ログインボーナス”と“2周年前夜祭 ビンゴミッション”実施中
ログインボーナス実施期間:実施中~8月28日14時59分まで
ビンゴミッション実施期間:実施中~8月28日14時59分まで

⑥2周年前夜祭記念 ダイヤプレゼント!
プレゼント実施期間:実施中~9月18日21時59分まで

 全ユーザーにダイヤ3000個のプレゼントが行われています。期間中1回受け取ることが可能です。

⑦最大100連! 無料10連Bサーチ開催!
開催期間:開催中~10月7日14時59分まで

※期間中に最大10回プレゼントされる“無料10連Bサーチチケット”で実行できます。

⑧“フラダリピックアップポケマスフェス”開催中
バディーズサーチ開催期間:実施中~9月4日14時59分まで

 新要素を加えつつ進み続ける『ポケモンマスターズ EX』。

 筆者は本作を2019年のリリース時からのんびりプレイしていますが、周年でさまざまなキャンペーンが行われている今こそ、始めるのに絶好の機会だと思います。

 『ポケットモンスター』の世界の広がりを感じたい方はぜひ!

©2019 DeNA Co., Ltd.
©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

関連する記事一覧はこちら