【マチアソビ22】振り返りレポート後編は花江夏樹さん&鬼頭明里さんの一日駅長やライブレポなどを掲載

電撃オンライン
公開日時

 5月4~6日に徳島県徳島市で開催された複合エンターテイメントイベント“マチアソビVol.22”クライマックスラン。イベントまとめレポートの後編では、バリエーション豊富なイベントを、写真多めにピックアップ。

 今回のマチアソビは最終日こそ一時雨に見舞われたものの、非常に良い天気で多くの人が足を運んでいた。


 新町川沿いのパラソルブースでは、物販あり、イベントあり、飲食あり、撮影スペースありと、多種多様な楽しみ方ができるのがマチアソビ流。
 


■徳島駅一日駅長

 TVアニメ『鬼滅の刃』の主演を務める花江夏樹さんと鬼頭明里さんが5月5日に徳島駅の一日駅長として就任。そのオープニングセレモニーが行われた。

 構内アナウンスを努めた花江さんは、流暢なアナウンスを披露しつつ、「鬼滅の刃! 鬼滅の刃! 鬼滅の刃をよろしくお願いします!」と猛烈アピール。

 ホーム上では、アニプレックスの高橋祐馬氏が司会進行を努め、『鬼滅の刃』で花江さんと鬼頭さんが演じるキャラクターの魅力について聞くと、「炭治郎はとてもまっすぐな少年」と笑顔で答えた。鬼頭さんは禰豆子について「鬼になって強くなったので、これから炭治郎を助けていける」と語っていました。


 特急うずしおの出発に合わせ、一日駅長のお二人が出発の合図。多くのファンとともに見送りました。

■TVアニメ『インフィニット・デンドログラム』inマチ☆アソビ スペシャルトーク

 アニメ化が発表された『インフィニット・デンドログラム』の魅力を伝える、関西初のステージイベントが開催。

 ステージでは主人公のレイ・スターリングを演じる斉藤壮馬さん、ネメシス役の大野柚布子さん、番組プロデューサーを務める山中隆弘(博報堂DY ミュージック&ピクチャーズ)氏が登壇。進行役はスタジオマウスの納谷僚介氏。


 『インフィニット・デンドログラム』は作中で超人気のVRMMOが舞台。プレイヤーはそれぞれにジョブ(職業)と“エンブリオ”と呼ばれるプレイヤー固有の武器が与えられるという。本作ではどんなエンブリオが登場するかも見どころの一つだ。

 大野さんが演じるネメシスは非常に珍しい人型のエンブリオで、レイはパートナーであるネメシスとともに、さまざまな冒険に挑むことになる。

 もし、みなさんのジョブを大野さんが決めるとしたらと訪ねたところ……斉藤さんは“すだち酒”、山中さんは“しいたけ”、納谷さんを“塩”と珍回答を連発。凸凹チームっぷりを発揮していた。


 TVアニメ『インフィニット・デンドログラム』の今後の情報は公式Twitterでアナウンスがあるとのこと。フォローして待ちましょう。

■AIR AGENCYトークライブ『しゃべくりAIR』

 声優事務所AIR AGENCY主催のトークイベント『しゃべくりAIR』がシネマで開催された。

 会場には『Tokyo 7th シスターズ』シャオ・ヘイフォン役などを演じる森千早都さん、『モブサイコ100』で影山茂夫役を務める伊藤節生さんに加え、徳島県出身で『ラピスリライツ』などに出演の山本瑞稀さんが登場。



 声優になったきっかけや、自分の好きなものなどを明らかにして、ファンにより深く自分たちを知ってもらおうというイベントだが、好きなものを語るうちにトークは暴走気味に。

 伊藤さんがキス音を実演するなど、ファンには貴重な時間だったようだ。

■ACRYLICSTABライブ

 マチアソビ2日目を締めくくったのは、ロックバンドACRYLICSTABによるライブ。


 ACRYLICSTABはボーカル担当のUyuさん、ギター担当の阿部隆大さんの2人からなるユニット。さらにギターの野崎心平さん、ドラムのiKKiさんを加えた4人によるサウンドが徳島の夜に響き渡っていた。



 今回披露されたCiffonsの楽曲や、マウスプロモーションの朗読ライブなども担当する彼らだが、自分たちメインのライブではさらにヒートアップ。集まったファンとともに大いに盛り上がった。



 マチアソビで行われるイベントは本当に多彩で、自分が好きなものを楽しんでもいいし、今まで体験したことのないものに出会えることもある。次回開催のときには、ぜひ一度足を運んでみてほしい。


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
©海道左近・ホビージャパン/インフィニット・デンドログラム製作委員会
©AIR AGENCY