プフとユピー、絶頂。私を召し上がっていだく、それだけの事…!!【ハンター×ハンター再放送】

電撃オンライン
公開日時

 日本テレビのアニメ枠“AnichU”にて、TVアニメ『HUNTER×HUNTER』が再放送されています。今回は、8月18日2:59より放送予定の第128話“ムジョウノヨロコビ×ト×ムショウノアイ”のあらすじをお届けします。

 TVアニメ『HUNTER×HUNTER』は、冨樫義博先生の漫画を原作としたTVアニメ作品の第2作です(本作が2回目のTVアニメ化)。プロのハンターを目指す少年・ゴンと、個性的な仲間たちの冒険を楽しむことができます。

 今回放送される第128話“ムジョウノヨロコビ×ト×ムショウノアイ”では、“貧者の薔薇(ミニチュア・ローズ)”の爆発に巻き込まれたものの、かろうじて生きていた王を救うため、我が身を犠牲にするプフとユピーの忠義と献身が描かれます。

 “貧者の薔薇(ミニチュア・ローズ)”の爆心地にユピーの咆哮とプフの慟哭が響き渡りました。爆発に巻き込まれた王はかろうじて生きていたものの、今まさに息絶えんとしています。ピトー(宮殿)まではもたないと絶望するユピーに対し、覚悟を決めたプフが静かに告げました。

「大丈夫……!!」「私が王を救う」

「どうやって………!?」

「私を召し上がっていだく、それだけの事…!!」

 プフは極細化した分身を自ら王に食べさせることで、王の体の隅々までエネルギーを行き渡らせます。それを見たユピーも自身の細胞を液体に変えて王に飲ませ、劇的な回復をもたらしました。

「たまらぬ…。この味を知ってしま…っては、もう……他の物は喰えぬ……ではない…か」「足りぬ…もっとだ…!! 両方…とも、ありったけ…持って参れ……」

 その言葉を聞き、王と“再生”を共有した2人は感動に打ち震え、この上ない至高と極上の歓びに包まれます。

「これから……は余を、メルエム…と呼ぶがいい」「それこそ母より賜りし、余の名前………!!」

「!!!」

 爆発で焼け焦げていた体は再生され、明らかに以前より力も増し、完全復活した王・メルエム。しかし、今や王と肉体も精神も繋がってしまった2人は、王の“困惑”を感じ取ります。

「なぜ…余がここにいるのか、思い出せぬ………!!」

「ご記憶が…!?」

 爆発と再生の衝撃のためか、記憶に混乱が生じた王は、変わり果てた姿の2人に説明を求めます。そして、いったん宮殿に戻ることになりますが……。

「千載一遇の好機(チャンス)!!!」

 コムギの存在を危険視するプフは、この機に彼女を始末することを決意。密かに分身を先行させ、王に気付かれる前にコムギを殺そうとします。しかし、その“後ろ暗い感情”は王に筒抜けになっており……!?

 ネテロの“百式観音 零の掌(ゼロのて)”、そして“貧者の薔薇(ミニチュア・ローズ)”の爆発をもってしても倒せなかった王・メルエム。しかもプフとユピーの献身で完全復活を果たしましたが、記憶にダメージを受けたことで、この先の戦局にどんな影響がもたらされるのか……次回以降も目が離せません!

第128話“ムジョウノヨロコビ×ト×ムショウノアイ”あらすじ

 王・メルエムの変わり果てた姿を見たプフとユピー。この世の終わりを嘆くが如く悲しみに満ちた声がただ響き渡る。

 涙に顔を濡らし、絶望に苛まれる二匹。が、王はまだ死んではいなかった。

 プフは瞬時に王を救う方法を思いつく。

 「私を召し上がっていただく」。

 王の命を救うため自らの身を捧げるプフの表情は、絶望の涙から王をいやせる歓喜の涙に変わった。そして……

第128話“ムジョウノヨロコビ×ト×ムショウノアイ”放送日時

8月18日(水)2:59~3:29

TVアニメ『HUNTER×HUNTER』

放送情報
日本テレビ(アニメ枠「AnichU」)にて毎週水曜午前1時59分(火曜深夜)より再放送中
(※放送時間は変更になる場合があります)

■『HUNTER×HUNTER』に関連するアイテムを楽天で探す


※画像はTVアニメ『HUNTER×HUNTER』公式Twitterのものです。
©POT(冨樫義博)1998年-2011年 ©VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

関連する記事一覧はこちら