『イースIX』でパートナーとなる人物は? 過去の冒険でアドルを支えた相棒たちをチェック【電撃PS】

電撃PlayStation
公開日時

 日本ファルコムの人気アクションRPG『イースIX ‐Monstrum NOX‐(モンストルム・ノクス)』が、いよいよ9月26日に発売! そこで電撃PSでは応援企画として、過去の冒険をひも解き、『イースIX』との関連性や新たな見どころについて掘り下げていきます!

 その第5回は、アドルの冒険を支えてきたパートナーに着目し、アドルと知り合った経緯や劇中での活躍などを紹介! さらに『イースIX』でパートナーになりそうなキャラクターにも迫っていく!!

歴代のパートナーキャラ一挙紹介!

ドギ

登場作品:『イースI』『イースII』『イースIII』『フェルガナの誓い』『セルセタの樹海』『イースVI』『イースSEVEN』『イースVIII 』『イースIX』

 アドルのパートナー(相棒)といえば、ドギ! 『イースI』での出会い以降、最新作の『IX』にも登場し、その出演歴はアドルに次ぐ。

 ドギは、フェルガナ地方のレドモントの街で少年時代を過ごしていたが、あるとき街を飛び出す。そして、流れ流れてエステリアでゴーバンの率いる盗賊団に身を寄せることに。

 アドルとの出会いは、エステリアにあるダームの塔にて。ドギは、ラーバという老人の案内でダームの塔に入っていたが、その最中に魔物が出現。塔に閉じ込められてしまう。

 ラーバと離れ離れになって塔内を探索していたところ、アドルとルタ=ジェンマが牢に捕まっているところを発見。得意の剛腕で壁を破壊し、2人を救出した。

 エステリアでの出会いで意気投合したドギとアドルは、以降、ともに旅をすることに。故郷のフェルガナの危機をアドルと協力して退けたり、セイレン島では漂流者たちが暮らす漂流村の建設と管理を請け負ったり、カナン諸島では海賊のラドックとともにアドルの冒険をサポートしたり……。

 そして、アルタゴでは、パーティメンバーとして戦闘にも参加! ときには主力として、ときには裏方としてアドルを支えているのである。

 ドギで忘れてならないのが、アドルの出会いでも披露した“壁壊し”。彼がその技を披露したのは、『イースI』と『イースIII/フェルガナの誓い』、『イースVI』、『イースSEVEN』の5作品。そろそろ、新たな壁壊しシーンもみたい気も?

デュレン

登場作品:『セルセタの樹海』

 アドルが記憶を失った状態で始まる『セルセタの樹海』で、彼のパートナー的な役割を務めるパーティメンバー。ロムン帝国の辺境に位置するキャスナンの情報屋で、束縛されることを嫌う自由奔放な性格。やや面倒くさがりだが困っている人を放っておけないタイプで、アドルの冒険を手助けしていく。

 じつはセルセタの樹海に潜み住むダナンの民(《闇》と呼ばれる人々の末裔)の1人で、里の命令で《始原の地》にやって来たアドルを監視していた。

 デュレンはアドルが滝から落下したところを見ており、川に流された彼を助け、キャスナンの街に連れ帰った。同じ里出身のグルーダとは幼なじみ。パーティメンバーに加わるフリーダのことを密かに想っている。

ストーカー

登場作品:『イースV』

 サンドリアにあるフォレスタの洞窟でアドルが出会う魔人。”契約の腕輪”に取り憑いており、この腕輪を拾ったアドルの前に姿を現し、彼を導いていく。

 その正体は、幻の都ケフィンが封印された500年前に生きた魔法使い。ケフィンの封印と引き換えに氷漬けになってしまった恋人のフォレスタを守るために魔人となり、腕輪を使いこなせる者が現われるのを待ち続けた。

 契約の腕輪の持ち主がいないと現世に姿を現せないという特殊な存在のため、本編では直接行動することはほぼなかった。だが、ときどきアドルの前に現れて助言を与えたり、過去にケフィンで起きた真実を伝えるなど、要所要所で活躍。ラストには、ヒロイン・ニーナの命を救う。

ガッシュ

登場作品:『イースVI』『イースSEVEN』

 カナン諸島でアドルが出会う黒髪の傭兵。巨大なハルバードと符術の使い手で、かなりの戦闘力を持つ。アドルがカナン諸島での冒険を進めるなかでガッシュと何度も出会うが、そのたびに「余計なことに首を突っ込むな」と警告を残していく。

 その正体は、ロムン帝国の海軍の将校・エルンストの弟。兄の《ナピシュテムの匣》を復活させようとする計画を阻止するため、単身、カナン諸島へとやって来た。最後は兄を止めるために、アドルとともに行動。しかし黒き翼を得たエルンストにやられて重傷を負い、あとのことをアドルに託すのだった。

 その半年後、ガッシュは符術の師匠のシャリアーズに呼ばれてアルタゴの地へ。そこで竜の戦士になるよう頼まれるが、あとからアルタゴにやって来たアドルにその役を奪われてしまう。

 その後は、独自にアルタゴで起きている異変の調査を進めていくが、シャリアーズに言われてアドルたちと接触。以降は、パーティメンバーの1人としてアドルの冒険に力を貸すのだった。

 ガッシュも、デュレンと同じダナンの里出身。『セルセタの樹海』では名前は出ないものの、里人の会話でエルンストとガッシュの話を聞くことができた。

ダーナ

登場作品:『イースVIII』

 人よりも以前の時代に繁栄したエタニア王国の《大樹の巫女》。詳しい説明は応援企画第2回を参照のこと。セイレン島での冒険では、ドギが漂流村を取りまとめるサポート役に徹していたのに対し、彼女がパーティメンバーとしてアドルの冒険をフォロー。

 しかも、現代でアドルが行き詰まると、過去世界でダーナがヒモロギの苗木を植えてアドルたちが進むためのルートを確保するといったように、時代を超えてその冒険を助けた。

気になる『イースIX』でのパートナーは?

 『イースIX』でドギはアドルとともにアルタゴでの冒険を終えたあと、ロムン帝国の属領であるグリア・エルトリンゲン地方へ。だが、アドルは監獄都市バルドゥークでロムン兵に身柄を拘束され、収監されることに!?

 アドルは脱獄するようだが、その後、ドギをパートナーとして冒険を繰り広げていくのかは不明。ドギとのコンビで冒険を進めるのか、それとも新たなパートナーが登場するのか? 

 ちなみに、『IX』にはパーティメンバーとして怪人たちが登場。彼らはパートナー候補とも言えるが、どうもそれぞれが個別に活動している様子……。『イースIX』をプレイして、真実をチェックしよう!!

しめ切り間近! 電撃スペシャルパックも要チェック!!

 現在、電撃屋にて『イースIX -Monstrum NOX-』のソフトに電撃オリジナルの豪華特典を加えた『イースⅨ』電撃スペシャルパックの予約を実施中! 

 特典には『イースI』『イースII』の2作品でキーアイテムとして登場した“銀のハーモニカ”を再現したハーモニカや、本作に登場する怪人《白猫》をダーナ風衣装に変更できるDLCなど、ファンには見逃せないグッズが満載!! 第2次予約のしめ切りは9月1日なので、気になる人は急いで予約しよう!!

 詳しくは電撃屋をチェック!

(C)2019 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

イースIX ‐Monstrum NOX‐(モンストルム・ノクス)

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年9月26日
  • 価格: 7,800円+税

イースIX ‐Monstrum NOX‐(モンストルム・ノクス)数量限定コレクターズBOX

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年9月26日
  • 価格: 9,800円+税