新作『ガンダムエボリューション』クローズドベータテストに参加。FPSとしても『ガンダム』ゲームとしても魅力的

シュー
公開日時

 バンダイナムコオンラインが開発中の新作FPS『GUNDAM EVOLUTION(ガンダムエボリューション)』。本作のクローズドベータテストをレポートします。

 本作は、人気アニメ『ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツを用いて戦う6対6のオンラインFPSタイトル。スピーディーで没入感のある操作体験を実現したゲームを、基本プレイ無料で楽しめます。特徴あるさまざまなモビルスーツを乗り換えながら、チームで協力し勝利を目指します。

 8月8、9日に行われたクローズドベータテストに参加した際のプレイレポートを、『ガンダム』大好きライターのシューがお届けいたします。

 なお、画像や内容はすべて開発中のもの。

3種のルールがランダムで展開

 2対2、50対50など、数ある『ガンダム』シリーズの対戦ゲームですが、本作は6対6のチーム戦FPS。そのためか、一般的なFPSタイトルに多く見られるゲームルールが用意されていました。3種類ある各ルールを、クローズドベータテストでのスクリーンショットを交えて紹介していきます。

ポイントキャプチャー

 攻撃側と防御側に分かれて制限時間内に目標地点を占拠、もしくは防衛するルールで、第1エリアを占拠すると第2エリアが開放されます。1ラウンド終了する度に攻守交代し、より多くのエリアを占拠できたチームが勝利。

 いわゆる拠点占拠ルールで、防衛側は攻撃側よりも先に配置に付けるので、敵を待ち構えることができます。そのため狙撃やタレット、設置式地雷といった防衛向きの武器が輝くところです!

 攻撃側は味方が多いほど占拠スピードが上昇するので、いかに敵の攻撃を突破して占拠し続けるかが大切になってきます。ガンダム・バルバトスのような機動力の高いMSや、防御性能に秀でてるドムトルーパーが相性いい印象でした。

 占拠エリアに留まる必要があるため、範囲攻撃の爆弾や地雷、回復エリアなどの設置物も輝きますね。

デストラクション

 攻撃側と防御側に分かれて制限時間内に目標地点を破壊、もしくは防衛するルール。こちらもポイントキャプチャーと同様に第1エリア破壊後に第2エリアが開放されます。1ラウンド終了で攻守交代というのも一緒でした。

 ポイントキャプチャーと異なるのは、破壊目標の地点がはじめから2カ所存在すること。そしてどちらかの目標を破壊できれば次のエリアへ進めるということ。破壊するには破壊兵器を設置し、それの起動率が100%になるまで防衛する必要があります。

 破壊兵器は2点同時に設置できないため、どちらが主戦場になるか分からないのがおもしろいところです。また設置することも解除することも特定のボタンを押し続ける必要があるため、攻撃しながら行える占拠とは違い、無防備になる瞬間が存在するところにも駆け引きがありますね。

ドミネーション

 3つの目標の中からランダムに開放される拠点を占拠しあうルール。占拠し続けることでチーム全体の占拠率が上昇し、これが100%になると勝利となります。

 占拠地点が変化していくため、状況に合わせる戦況把握の大切さや、忙しい戦場の感じが個人的に好きです。拠点占拠向けの性能が必要ですし、移動性能も求められるなど、いろいろなMSの能力を合わせる必要があるところが、まさにチーム戦の醍醐味ですね。

本作独自の武装と細かなシステムについて

 起爆式爆弾やリペアグレネードを持つジムや、上に乗ったユニットを上空に跳ね上げるジャンプブースターを設置できるジム・スナイパーIIなど、いろいろな武装を使えるのはおもしろいと思いました。

 また近接攻撃ができるMSも決まっていて、基本は射撃戦がメインになるように調整されているような印象です。ちなみに簡易的な格闘もありません。

 チーム対戦ゲームでは、ユニットの性能が役割ごとに分かれていることが多いですが、いわゆるタンクやアタッカーという枠組みがなく、自由にチーム編成ができるのもポイント。しかし、編成時に同じMSを選ぶことはできないようです。

 ユニットごとのコストやリスポーン(再出撃)時間の差などもなく、対戦時のルールや敵チームによって切り替えていけるのは良い点ですね。リスポーン時にユニットを変更できるため、敵チームの苦手としているようなユニットを出すというのも可能となっています。

 味方を継続回復できるメタスやリペアグレネードを投げるジム、ガジェットを設置して範囲内の味方を回復できるペイルライダーなど、回復できる武装を持っている機体はなかなか多いです。

 また戦場の各地にハロを模した回復アイテムがある他、しばらく攻撃や被弾せずにいるとアーマーが自動回復する仕様もあるなど、チームに役割が固定されていないからこその仕組みやバランス調整は各所に見られました。

 全ユニットがスラスターによる高速移動やジャンプ、ステップによる回避を行えるうえに、滞空できるホバリングも可能と、MSらしい動きができることはFPSゲームとしては珍しい要素だと感じました。

 アッシマーが行えた変形は移動速度が大きく上がるわけではなく、高低差を無視して素早く有利な位置を確保できる強みがあります。上空からグレネードを投げるといった荒業も可能ですし、スラスター移動やジャンプだけでは入れない高所を通れるので戦術に幅が出ます。

まだまだクローズドベータ! 今後の展開が楽しみ

 参戦機体を見ると、ガンダムタイプばかりでないのはおもしろい選出だと感じます。特にオリジナル武装の数々は秀逸! 今度、どんなMSが出てくるのか、それでいてどのような武装を持っているのかが楽しみです。

 今回プレイしたものは屋内ステージが多いうえに、戦況をひっくり返せる大技“Gマニューバー”が強力ということもあり、攻撃面をあえて強くしている印象を持ちました。防御系の大技がなく、相手を止める手段が欲しいと個人的には感じました。とはいえ、今回は初めてのクローズドベータテストなので、今後どんな調整が行われて、楽しませてもらえるのか気になります!

 個人的には大型メガ粒子砲をぶっ放したいので、大砲のような単発ビームを放つユニットが欲しいですね! そんな妄想と期待を持ちつつ、次回テストを楽しみにしたいと思います。

©︎創通・サンライズ ©︎創通・サンライズ・MBS
※画面は開発中のもの。

関連する記事一覧はこちら