スクエニ新作RPG『鬼ノ哭ク邦』発売直前総まとめ

そみん
公開日時

 スクウェア・エニックスのPS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』が、いよいよ8月22日に発売されます。

 本作は、この世とあの世を行き来し、迷える魂を救う主人公・カガチが紡ぐ“命”の物語と、いわゆる“ジョブ”にあたる“鬼ビ人(オニビト)”をリアルタイムで切り替えながら行う、爽快かつ戦略的なバトルが特徴のアクションRPGです。

 発売直前ということで、本作のストーリーやシステム、鬼ビ人(ジョブ)についてまとめて紹介します。

 なお、本作の最新情報や企画記事(レビューやインタビュー)は特集ページにもまとめているので、そちらもご確認ください。

ストーリー:物語の舞台は、輪廻転生によって命が繁栄した世界

 輪廻転生によって命が繁栄した世界。人々は授かりし命を謳い、来世への祈りを捧げた。

 死に対する悲しみは、生者を縛り、死者をためらわせる。すなわち、死を悲しむことは、輪廻転生を妨げる禁忌に他ならない。

 だから人々は、その悲しみを笑顔に変えて、死者を送る。

 しかし、涙を忘れようとした人の心にも、救いが必要だった。そうして生まれたひとつの役割――

 人は彼らを、逝ク人守リ(いくともり)と呼んだ。

 彷徨える死者の魂“迷イ人(まよいと)”を救済する、いわば、生者と死者、この世とあの世の調停者の役割を担う存在。

 逝ク人守リは、迷イ人の未練を断ち、来世へと送る者。

 生者と死者の想いに触れ、命を尊ぶ者。

 これは、1人の逝ク人守リ、その命の物語――。

主人公・カガチ(声優:橋詰 知久)

 輪廻転生の理を体現する若き逝ク人守リ。人の命を来世につなげることこそが、自分の使命であると考えている。

 ゆえに、任務遂行のためなら、自らの手で他者の命を終わらせることにも躊躇しない。

 謎の少女・リンネとの出会いによって、血の運命に巻き込まれていく。

リンネ(声優:三上 枝織)

 かつて、少年時代のカガチの前に現れた不思議な少女。

 月日が流れ、逝ク人守リとなったカガチの前に現れた彼女は、昔と変わらぬ姿をしていた。

 自分の名前さえ忘れてしまった彼女のことを、カガチは花の名である“リンネ”と呼ぶようになる。

黒夜叉

 忘れられた過去と漆黒の業火をその身に纏う謎多き黒衣の剣士。怨念の鎖に縛られる黒夜叉の素顔を知る者はいない。

 罪の起源に翻弄され、闇を彷徨い続けるその男は、“憎しみを開放するため”に執拗なまでにリンネをつけ狙う。

クシ(声優:小山 剛志)

 日頃は余裕とハッタリをモットーにのらりくらりとしている印象だが、実は優秀な逝ク人守リであり、若者を導く頼れる存在。カガチの育ての親でもある。

 自分の事をあまり語りたがらないため、本音を知る者は少ないが、ひとり娘のマユラへの愛だけは隠しきれず周知の事実となっている。

マユラ(声優:Lynn)

 心優しい若き逝ク人守リ。クシの娘でカガチの幼馴染でもある。

 他者とのつながりを大切にしており、それは迷イ人に対しても、憑依している鬼ビ人に対しても変わらない。しかし、そのことが、逝ク人守リとしての自身を苦しめる要因にもなっている。

 輪廻転生の理、そこに生じる様々な矛盾。死者と生者の狭間でマユラは悩み続けている。

システム:対を成す2つの世界を探索

 本作には対を成す2つの世界、生者の世界“現シ世”と死者の世界“幽リ世”が存在します。

 逝ク人守リは2つの世界を自由に行き来できますが、初めて訪れる幽リ世では、五感が遮断された“幽リ世縛リ”状態となり、探索が困難です。

  • ▲生者の世界“現シ世”。
  • ▲死者の世界“幽リ世”。

 対を成す現シ世で幽リ世縛りを解く“縛リ戻シ”を持つ魔物“想イ主”を撃破し、幽リ世を探索可能な状態にしましょう。

 なお、一見同じように見える現シ世と幽リ世ですが、さまざまな法則が異なります。

 現シ世では破壊可能な建造物が幽リ世では壊せなかったり、乗り物が作動しなかったり、いつの時代からそこにあるのかも定かではない宝箱が放置されていたりします。

 2つの世界の法則を理解し、任務を進めていきましょう。

システム:カガチと鬼ビ人の成長要素

 本作ではカガチのレベルアップによる成長のほか、各鬼ビ人の強化に加え、武器の強化やカスタマイズが可能。

 メインのストーリーを追うだけでなく、アクションRPGらしい、ハック&スラッシュ要素も本作の特徴となっている。

鬼ビ人の強化

 鬼ビ人は、敵を倒すなどして入手した鬼魂(おにだま)を “技奥樹(ぎおうじゅ)”で使用することで新たな技を修得できます。

 攻撃技だけでなく、さまざまな能力を解放していくことで、自分好みのスタイルに成長させていくことが可能。一部の能力は編成中の全メンバーに効果があるため、パーティ全体の強さの底上げになることも。

 さらに、技奥樹を解放していくことで鬼ビ人のランクがアップし、ステータスの補正値が上昇していくメリットもあります。

武器の強化&カスタイマズ

 武器は武器師の店で強化可能。宝箱や魔物からのドロップで入手した武器を合成素材として、強化したい武器に合成を行うことで基本性能を強化できます。

 また、武器に“影石”をセットすることで、攻撃力UPや状態異常付与など、さまざまな特性を追加できます。各武器には影石を装着可能なスロットがあるため、複数の影石を装着することで大幅な強化が可能です。

ジョブ:鬼ビ人とは?

 鬼ビ人はいわゆる“ジョブ”の役割を担っています。鬼ビ人たちは固有の武器と特徴的なスキルを持っているため、憑依させる鬼ビ人によってプレイヤーの立ち回り方が大きく変わります。

 本作では、戦況に合わせ、リアルタイムで鬼ビ人を切り替えながら、バトルを優位に進めることが重要です。

 逝ク人守リとして強い力を持つカガチは、最大4人の鬼ビ人を自由に切り替えながら戦うことができます。

鬼ビ人との同調率と“鬼哭化”

 カガチが戦闘を行うことで、憑依させているすべての鬼ビ人との同調率が上昇。同調率は編成している鬼ビ人すべてに影響を及ぼし、鬼ビ人を切り替えてもリセットされません。


  • ▲同調率が60%台の与ダメージにくらべ、200%まで上昇した際の与ダメージは倍近くまで上昇。逆に被ダメージも上がっている状態のため、注意が必要です。

 同調率が上昇すると攻撃力が上がるメリットがありますが、同調率を上昇させすぎると防御力が徐々に減少して被ダメージが増加してしまうというデメリットも生じます。

 また、同調率が100%を超えると“鬼哭化”が可能。鬼哭化中は、通常攻撃、鬼ビ人固有の技が強化されるほか、技自体の効果が変わる、攻撃の隙が少なくなるなど、圧倒的な戦闘力で敵を圧倒できます。

鬼ビ人たちの記憶

 技奥樹から鬼ビ人の記憶を解放することで、鬼ビ人たちの失われた遠い日の記憶を垣間見ることができます。

 彼らが迷イ人となった原因、その強い想いとはなんだったのか? 記憶を失ってもなお、彼らを突き動かす純粋かつ強大な意思とは?

アイシャ(声優:大空直美)

 カガチが逝ク人守リになった時から、ともに相棒として行動している、情熱的で愛情深い鬼ビ人。

 遠い記憶に残るのは、ひとときの幸福と愛への激しい渇望。

  • ▲アイシャはダッシュによる回避行動が可能で、刀での攻撃は隙が少なく威力もあるため、攻防のバランスに優れています。

ザーフ(声優:赤羽根健治)

 鬼ビ人となった今も、人の内にある儚さを漂わせる、生真面目で正義感の強い鬼ビ人。

 遠い記憶に残るのは、自分に向けられた誰かの憎悪と激しい後悔。

  • ▲ザーフは、槍を使った突進力のある攻撃が持ち味で、多少の被弾ではひるみません。ジャンプを活用することで、立体的な立ち回りが可能です。

ウィル(声優:代永翼)

 明るい性格で、親しみやすい性格の鬼ビ人。しかし前世の影響からか、本心では他者を信じることを恐れている。

 遠い記憶に残るのは、幸福と混ざり合う憎悪と流浪の日々。

  • ▲ガードの上からでも敵を叩き潰すことができる攻撃力は鬼ビ人随一。さらに、大きい斧を使ったガードで敵の攻撃を凌ぐこともできます。

ディーア(声優:佐藤聡美)

 丁寧な口調と優雅な振る舞いから気品さえ感じられる鬼ビ人。いつも自分のことよりも、周囲を優先する。

 遠い記憶に残るのは、闇を彷徨い歩く自分と、掌の小さな光。

  • ▲ディーアは弩と銃の二刀流による、連射性の高い遠距離攻撃が得意。滞空時間の長いジャンプが持ち味で、間合いを取りながら攻撃できます。

イザナ(声優:豊口めぐみ)

 どんな時でも冷静で、決して何者にも流されない。生者の言葉や感情をじっと観察し続けている孤高の鬼ビ人。

 遠い記憶に残るのは、死者の冷たい涙と生者の歪んだ笑顔。

  • ▲鎌を使った広範囲かつ、破壊力の高い攻撃が魅力。瞬間移動により、敵の死角を突いた攻撃も可能です。

リガン(声優:阿部 敦)

 天性の戦闘センスを持つ鬼ビ人。育った環境ゆえか、言葉使いは粗いが優しい心の持ち主である。

 遠い記憶に残るのは、差し伸べられたあたたかな手と拒絶する自分。

  • ▲双剣を使った隙の少ない素早い攻撃が可能で、手数の多さは鬼ビ人随一。カウンター技やローリングによる回避を駆使しながら、テクニカルに戦うことが可能。

ガウォード(声優:置鮎 龍太郎)

 何事にも動じない、大胆不敵な鬼ビ人。一方で他者の仕草や、表情変化にはとても敏感であり、配慮を怠らない。

 遠い記憶に残るのは、愛する者たちと失意の瞳。

  • ▲扱いが難しい盾砲(たてほう)の使い手。シールドによる高い防御力は勿論、重量を活かした近接攻撃と、破壊力が高い砲撃が持ち味。

トレイズ(声優:程嶋しづマ)

 知識を貪欲に探し求める鬼ビ人。いかなることにでも興味を示すが人間社会への興味だけは極端に薄い。

 遠い記憶に残るのは、奇異の目で自分を見つめる人々。

  • ▲鎖を使った変幻自在な攻撃が持ち味で、状態異常の扱いが得意である。ジャンプ中に鎖を駆使することで高速移動することもできる。

ルシカ(声優:桑島法子)

 自分の全てを宿命に捧げる鬼ビ人。永遠と感じられる程の時を漂いながらひたすらに、力と知恵を追い求める。

 新しい時代を切り拓こうとする者に感じるのは希望の光。

  • ▲能力を高める装置を生成しながら高い格闘技術を駆使して戦う。バリアを展開しながら攻撃を防ぎ技を連携させて、高火力を叩き出す。

特典情報について

Amazon.co.jp(PS4/Switch共通。【Amazon.co.jp限定】の商品が対象です)

  • ▲Amazon.co.jp特典のオリジナル和紙“風”ポストカード(5枚セット)

スクウェア・エニックス e-STORE(PS4/Switch共通)

  • ▲e-STORE限定特典のダブルポケットクリアファイル(A4サイズ)※数に限りがあり、なくなり次第終了となります。

PS Store(対象期間は8月21日23:59まで)

1:10%割引
2:槍“エムリス”(鬼ビ人“ザーフ”が装備可能な武器)
3:『鬼ノ哭ク邦』オリジナルダイナミックテーマ(キャラクターデザインを担当したタイキ氏によるキービジュアルを基調としたオリジナルダイナミックテーマ)

  • ▲予約購入特典である槍“エムリス”。
  • ▲PlayStation Storeの予約購入特典のオリジナルダイナミックテーマ。

My Nintendo Store(対象期間は8月21日23:59まで)

1:10%割引
2:刀“桜花雪月”(鬼ビ人“アイシャ”が装備可能な武器)

  • ▲予約購入特典である刀“桜花雪月”。

STEAM(対象期間は8月23日まで

1:10%割引
2:斧“ティターン”(鬼ビ人“ウィル”が装備可能な武器)
3:『鬼ノ哭ク邦』オリジナル壁紙

  • ▲予約購入特典である斧“ティターン”。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2019年8月22日
  • 価格:5,800円+税