『ポケモンユナイト』ゲッコウガやサーナイト、ウッウは調整前後でどう変わった?

シュー
公開日時

 Tencent GamesのTiMi Studiosとポケモンの共同開発による、Nintendo Switch/iOS/Android用ゲーム『Pokemon UNITE(ポケモンユナイト)』で、アップデートが行われました。

 この記事では、アップデート内容の修正前と後を比較して各ポケモンの調整内容をお届けします。

 今回は全10体のポケモンに調整が行われました。こちらではアタック型のポケモン5匹の調整内容を解説します。

アタック型5匹のポケモンの調整内容を比較

 全体的に不具合修正がメインとなったアタック型。ゲッコウガは上方修正が中心となっています。

アローラキュウコン

調整内容
・とくせい・ゆきふらし:草むらにいる見えない相手ポケモンにも効果が発動していた不具合を修正
・オーロラベール:範囲内にいる間“とくせい・ゆきふらし”の発動頻度が上昇していた不具合を修正

 アローラキュウコンは不具合の修正が2点。周囲にいるポケモンを自動で攻撃できる“とくせい・ゆきふらし”が便利だっただけに、草むらに隠れているポケモンをあぶり出せなくなりましたね。

 これまで以上に草むらに対しての警戒度を増やす立ち回りが大切になりそうです。

サーナイト

調整内容
・通常攻撃:強化攻撃が相手のポケモンの特防を下げていなかった不具合を修正
・サイコキネシス:命中した相手のポケモンの特防を下げる効果を追加

 前回追加されたサーナイトは、通常攻撃と”サイコキネシス”で特防を下げる効果が発揮されました。とくこうの高いサーナイトとってかなりの追い風ですね。下がった特防に”サイコショック”の絶大なダメージが期待できそうです。

ゲッコウガ

調整内容
・えんまく:わざの効果を弱体化
 わざの待ち時間を延長
・みずしゅりけん:わざの待ち時間を短縮
 相手のポケモンに与えるダメージ量が増加
・かげぶんしん:わざの待ち時間を短縮

調整前のわざ

調整後のわざ

 ゲッコウガはわざの上方と下方修正が両方。まず”えんまく”は通常攻撃の強化が少し弱くなったようです。さらに待ち時間が増え、HPの低いゲッコウガにとって逃げ性能がやや低下印象。

 一方で”みずしゅりけん”はダメージアップと待ち時間短縮で、かなり有効なダメージソースになりました。”かげぶんしん”も待ち時間が短縮され、忍者らしい機動力の高さが上がりました。

エースバーン

調整内容
・通常攻撃:強化攻撃が準備されている間、移動速度が上昇していた不具合を修正

 エースバーンは不具合の修正。強化攻撃準備中に移動速度アップを受けていたものがなくなりました。微妙な使用感の変化に注意です。

ウッウ

調整内容
・ぼうふう:一部の野生のポケモンにダメージを与えられなかった不具合を修正

 ウッウも不具合の修正。”ぼうふう”が野生のポケモンにもしっかり命中するようになり、拘束させやすくなったことで倒しやすくなりましたね。

 以上が、アタック型のポケモンたちの調整内容となります。もう一つの記事では、ディフェンス型のポケモンとガブリアス、プクリンについて掲載しているので、そちらもあわせてチェックしてみて下さい!

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
©2021 Tencent.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

関連する記事一覧はこちら