『涼宮ハルヒの憂鬱』再放送(21話)は“涼宮ハルヒの溜息II”。CM撮影で、朝比奈さんの艶姿を堪能!?

電撃オンライン
公開日時

 2009年に放送されたTVアニメ版『涼宮ハルヒの憂鬱』が、テレ玉にて毎週金曜日23:30より再放送中!

  • ▲涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX

 8月27日(金)23:30より放送される21話“涼宮ハルヒの溜息II”は、文化祭での出し物のため、SOS団で自主制作映画を作るエピソードの第2回です(全5回)。

 ハルヒたちの映画作りがいよいよ具体的に始まりました。キョンは、ハルヒが作ってきたキャスティング表を見て驚きます。

 なぜなら、朝比奈さんが未来人のウェイトレス、古泉が超能力少年、長門が悪い宇宙人という配役だったからです。

 キョンは、何か裏があるのではと疑いますが、古泉も長門もまったく気にしてない様子。とくに古泉は、世界を心配するより、自分を心配するよう諭すのでした。自分や長門の代わりはいるけど、キョンにアンダースタディー(代役)はいないからと、何やら意味深な感じです。

 そして次の日、ロケに行くのかと思ったら、向かった先は以前にスポンサー探しを行った商店街。ハルヒは「これからCMを撮ります」と、高々と宣言するのでした。

 実はハルヒは、映画の途中にCMを入れる条件で、スポンサー様から機材を入手していたのでした。そして始まったCM撮影は、朝比奈さんの活躍(!?)により、無事終了することができました。

 さらに次の日、駅前からバスで30分+徒歩で30分の山中にある森林公園で、今度こそ映画の撮影が始まるのですが、どうやらハルヒは納得いかない様子で……!?

 遅々として進まない映画(+CM)撮影を通して、朝比奈さんのさまざまな艶姿を存分に堪能できるエピソードです。今回もまだ“事件”は起きませんが、ハルヒの機嫌が悪いので、何かが起こる予感はヒシヒシと伝わってきます。

第21話“涼宮ハルヒの溜息II”あらすじ

 文化祭でハルヒが提案したのは「映画」上映だった。映画の中身は内緒。ハルヒの頭の中にしか、ストーリーがないって訳だ。

 着々とその準備に取りかかるハルヒだったが、どうも様子がおかしい。

 それもそのはず。主人公は「未来からやって来た戦うウエイトレス=朝比奈ミクル」なんだから。


(C)2006 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団 (C)2007,2008,2009 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団

関連する記事一覧はこちら