これで付き合ってないってマジ? みさおちゃんの真っ直ぐな好意とシチュがたまらない…!【メシアガール日記#6】

ライオン松本
公開日時
最終更新

 EXNOAから配信中のPC・スマホブラウザ向け新作シミュレーションRPG『救世少女メシアガール』

 元勇者が腹ペコな美少女たちにごはんを振る舞って世界を救う……いろいろな意味で新しいゆるふわなシミュレーションRPGな本作のプレイ日記をお届けしていきます!

 今回は、主人公が勇者だった時代から現在までずっと支え続けてくれている少し天然で、のんびり屋な“みさお”をピックアップして紹介します!

みさお(声優:蒼依ハル):ずっと主人公を支え続けてくれる健気な姿と真っ直ぐな好意……こんなの好きになるっ!

名前 みさお
イラスト さそりがため
声優 蒼依ハル
好物 オムライス
プロフィール このゲームのナビゲート役。かつて勇者だった主人公を支えてくれていた従者の少女。料理の腕はピカイチだった。しかし魔王によって能力置換されてしまい、料理の才能を全て主人公に移し替えられてしまった。かわりに剣術の才能を身に着けているはずだが……のんびり屋なのでまるで覚醒していない。

 まずは軽く今回紹介していくみさおちゃんについて。

 彼女は主人公が魔王を討伐するより前から、従者としてずっと支えていてくれた女の子です。現在は魔王を倒した際に残された呪いで、みさおが元々持っていた料理の才能と主人公の勇者の力を入れ替えられてしまっています。

 他にも紆余曲折あり、今はその身に宿る勇者の力を目覚めさせる為に修行中です……が、彼女の元来の性格ゆえか覚醒は遠そうです。

 ゲームスタート時点でみさおちゃんと主人公は約500年の付き合いゆえに、かなり和気あいあいとした雰囲気です。

 みさおちゃんの主人公への接し方も信頼100%の好感度マックス状態で、逆もまたしかりと「これで付き合ってないってマジ?」というが筆者の率直な感想でした。……いやマジであまーい掛け合い多くて、びっくりしますよ。

  • ▲みさおちゃんとの“とある”エピソードの一幕。ゲームを始めてすぐに読むことができるんですが、ひたすらイチャイチャしております。
  • ▲今の自分に自信のない主人公にみさおちゃんがいった言葉がこれ。もう好きじゃん!!

 こんなにも相思相愛なのが見て取れるのに、お互いにどう思っているか不安がっている姿にニヤニヤが止まりません。アオハルっていうのはどんな世界観でも読んでいる私たちの心を豊かにしてくれます……。

 と言うかシミュレーションゲームですし、この主人公に自己投影して楽しむのもいいのでは? と軽い気持ちで読み直してみたんですが、先程までの萌えとはまた違うものを楽しめました。

 みさおちゃんから掛けられる言葉が誰かではなく、自分と言う認識に変わるだけで……もう、たまらんっ! 好きになるっ!

手を繋ぐだけでドキドキできる……そんな淡くて青い姿が“良”い

 続いて個人的に大好きだったみさおちゃんのイベントをひとつピックアップして紹介させていただきます。

 (本人たちは気づいていないようですが)普段はどこでも構わずイチャついている主人公とみさおちゃんですが、あるデートイベントではかなり初心な姿を楽しめます。

 まぁデートとは言いましたが、内容は近くの湖までのお散歩。初めは男を見せなきゃいけないと力が入りすぎた主人公がひとり緊張している様子がみて取れます。

 いつでも一緒にいる女の子とは言え、男なら気合い入れるよなーと共感しつつ読んでいましたが、一方でみさおちゃんはなんだか余裕があるみたいでした。

  • ▲ニコニコなみさおちゃんとは裏腹に内心ドキドキな主人公。

 とりあえず雰囲気を作ろうとみさおちゃんにアプローチをかけていきますが、そんな主人公の無理をした姿はすぐに見破られてしまいます。

 デートしている相手に可愛いと言うだけで、この緊張ぶりは思春期真っ最中の中高生のようで「青いなー」と思って読んでいました。

 みさおちゃんの方はそんな主人公に無理はしなくて良いといろいろと察しているご様子。とは言え、男のプライドがある主人公としては、いつも通りだと言い張るしかないですよね。

  • ▲主人公のなにげない“いつも一緒”と言う言葉でご機嫌になっているあたり、みさおちゃんもみさおちゃんで重症のようです。

 そんな雑談をしながら道を歩くふたり。そんなとき、ふと主人公がデートだからとみさおちゃんの手を取ります。繋がれた瞬間は少し驚きつつも、気にしていなかったようなみさおちゃんでしたが、我慢できなくなったのか顔を赤らめて照れないかと聞いてきます。

 そんなみさおちゃんにしれっと誰もみていない、なんて言葉を返すあたり、多分真顔なんだろうなーと。しかも自然に恋人繋ぎとか、さっきまでの羞恥心は何処に?

 初めはしれっと返していた主人公でしたが、だんだんとみさおちゃんの恥ずかしさが伝染したかのように言葉が少なくなっていきます。

 しかし手だけはしっかりと握っているようで、もう見ているこっちがヤキモキしてしょうがないラブコメのようなシーンでした。

 こう言ったシーン……じれったいけど踏み込めない付き合う一歩手前特有の女の子の可愛さ、ほんと大好きです。余裕がどんどんなくなって、小さくなっていくみさおちゃんの描写がめちゃくちゃ可愛くて……良いものを見せていただきました。

 そんなわけで今回は、『救世少女メシアガール』のナビゲート兼ヒロインを務める、みさおちゃんの個人的にツボだったシーンを紹介させていただきました。

 ずっと主人公の側にいたからこその距離感、それゆえに踏み込めない一歩……でも好意は真っ直ぐと男が好きになる要素だらけな魅力的な女の子でした。

 忘れかけていた何かを思い出させてくれるような……圧倒的な“良さ”があります!

©2021 EXNOA LLC

関連する記事一覧はこちら