90年代日本が舞台のサバイバルホラー『夕鬼 零 Yuoni:Rises』が半額セール

電撃オンライン
公開日時

 トライコアは、Nintendo Switch/Steam用タイトル『夕鬼 零 Yuoni:Rises』を50%オフで販売するキャンペーンを開催中です。

 以下、リリース原文を掲載します。

【【トライコア】『夕鬼 零 Yuoni:Rises』が50%OFF!『夕鬼 -Yuoni-』発売キャンペーンのお知らせ】

 株式会社トライコアは、2021年8月19日発売のPlayStation4/Steam用サバイバルホラー『夕鬼 零 Yuoni:Rises』のリリースに伴い、前作のNintendo Switch/Steam用サバイバルホラー『夕鬼 零 Yuoni:Rises』50%OFFキャンペーンを行います。

 8月19日リリースの『夕鬼 -Yuoni-』は1990年代日本を舞台にした一人称視点のサバイバルホラー。

 自分で気づかないうちに心に殻を作ってしまった少女は、無理やり誘われた肝試しに参加したことで、ツンと呼ばれる幽霊に取りつかれ、夕焼けの世界へと連れ去られ遊ぶよう強要されてしまう。

 夕方の世界で少女を襲うのは、影しかない人間、目玉の化け物……夕方の世界で化け物から命からがら逃げ惑う日々。

 ――やがて、怪異は現実世界にも表れ始めます。そして、少女も……。

 という内容で、肝試しをベースに、脱出に必要なアイテムを探す『かくれんぼ』のような前半パートから、手に入れたアイテムをもって逃げる後半パートの『鬼ごっこ』へと変化します。

 舞台は、奇怪な夕焼けの世界。病院の扉を開けたはずが日本家屋につながり、ふすまを開けたのに学校へとつながる…三つの空間は法則性もなく接続しています。赤い夕焼けに染まる学校廊下、障子から差し込む斜陽、電気の切れた病室の赤と黒のコントラスト…。不気味な夕焼けは、ノスタルジーと美しさも併せ持ちます。

 プレイヤーキャラクターは小学五年生の少女。そのため、敵を倒す手段を持ちません。目の見えない敵は息を止めてやり過ごし、耳の聞こえない敵からは身を隠しながら歩き、時には走りぬけることも必要となりますが、大人ほど速く走れません。ロッカーやベッドの下、押し入れなど、どこか身を隠す場所に逃れないと、すぐに追いつかれてしまいます。

 そんな『夕鬼 -Yuoni-』の前作で、今回セールの対象となる『夕鬼 零』は椅子に座り、物語を読み進める追体験型VRノベルゲームです。舞台はインターネットがまだ一般的ではなく、携帯電話も一部の大人の持ち物にすぎなかった1990年中盤の日本。描かれているのは、家庭の事情に悩む、二人の小学生が巻き込まれた恐怖体験で、『夕鬼 -Yuoni-』の発売に伴い9月1日まで50%OFFキャンペーンを行います。価格は640円です。

 独特の世界観で描かれる少年少女たちのホラーをこの機会にぜひお楽しみください。




夕闇にたたずむ、追体験型ノベルゲーム

 『夕鬼 零』は椅子に座り、物語を読み進める、追体験型VRノベルゲームです。

 舞台はインターネットがまだ一般的ではなく、携帯電話も一部の大人の持ち物にすぎなかった1990年中盤の日本。描かれているのは、家庭の事情に悩む、二人の小学生が巻き込まれた恐怖体験です。

 ボタン入力でページをめくり、彼らの苦悩と恐怖をリアルな空間で追体験しながら、スケッチブックは誰のものなのか、そもそも、自分は一体何者なのか――。閉じ込められた夕方の教室で推理をしてみてください

ストーリー

 1990年代中盤、ある夏の日、ある地方都市――小学生五年生のシュウジは、「オトナのジジョウ」により引っ越しを繰り返す生活を続けていた。仲が良くても、必ず失われる関係性に、シュウジは友情というものを信用しなくなっていった。

 「ツンって知ってるか?」

 その日、ナミとシュウジは、ガキ大将のゴトウから学校の怪談を聞かされる。

 整合性の取れていない怪談話に、ナミは下らないウワサと断じ、シュウジも真に受けていなかったが……。

『夕鬼 零 Yuoni:Rises』商品概要

プレイ人数:1人
対応コントローラー:Nintendo Switch Proコントローラー
対応ハード:Nintendo Switch/Steam/Steam VR
対応言語:日本語,中国語(繁体字),英語
対応VR:OculusRift/HTC Vive

©2019 Tricore Inc.

関連する記事一覧はこちら