映画『サマーゴースト』Z会との新コラボムービーが解禁

電撃オンライン
公開日時

 11月12日公開の映画『サマーゴースト』において、Z会との新コラボムービーが公開されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

11/12公開 loundraw初監督映画「サマーゴースト」Z会との新コラボレーションムービー解禁!!「サマーゴースト」初公開カット含む渾身の240秒アニメーション

 このたび、今年11月12日に全国公開予定の映画「サマーゴースト」にて、Z会との新コラボレーションムービーが解禁となりました。

映画「サマーゴースト」について

 今年11月12日(金)より全国公開が決定している映画「サマーゴースト」は、気鋭のイラストレーターloundraw(ラウンドロー)が監督を務める短編アニメーション作品。

 透明感・空気感のある色彩と被写界深度を用いた緻密な空間設計を得意とし、小説「君の膵臓をたべたい」「君は月夜に光り輝く」などの装画から、近年は劇場版「名探偵コナン」、劇場アニメ「ジョゼと虎と魚たち」をはじめとするアニメーション作品へのクリエイター参加も行うなど、マルチな活躍をみせるloundrawの初監督映画作品ということで注目を集めています。

 脚本を手掛けるのは安達寛高(乙一)で、忘れられない“ひと夏の出逢い”を現代青春群像劇として描き出します。

新情報:Z会×映画「サマーゴースト」新コラボレーションムービー解禁!今年2月に公開された60秒Ver.に新作カットを加えて240秒のアニメーション映像が完成

 『様々な悩みや葛藤を抱えながら今を生きる若者たちへ、彼らを励まし応援するメッセージとなる映像を制作して欲しい。』というZ会からloundrawへのオファーをきっかけに実現した映画「サマーゴースト」とZ会のコラボレーション。

 Z会とアニメーション作品とのコラボレーションは2014年に公開された新海誠監督との「クロスロード」以降、約7年ぶりとなります。

 “「サマーゴースト」の世界に存在するもうひとつの物語”として制作されたコラボレーションムービー「一番近くて遠い星」は、志望校合格をめざす天文部の高校生「香織」を主人公としたアニメーション。

 今年2月にYouTubeで60秒バージョンが公開されていますが、このたび新規カットを加える形で240秒のフルバージョンが解禁となりました。

 「一番近くて遠い星」「サマーゴースト」の2作品には共通して“光が照らす未来へ、世界はつながっている”という、不確かな未来に向き合うすべての人達へのメッセージが込められています。

 映像内には「サマーゴースト」のメインキャラクターである3人の高校生、友也・あおい・涼も登場しており、映画本編内の初公開カットも多数盛り込まれています。是非映画の公開に先駆けて、本映像をご覧ください。

Z会×映画「サマーゴースト」コラボレーションムービー「一番近くて遠い星」




Z会×映画「サマーゴースト」コラボレーション

「一番近くて遠い星」 CAST&STAFF
監督・演出・キャラクターデザイン・作画監督・美術監督・撮影監督・編集:loundraw
香織:東山奈央
雪:Lynn
楽曲:『ここにいるよ』(歌:岩男潤子)
アニメーション制作:FLAT STUDIO
製作:Z会

©サマーゴースト

関連する記事一覧はこちら