『龍が如く0』オリジナルストーリーが読める『龍オン』救援イベント“戦闘狂への挽歌”プレイバック

まり蔵
公開日時

 セガゲームスが配信するiOS/Android用アプリ『龍が如く ONLINE(以下、龍オン)』。本作で8月8日まで開催されていた救援イベント“戦闘狂への挽歌”のストーリーを振り返ります。

 『龍が如く』シリーズファンの声に応えるための新プロジェクト“REBORN PROJECT”をスタートさせた『龍オン』。7月31日~8月8日には、1作目『龍が如く』より過去を描いた人気作『龍が如く0 誓いの場所』に関連した期間限定イベント“戦闘狂への挽歌”を開催しました。

 このイベントに合わせて、限定キャラクターも登場。真島吾朗は、『龍が如く0 誓いの場所』でキャバレーの支配人だった時のイラストで登場しました。

イベント限定キャラクター

SSR[グランド支配人]真島吾朗

SSR[鬼仁会会長]西谷誉

SSR[盲目の逃亡者]マキムラマコト

※注:イベント登場キャラクターは、現在は獲得できません。

救援イベント“戦闘狂への挽歌”プレイバック

 “戦闘狂への挽歌”では、『龍が如く 極2』の時代に真島が大阪・蒼天堀を訪れたことをきっかけに物語が始まります。

  • ▲かつての因縁の地、大阪・蒼天堀にやってきた真島吾朗。東京に帰る前日、眠りについた真島吾朗はある夢を見る。
  • ▲夢の中で、真島は時を遡りキャバレーグランドの支配人時代に戻っている。そんな中、店に厄介な客が現れたとの知らせが。
  • ▲その客とは鬼仁会会長、西谷誉だった。かつて真島と死闘を繰り広げ、真島を庇い散ったすべてが規格外の男。
  • ▲夢の西谷は真島の心中を勝手に語り始める。今回の大阪再来で過去の“心残り”にカタをつけたこと。だが、本当はもう1つ大きなわだかまりを残していること。

 ここで触れられている“心残り”とは、ピックアップキャラクターとして登場した“マキムラマコト”に関するエピソードとなります。気になる人は、ぜひ『龍が如く0 誓いの場所』と『龍が如く 極2』をプレイしてみてください!

  • ▲そのわだかまりとは“自分との命を張ったケンカ”だと言う西谷。
  • ▲真島はようやくこれが夢であることに気付く。
  • ▲しかし、西谷の指摘に真島は己の“心残り”を自覚する。
  • ▲そして、戦いが始まる。かつての戦闘狂を弔うかのように……。

 『龍が如く』シリーズキャラクターの人気投票で、ともにトップ10入りを果たしている“真島吾朗(1位)”と“西谷誉(9位)”。今回の物語は、真島吾朗というシリーズでおなじみの人物像に大きな影響を与えた西谷との絆が描かれています。

救援イベント“戦闘狂への挽歌”エピローグ

  • ▲戦いを終えた二人。西谷の顔には満足げな表情が浮かぶ。
  • ▲夢と知ってなお、真島は西谷に想いを伝える。命を救われたこと、何より生き様を教えられたこと……それらへの感謝を。
  • ▲そして目覚める真島。真島には神室町での命懸けで最高にスリリングな毎日が待っている。

 『龍が如くONLINE』では、今回の“戦闘狂への挽歌”をはじめ、歴代のキャラクターたちの書き下ろしエピソードや、キャラクターストーリーが楽しめるイベントなどが開催されています。

 今後も続々と、シリーズキャラクターの登場やイベントが予定されているので、お見逃しなく!

©SEGA