『七つの魔剣が支配する』8巻は骨の魔人との決戦

電撃オンライン
公開日時

 『七つの魔剣が支配する』シリーズの最新作『七つの魔剣が支配するVIII』(著者:宇野朴人、イラスト:ミユキルリア)が、電撃文庫(KADOKAWA)から9月10日に発売されます。

 本シリーズは、名門キンバリー魔法学校を舞台に、新入生の“オリバー”と、日本刀を持つサムライ少女“ナナオ”が織りなす、運命の魔剣を巡る学園ファンタジー。

 第8巻では、キンバリーの今後を左右する“決闘リーグ”が盛り上がる中、“骨抜き事件”の犯人を追って地下迷宮の放棄区域へと向かうのですが……。

あらすじ:決闘リーグ&骨の魔人との決戦! 至高の魔法バトルファンタジー第8弾!!

 最上級生たちが登場し、さらに盛り上がりを見せる決闘リーグ。

 一方その裏で、ゴッドフレイの骨を奪還するため、ナナオたちはリヴァーモアを追い、地下迷宮の放棄区画へと突入した。

 無数の死者が住まう王国で幕を開ける、決闘リーグでの三人一組に上級生を加えた編成での捜索。

 数多の骨獣から古代の秘術によって作られた無貌の古人まで、リヴァーモアの使役する使い魔が息つく間もなく彼らに襲いかかる。

 さらにはレオンシオ陣営も捜索の妨害に回り──。

 人間ひとり分の骨を蒐集したリヴァーモアの目的とは。そして、『棺』の真実にたどり着いたオリバーが取る道は──。

関連する記事一覧はこちら