『忘却の楽園』2巻でアルムたちに新たな謀略の影が迫る!

イナヤ マギ
公開日時

 『忘却の楽園I アルセノン覚醒』の続巻『忘却の楽園II アルセノン叛逆』(著者:土屋瀧、イラスト: きのこ姫)が、電撃文庫(KADOKAWA)から9月10日に発売されます。

 本シリーズは、あらゆる争いの火種が管理・秘匿された忘却の楽園“リーン”を舞台に、少年“アルム”と体に猛毒の汚染物質“アルセノン”を宿す謎の少女“フローライト”が織りなす偽りの世界の物語です。

 第2巻では、アルムの父“コラン”の訃報が届いたのを機に、新たなる謀略に巻き込まれていきます。

あらすじ:ほんの一時ですら、世界が平穏に満たされることはない――

 あれから、忘却の楽園〈リーン〉は劇的には変わらなかった。だが、確実に変わり始めている。

 虚飾に満ちた理想郷で、オリヴィアはドラル王国の次期女王として、クリスは総統補佐官として。それぞれの道を歩む。

 猛毒を宿す少女・フローライトとの甘き触れ合いの記憶に浸りながら、アルムは未来への望みを抱いていた。

 そんななか、少年のもとに舞い込んだのは、父・コランの訃報……動揺する少年たちに新たなる謀略の影が迫る!

 ほんの一時ですら平穏に満たされることのない世界、その悪意に少年は何を思うのか――。

 第27回電撃小説大賞《銀賞》受賞。安寧の時を過ぎた新世界で少年と少女が至る運命の物語、第2弾。

関連する記事一覧はこちら