“2番目”同士で付き合う不純で拗れたラブストーリー【電撃文庫】

電撃オンライン
公開日時

 『世界の果てのランダム・ウォーカー』などの著者である西条陽先生の最新作『わたし、二番目の彼女でいいから。』(著者:西条陽、イラスト:Re岳)が、電撃文庫(KADOKAWA)から9月10日に発売されます。

 本作は互いに1番好きな人がいるのに、2番目同士で付き合っている主人公と“早坂”の、危険で不純でこじれたラブストーリーです。

あらすじ:俺たちは「二番目」同士で付き合っている――危険な三角関係の行方は?

 「私も桐島くんのこと、二番目に好き」

 俺と早坂さんは互いに一番好きな人がいるのに、二番目同士で付き合っている。

 それでも、確かに俺と早坂さんは恋人だ。一緒に帰って、こっそり逢って、人には言えないことをする。

 だけど二番目はやっぱり二番目だから、もし一番好きな人と両想いになれたときは、この関係は解消する。そんな約束をしていた。そのはずだったのに――。

「ごめんね。私、バカだから、どんどん好きになっちゃうんだ」

 お互いに一番好きな人に近づけたのに、それでも俺たちはどんどん深みにはまって、歯止めがきかなくて、どうしても、お互いを手放せなくなって……。

 もう取り返しがつかない、100%危険で、不純で、不健全な、こじれた恋の結末は。

関連する記事一覧はこちら