奴隷王女×スパイの命を賭けた王位争奪戦が開幕【電撃文庫】

電撃オンライン
公開日時

 『滅び時だと彼女は告げた #異能犯罪捜査〈零局〉』の著者である久我悠真先生の最新作『プリンセス・ギャンビット ~スパイと奴隷王女の王国転覆遊戯~』(著者:久我悠真、イラスト:スコッティ)が、電撃文庫(KADOKAWA)から9月10日に発売されます。

 王と奴隷との間に生まれた奴隷の才女“イヴ”と、彼女を利用しようとする敵国スパイの補佐官“カイ”が手を組み、王族たちと王座を奪い合うロイヤルゲームが開幕します。

あらすじ:奴隷王女×スパイが挑む、学園に集う傑物との王座を賭けたロイヤルゲーム!

 【王位戦争】――次代の国王の座を王の子たちが奪い合うロイヤルゲーム。

 傑物ぞろいの王族が通うロアノーク王立学園に足を踏み入れたのは、奴隷の少女・イヴ。

 現王と奴隷の間に生まれ、このゲームに巻き込まれた頭脳明晰な才女。

 そして、彼女を補佐する少年・カイは、国益のために傀儡政権の樹立を狙う敵国のスパイだった。

 人間の本質をさらけ出す数々の頭脳戦。候補者同士が《騙し》《謀り》《裏切り》《潰し合う》、このゼロサムゲームの先に待ち受ける揺るぎない真実とは――?

 女王になれなければ無惨な死と嘲笑を運命づけられた少女と、彼女を利用しようとするスパイの少年――奇妙な共謀関係にある二人による、命を賭した国奪りゲームが始まる。

関連する記事一覧はこちら