『あの花』本物の“勿忘草”が封入された痛印が登場

電撃オンライン
公開日時

 TOSYOは、同社がサービス提供を行っているイラスト印鑑通販店・痛印堂において、テレビアニメ 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の放送10周年を記念した痛印の発売を決定しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

勿忘草を封入した『あの花』10周年を記念する“印”

 ファンを感動の渦に巻き込んだテレビアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が、今年、10周年を迎えています。

 『あの花』10周年を記念する“印”として、痛印堂は3種類の“あの花痛印”の発売を決定しました。中でも注目すべきは、めんまを連想させる本物の「勿忘草」を封入した、痛印堂でも初めての試みとなる特別仕様の痛印です。

 10年という時が流れても、作品を愛する気持ちや、超平和バスターズの絆、友情は永遠のもの。それらを表現しようと、たどり着いたのが勿忘草を印鑑の中に封入する方法でした。

 小さな花の可愛さは、作中のめんまを表し、白い髪と白のワンピースは、アクリルの透明感で表現しました。本物の勿忘草が入った、あの花の痛印、「forget-me-not」は、なんと150本限定の貴重なアイテム。価格は18,480円(税込)。

『あの花』とめんまをイメージした15mmの痛印も!

 印面が15mmの痛印「あの夏に咲く花」も2種類同時発売となります。シルエットのめんまと花が印鑑の側面に描かれ、『あの花』の世界観を表現しています。本体はクリアタイプと、ブルータイプの2種類(※印面は文字のみの彫刻となります)。

 捺すことではなく、そのまま飾ることを目的とした印鑑のこの15mmのタイプ。小さくて可愛らしい 15mm サイズの痛印は、まさに「めんま」。普段はインテリアとして飾っておいて、いざ必要な時にはさっと使って頂ける痛印となっています。『あの花』の世界を身近に感じて頂けるワンアイテムをお届け致します。価格は5,280円(税込)。

大切な気持ちを、大切にしまえるおもいで箱


 “あの花痛印”が収納できる印鑑ケースも 2 種類登場。青の花を基調とした通常版と、10周年を記念した黄色バージョンの2種類が発売されます。価格は2,970円(税込)。さらに、すべての痛印には、専用BOXがついてきます。

 テレビアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』10周年記念の痛印をぜひお買い求めください。

 予約開始は2021年8月27日(金)17時から。いずれも数量限定、受注生産での販売となります。

先着購入特典・あの花名場面捺印マット

 アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の痛印と印鑑ケースを同時購入頂いたお客様に、あの花名場面捺印マットを1セットにつき1枚、プレゼント致します。(絵柄は全10種。ランダムでのお渡しになります)。

 セリフはもちろん、揺さぶられたあの頃の気持ちが鮮やかに蘇る名場面を切り取った捺印マットは痛印堂でしか手に入れることができない貴重なアイテムとなっています。

商品一覧:【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】

forget-me-not・丸印18mm
18,480円(税込)

あの夏に咲く花 blue ver.・丸印15mm
5,280円(税込)

あの夏に咲く花 clear ver.・丸印15mm
5,280円(税込)

あの花 印鑑ケース・通常版
2,970円(税込)

あの花 印鑑ケース・10周年記念版
2,970円(税込)

あの花痛印専用BOX

企画:小川翔平
デザイン:伊藤千夏

商品概要

■商品名:痛印堂公式特別企画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』10周年記念 痛印
■受注開始日:2021年8月27日(金)17時~
※予定数量に達し次第、販売終了となります。
■発送日:2021年10月中までの配送を予定しております。

(C)ANOHANA PROJECT

関連する記事一覧はこちら