100均グッズだけでベランピングをしてみたら…!?

ヨウ
公開日時

 昨今、キャンプや手軽に自宅のベランダでできるベランピング(グランピングのベランダver.)が流行っていますよね!

 夏から秋にかけて、絶好のキャンプ日よりということもあり、100円均一各社でキャンプコーナーが設立されているのをご存知ですか?

 今回は、100円均一のアイテムを使ってお手軽にベランピングに挑戦してみよう!! ということになりました。

 キャンプは小学生の頃に子ども会で参加したきり&料理下手な私ですが、安心して記事をお読みください!!

  • ▲ちゃんと美味しく出来ましたよ!!

まずは100円均一でアイテムをそろえよう!!

 世の中には様々な100円均一のショップがありますが、どの店舗に行っても様々な種類のキャンプ用品が取りそろえられていました。

 普段使いにもよさそうな物が多かったので、気になる方は一度足を運んでみてくださいね!

 ちなみに、今回の企画で購入した100円均一のアイテムはこちら!!

  • ▲ドーン!!!!

・レジャーシート
・折りたたみ椅子(税込150円)
・固形燃料
・折りたたみ式ミニコンロ
・バーベキュー用ミニ鉄板(リフター付)
・メスティン(ハンドル付/税込550円)
・折りたたみ式テーブル

 キャンプといえば、メスティンでご飯を炊いたりバーベキューをしたい!! と思い、このようなラインナップとなりました。

 ちなみに本企画では、予算2,000円程度と指令を受けていたため、自宅で用意できるお皿やお箸は割愛しています。

 それでは早速、真夏の太陽を背中に浴びながらバーベキューとシャレこみましょうか!!

ベランピング――それは少しの風でも命取り

 まず床に新聞紙、その上にバスタオルを敷いてみました。

 本来ならばオシャレな布を敷くとイイ感じに映えるようです。そしてその上に折りたたみ式テーブルと、ミニコンロ、固形燃料をセット。

  • ▲ミニコンロを袋から出したら折り曲げて組み立てます。柔らかいので折れないかな…と若干不安。

  • ▲ミニコンロの上に、袋を破らずに固形燃料をセット。店員さんに受け皿は入りませんと言われたことを信じていました。このときは……。

 続いてメスティンに軽く水洗いをしたお米を1合、水200ccを入れて、ミニコンロの上にセットします。

 500円のメスティン(ダイソーでは他に800円、1000円のものも販売されていました)は1人前なのですが、これらを入れるとなみなみとした感じですね。


  • ▲フタを閉めたあとに火をつけていないことに気づき、慌てて点火してから再セット。意外と火の勢いがすごいため、熱くてこぼしまくりました……。

 固形燃料をミニコンロにセットしたときにこじんまりとしていたので油断していたのですが、点火するとめちゃくちゃ熱い!!

 炎は想像以上に大きい(外での写真だとまったく写っていなかったのですが、けっこう燃え上がります)ので、近くにいるだけでかなりの熱を感じます。しかもいまの時期は直射日光も暑い……。

 ベランダの物干し竿にレジャーシートを日除けにセッティングしたものの、風が吹いたら固形燃料の火に引火しそうだったので、仕方なく日傘を差しながら椅子に座って炊きあがるのを待つことにしました。

 ソロベランピングだと危険がいっぱいですね……!

 ちなみに、新聞紙とタオルだけだと日光の熱で足の裏も激しく暑かったです……。

  • ▲着火してほどなく、テーブルの上に水色の液体がこぼれだしました。これは……固形燃料では……。

  • ▲ミニコンロの色も即変色し始め、気がつくとテーブルの上に黒ずみがたまり始めてしまいました……。

 固形燃料の使用時間は約15分とパッケージに書いてありましたが、10分程度で燃え尽きました。

 さてさて、ご飯は炊けたかな!?

  • ▲残念!! まだ水が残っていましたーー! 焼け焦げたミニコンロがもの悲しい…。

 悲しい結果です。

 固形燃料1個では1合が炊けませんでした…。仕方なく2個目の固形燃料を使うことを決めますが、風と火と日光に危険を感じたので、ここから先は家の中で準備することにします。

ミニ鉄板で肉を焼くぞー!!

 2個目の固形燃料を使用する前に、念のため先にメインディッシュの肉や野菜の下準備もしておきましょう。

 ミニ鉄板がかなり小さいので、それぞれ一口サイズに切ります。

  • ▲さあ、準備はOK!!

 2個目の固形燃料が燃えだしたら、メスティンを再度乗せます。今度はちゃんとグツグツと炊かれてきた音が…!!

 フタを開けてみたところ、綺麗な白米がお目見え。フタをしっかり閉めたら、タオルに包んで逆さまにしてしばらく放置すれば美味しいご飯のできあがり!!

  • ▲おこげもできて美味しそう! 1人前とのことですが、意外とボリュームがあります。

 まだまだ固形燃料の炎の勢いは止まりそうになかったので、サラダ油を薄く敷いたミニ鉄板を上に乗せます。

 そして私の腹の虫もお待ちかねの肉、野菜を順々に焼いてみました。

  • ▲じゅー。

  • ▲そして燃え広がる炎…! とても熱い!!

  • ▲外で焼く場合、煙も出るので近隣に迷惑がかからないように気をつけましょう。煙が出過ぎるならキッチンで調理するように!

  • ▲一気に焼こうとしたところ、盛り盛りに…。鉄板は小さいので少しずつ焼いてください。焦げます!!

  • ▲ミニ鉄板でも、バッチリ焼けました!! 火力は充分すぎるほど。

 白米とメインディッシュの肉&野菜を残さず食べました! とても美味しかったです。

 初心者の私にとってはそんなにお手軽な感じに実行することはできませんでしたが、普段から料理をする方ならもっと気軽にできそうだなと思います。

しかし悲しい結末が待ち受ける…

 1個目の固形燃料を使ったときから様子がおかしかったのですが、ミニコンロと固形燃料を使う際は下に受け皿を準備しておくことをオススメします。

 とにかく火力がすさまじく、最初の固形燃料使用時からミニコンロの土台部分が溶け始め、2個目を使い切ったところで折りたたみ式テーブルに穴が空きました…!

 ネットの記事を検索していると、みなさん優雅にベランピングをしているようですが、私は完全にトホホな結果に。

 しかし、肉&野菜やご飯は美味しく作ることができたので大満足です!!

 火の扱い、そして煙や臭い問題に十分配慮をしつつ、みなさんも一度楽しんでみてください。

関連する記事一覧はこちら