秋アニメ『最果てのパラディン』悠木碧と高橋広樹が演じるのは?

電撃オンライン
公開日時

 2021年10月放送開始予定のアニメ『最果てのパラディン』の、PV第2弾や追加キャラクターなどの最新情報が公開されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

PV第2弾公開!

キャラクター新ビジュアル公開!

ウィル(ウィリアム) 声優:河瀬茉希

 淡いともしびに導かれて、前世の記憶をおぼろに保ったまま転生を果たした少年。かつての記憶からくる後悔から、物事に手の抜くことがない。

 三人の不死者に対して、強い尊敬と親しみ、家族愛を抱いている。

ブラッド 声優:小西克幸

 眼窩に青い鬼火を宿した、大柄で骨太なスケルトン。快活なうえにガサツかと思われがちだが、気配りのできる常識人。ウィルには父親や兄のように接する。生前は《戦鬼(ウォーオウガ)》の二つ名を持つ戦士だった。

マリー 声優:堀江由衣

 淑やかで家庭的な神官ミイラ。ウィルには母親のように接し、またブラッドやガスに対しても要所で道をただす包容力を見せる。はっちゃける時もしばしば。生前は《地母神(マーテル)の愛娘》の二つ名を持つ神官だった。

ガス(オーガスタス) 声優:飛田展男

 半透明の青白い体を持つ、目つきの悪いわし鼻の幽霊。偏屈で煙たがりだが、情に厚い一面を持つ。ウィルにとっては祖父のような存在。生前は《彷徨賢者(ワンダリングセイジ)》の二つ名を持つ魔法使いだった。

メネル(メネルドール) 声優:村瀬歩

 エルフ族と人間族のあいだに生まれたハーフエルフ。弓の扱いに長けており、腕利きの狩人で、優れた妖精使い。口は悪いが仲間想いでウィルのサポートをする。

グレイスフィール 声優:悠木碧

 生々流転を司る神様。深くフードを被り、カンテラを携えている。死者の魂が彷徨わないよう、導く役割をしている。

スタグネイト 声優:高橋広樹

 不死者(アンデッド)を眷属にする不死神。生死の悲劇を見ることに耐え兼ね、魂を不死化させ、永遠に停滞した悲劇なき世界を望んでいる。

追加キャスト公開! コメントも到着!

グレイスフィール役:悠木碧

 グレイスフィールは、ウィルくんが信仰している神様です。

 信じることで強くなれるような、信じられる事に相応しい存在感を感じとっていただけるようなお芝居を出来たらいいなぁなんて思いながら演じました。

 最果てのパラディン、楽しんで頂けましたら嬉しいです。

スタグネイト役:高橋広樹

 なかなか機会のない神様役、くわえて「ド悪役」を演じさせて頂けて大変うれしく思います。

 ウィルのモノローグの緊迫感やスピード感が心地よく、一緒に収録させて頂きながら自分も引き込まれるようでした。

 原作をご存知の方もそうでない方も、是非OAお楽しみにお待ち下さい。

放送直前イベント開催決定!

イベント情報

日程:2021年9月26日(日)
時間:開場 17時30分/開演 18時
場所:恵比寿ガーデンルーム
出演:河瀬茉希(ウィル役)、小西克幸(ブラッド役)、飛田展男(ガス役) 他
内容:トークショー&第1話・第2話先行上映
※トークショーのみYouTubeLIVE・TwitterLIVEにて無料配信予定

チケット情報

料金:2,750円(税込)
オフィシャルHP先行:2021年8月28日(土)12:00~2021年9月5日(日)23:59
チケット受付URL
オフィシャルHP先行入金期間:2021年9月7日(火)13:00~2021年9月8日(水)21:00
※開催時間は変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※出演者は予告なく変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
※このほか詳細情報は公式HP(farawaypaladin.com)をご確認ください。

『最果てのパラディン』

STAFF

原作:柳野かなた(オーバーラップ文庫刊)
キャラクター原案:輪くすさが
監督:信田ユウ
シリーズ構成 :髙橋龍也
キャラクターデザイン:羽田浩二
音楽:高田龍一(MONACA)、帆足圭吾(MONACA)
アニメーション制作:Children’s Playground Entertainment

CAST

ウィル(ウィリアム):河瀬茉希
ブラッド:小西克幸
マリー:堀江由衣
ガス(オーガスタス):飛田展男
メネル(メネルドール):村瀬歩

グレイスフィール:悠木碧
スタグネイト:高橋広樹

ON AIR

TOKYO MX
10月9日(土) 毎週土曜22:00
AT‐X
10月9日(土) 毎週土曜23:30
毎週火曜 29:30 ※リピート放送
毎週土曜 8:30 ※リピート放送
BS日テレ
10月9日(土) 毎週土曜24:00

dアニメストア他にて配信予定!

STORY

 かつて滅びた死者の街──

 人里離れたこの地に一人の生きた子供、ウィルがいた。

 少年を育てるのは三人の不死者(アンデッド)。

 豪快な骸骨の剣士のブラッド。淑やかな神官ミイラのマリー。偏屈な魔法使いの幽霊のガス。

 彼ら三人に教えを受け、愛を注がれ少年は育てられる。

 そしていつしか少年は一つの疑念を抱く。

「……この『僕』って、何者なんだ?」

 ウィルにより解き明かされる最果ての街に秘められた不死者(アンデッド)たちの抱える謎。

 善なる神々の愛と慈悲。

 悪なる神々の偏執と狂気。

 ──その全てを知る時、少年は聖騎士(パラディン)への道を歩みだす。


©柳野かなた・オーバーラップ/最果てのパラディン製作委員会

関連する記事一覧はこちら