マウス、AMD Ryzen 7を搭載した軽量&スリム、お手頃価格な15.6型ノートPC発売

電撃オンライン
公開日時

 マウスコンピューターのmouseブランドから、AMD Ryzen 7 4800Uプロセッサーを採用し、軽量・スリムなボディで持ち運びも可能な15.6型スタンダードノートパソコン“mouse B5-R7”を発売します。

 価格は9万8780円(税込)よりご用意しており、メモリ・ストレージなどのカスタマイズに対応します。

製品特長

【1】マルチタスクに優れたCPUを採用

 “mouse B5-R7”は、高いグラフィックス処理性能を持つAMD Radeonグラフィックスを搭載し、CPUは8コア16スレッド構成でマルチコア性能が向上したAMD Ryzen 7 4800Uプロセッサーを採用しています。

 テレワークやメールはもちろん、高画質な動画の視聴や、写真編集、複数のソフトウェアを同時に起動する作業などを快適に行えます。

 また、メモリは標準8GBから最大64GBまで、ストレージは標準256GB SSD(M.2 NVMe)から、2TB SSD(M.2 NVMe)へのアップグレードや、SSDとHDDのWストレージ構成にすることも可能で、コンパクトでありながら用途に合わせたカスタマイズが可能です。

【2】利便性が高く、重さ約1.62kg、厚さ約19.9mmの軽量・スリムなボディ

 天板と底面のアルミニウム素材による軽量化に加え、リチウムポリマーバッテリーを採用したことで、重さ約1.62kg、厚さ約19.9mmと気軽に持ち運べる本体サイズを実現いたしました。

 また、広視野角の15.6型液晶を搭載し、作業スペースが限られた場所でも最適な位置に調整できる最大180°の画面開閉と、約7.0時間のバッテリー動作時間により、場所を選ばずにお使いいただけます。

【3】汎用性の高い外部インターフェースを装備し、テレワークや自宅での使用など幅広く対応可能

 HDMI端子とUSB Type-C端子(DisplayPort Alt Mode対応)の2つの外部映像出力を装備しており、外部接続のディスプレイ2台に本体の液晶画面を合わせて、最大3画面のマルチディスプレイ表示が可能です。

 また、Type-C端子は、65W以上出力可能なUSB Power Delivery機器からの給電にも対応しており、対応モニタからのケーブル1本で映像出力と本体給電を行ったり、移動先では別売りの“USB Power Delivery ACアダプタ”などを活用することで、利用環境ごとに給電方法を柔軟に選ぶことができます。

 さらに、高速通信に対応したWi-Fi6 無線LANモジュールを標準搭載しています。

仕様詳細

モデル名:mouse B5-R7
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:AMD Ryzen 7 4800Uプロセッサー
グラフィックス:AMD Radeonグラフィックス
メモリ:8GB DDR4-3200
ストレージ:256GB(M.2 SSD NVMe対応)
パネル:15.6型フルHDノングレア(1,920×1,080ドット、LEDバックライト)
Web販売価格:9万8780円(税込)
※また、12万780円(税込)よりMicrosoft Office Personal 2019標準搭載モデルもご用意しております。

関連する記事一覧はこちら