あんな小娘と比べるなら! バララの嫉妬が戦場を焦がす【Gのレコンギスタ再放送】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 9月2日(木)24:30より、テレ玉で再放送される『Gのレコンギスタ』24話“宇宙のカレイドスコープ”のあらすじを紹介します。

  • ▲劇場版『GのレコンギスタI』「行け! コア・ファイター」 (特装限定版)

 戦いのどさくさにまぎれて脱走し、マスクの元に戻ったマニィ。彼女はマスクにベルリと友達になって欲しいとお願いします。

 しかし、マスクはベルリとの対話を激しく拒絶するのでした。立場の違う2人がわかりあえることはないのでしょうか。

 そうしたなか、ドレイク軍とアメリア軍は、和平を結んでキャピタル・アーミィを叩こうと、政治的な動きを見せます。

 停戦に向け、互いの艦隊が集結しようとしますが、そこへ、マスクとマニィが仲良くしていることが気に入らないバララが、己の力を見せるため、最新鋭機のユグドラシルで襲い掛かります。

 アメリア軍、ドレイク軍関係なしに暴れ回るユグドラシルの攻撃は、次々と犠牲者を生み出していくのでした。

 ベルリはバララを止めるため、G-セルフでユグドラシルと対峙しますが……。

 多くの人たちの運命が目まぐるしく動き、物語もいよいよ大詰めに近づいてきたと感じさせます。

 また、クリムの手に渡ったダハックとダーマや、マスクのカバカーリー、さらにはG-アルケインのフルドレス仕様などなど、最終決戦に向けて続々と登場する新たなマシン群にも注目です。

24話“宇宙のカレイドスコープ”あらすじ

 アイーダの父、アメリア軍総監のグシオンはドレット艦隊と協力して、キャピタル・アーミィを叩くとグリムに断言する。

 だが、バララの大型モビルアーマー、ユグドラシルが2つの艦隊を直撃、宇宙に死のカレイドスコープが閃く。


©創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら