Windows 11が10月5日リリース! 無償アップグレードも提供開始

電撃オンライン
公開日時

 マイクロソフトは、Windows 11を10月5日より提供開始することを発表しました。この日から、Windows 11の無償アップグレードが、対象となるWindows 10搭載PCに段階的に提供されると共に、Windows 11がプレインストールされたPCを購入できるようになります。

■Windows 11への無償アップグレードは段階的かつ計画的に

 Windows 11への無償アップグレードは10月5日から開始され、品質を重視した段階的な展開が行われます。マイクロソフトは、Windows 10から得られた多くの学びから、お客様に最善の体験を提供したいと考えています。

 それは、新しい対象機種からアップグレードが開始されることを意味します。その後、ハードウェアの適格性、信頼性の指標、デバイスの使用年数、そして、アップグレード体験に影響を与えるその他の要因を考慮した分析モデルに基づいて、市場にあるデバイスに段階的にアップグレードが展開されます。

 2022年半ばまでには、すべての対象デバイスにWindows 11の無償アップグレードが提供されることを予定しています。アップグレードの対象となるWindows 10 PCをお持ちの方には、アップグレードが可能になった際にWindows Updateがお知らせします。

 また、お使いのデバイスがWindows 11のアップグレードに対応しているかどうかは、“設定”⇒“Windows Update”から“更新プログラムを確認”を選択することでも確認することが可能です(※)。

※:一部機能には特定のハードウェアが必要です。詳細はWindows 11の仕様ページをご参照ください。

■Windows 11への準備はできていますか? 新しいPCを購入するのに今は最適な時です。

 10月5日が目前に迫る今、Windows 11に向けて準備をするためにできることがいくつかあります。まず、今新しいPCを必要としているお客様は、お待ちいただく必要はありません。今すぐに新しいWindows 10 PCのパワーを手に入れ、10月5日のロールアウト開始後にWindows 11に無料でアップグレードいただけます(※)。

※:Windows 11へのアップグレードは、2021年10月5日から2022年にかけて、対象となるデバイスに配信されます。提供時期はデバイスによって異なります。

 マイクロソフトは、これまでOEMパートナーや小売パートナー企業各社と緊密に協力して、将来的にWindows 11を利用できる強力なWindows 10 PCをお届けしてきました。このようなPCの例は以下のとおりです(※日本における製品展開については未定です)。

・Acer Swift 5 (SF514-55)

・Acer Swift X (SFX14-41G)

・Asus Zenbook Flip 13 OLED UX363

・Asus Zenbook 14 UX425

・Dell Alienware x15
・Dell Alienware x17

・Dell XPS 13

・HP Spectre x360 14
・HP ENVY x360 15

・2in1 Lenovo Yoga 7 コンバーチブルシリーズ

・Lenovo Yoga Slim 7i Pro シリーズ

・Galaxy Book Pro
・Galaxy Book Pro 360

・Surface Pro 7

・Surface Laptop 4

 現在お使いのPCがアップグレードの対象になるかどうかをチェックできるPC Health Checkアプリを近日中にリニューアルする予定です。それまでは、Windows 11の最小システム要件についてはこちらをご参照ください。

 アップグレードの準備をされている方で、まだOneDriveをお使いでない方は、ぜひチェックしてみてください。ファイルの安全性を保ち、アップグレードや新しいデバイスへの移行を容易にできるシンプルな方法です。

 アップグレード対象外のPCを使用しており、新デバイスに移行する準備ができていないお客様には、Windows 10が適切な選択肢です。マイクロソフトは、2025年10月14日までWindows 10をサポートします

 また、先日、Windows 10の次の機能アップデートが今年の後半に行われることを発表しました。お客様が、どのような決断をしても、マイクロソフトはお客様をサポートし、コンピューティングの取り組みにおける選択肢を提供していくことをお約束します。

関連する記事一覧はこちら