実写ドラマ『ONE PIECE』ロゴが解禁。1話の仮タイトルは?

電撃オンライン
公開日時

 Netflixは、Netflixシリーズ『ONE PIECE』を製作、全世界独占配信します。この度、タイトルロゴが解禁となり、第1話の仮タイトル名も公開されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

 「ONE PIECE」は尾田栄一郎による、言わずと知れた日本を代表する超人気コミックであり、全世界累計発行部数は4億9,000万部を突破、長年にわたって世代を問わず、世界中に熱狂的なファンを持つ作品。

 1997年「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が開始され、伝説の“海賊王”ゴール・D・ロジャーの残したと言われる【ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)】を巡り、主人公モンキー・D・ルフィが率いる海賊“麦わらの一味”が冒険へと繰り出す壮大な物語となっています。

 この度、原作者の尾田栄一郎がエグゼクティブ・プロデューサーを務める実写ドラマシリーズ『ONE PIECE』のタイトルロゴが解禁となり、第1話の制作仮タイトルが原作と同じく「ROMANCE DAWN ー冒険の夜明けー」として台本の表紙が解禁されました。

 過去にも実写映像化のオファーは多数あったという本作ですが、尾田栄一郎と週刊少年ジャンプ編集部が様々なハードルを乗り越えられると確信できたことから初めて実現したという今回の実写化プロジェクト。

 今回解禁となった実写版ロゴは、原作ロゴをイメージして制作されており、「O」の文字には“麦わらの一味”の実写版トレードマークが描かれ、ルフィの左目の下の傷も反映されていたり、さらによく見ると鼻には、ルフィらしき姿も……!?

 そして「E」は原作ロゴと同じく碇の形になっているなど、原作へのリスペクトと遊び心も満載で、実写シリーズへの期待も高まらずにはいられません。

 さらに、第1話の仮エピソード名は、「ROMANCE DAWN ー冒険の夜明けー」。これは原作第1巻・第1話のタイトルと全く同じ名前となっており、誰もが知る、ルフィのあの“冒険の始まり”はどのように描かれるのか? さらに大きな注目が集まります。

原作、エクゼクティブ・プロデューサーの尾田栄一郎とともに、Netflixがトゥモロースタジオと集英社と提携して贈る、海賊たちの波乱と冒険に満ちたストーリー。脚本&エグゼクティブ・プロデューサーには、J・J・エイブラムスの制作会社バッド・ロボットを経て「エージェント・オブ・シールド」などを手がけたマット・オーウェンズ、そして、脚本&ショーランナー&エグゼクティブ・プロデューサーには、「LOST」を手掛けたことで知られるスティーブン・マエダが参加します。

 9月3日(金)にはコミックス100巻発売、11月21日(日)(予定)にはアニメ 1000 話が放映という「ONE PIECE」の記念すべき節目に向けて、世界を“ひとつなぎ”にする数々の豪華プロジェクトが展開予定の「ONE PIECE」。この実写化も、世界中のファンからの熱い視線と期待が贈られることは間違いなく、まさに【世紀の一大プロジェクト】と言える。現在、キャスティングも絶賛選考中!!の本作。今後の続報にもぜひご期待ください!!


Netflixシリーズ『ONE PIECE』

関連する記事一覧はこちら