『チェンクロ』6周年記念・オールキャラ人気投票の読プレ当選者をユーザーコメントとともに発表!

まり蔵
公開日時
最終更新

 電撃オンラインで実施した“『チェンクロ』6周年記念・オールキャラ人気投票”。その電撃読者プレゼント当選者を、ユーザーコメントとあわせて発表します。

 この企画は、スマートフォン用アプリ『チェインクロニクル3(チェンクロ3)』の6周年を記念して実施した人気投票です。エントリーしたキャラクターは、総勢892名! 第3部のキャラを加えた、初のガチンコ投票となりました。300位までの結果と上位の20名に寄せられたコメントは、結果発表の記事でご確認ください。

オールキャラ人気投票結果発表

 投票の際、たくさんの方から一番好きなキャラクターへメッセージが届きました。今回、メッセージを送ってくださった方の中から6名を選ばせていただき、その方々に電撃オンラインからプレゼントをお贈りします。おめでとうございます!

 それでは当選した6名を、投稿していただいたコメントとあわせて発表します!

エーリヒ

 最初はランドルフのことをなかなか認められなかったのもあって衝突ばかりしていたけど、だんだんランドルフをはじめとしていろいろ人と関わって少しずつ柔らかくなっていくところが好きです。でも、5年後でも顔が怖いと言われたり笑うのが珍しいと言われるなどちょっぴり不器用なところが変わってないのも好きです。釣りやトマト栽培などの趣味を持っているのも好きです。

 そしてやっぱりランドルフの存在です! 2部時代では羨ましさから当たりが強くなったりするところがあっても、ランドルフに昼食を選んでもらったりなんだかんだで信頼してるところが好きです。そして第3部ではすっかり仲よしと周りから思われるようになったのがとても好きです。相変わらず衝突もするけど2部時代よりさらに仲よくなっていて、5年間の間に何があったのか気になりました。

 そして1月にレジェ実装された時、ますますランドルフと一緒に好きになりました! 新しく二つ名がつきましたが、エーリヒは止水で、2人合わせて機械化率100%なだけでなくて明鏡止水でもあるというところにまず感動しました。アビリティも自分の前に弓使いがいることで自己強化、止まっている時に自己強化で狙撃手のエーリヒらしいと思うと同時に自分の後ろに弓使いがいること、動き回ることで強化されるランドルフと対になっていて、ますますいいなと思いました。

 アビの名前も冷静沈着な狙撃兵、一発必中の弾丸でエーリヒらしさを出しつつランドルフと対になっていてニヤニヤしてました。そしてスキルボイス、バディでもないのに会話になっていて驚きました! エーリヒはなんだかんだでランドルフのフォローをするんだなと思って、ますます好きになりました。あと、勝手にしろ、っていうのがランドルフのことをものすごく認めていてその上でフォローすんだなと思いました。この掛け合いを聞くためについつい連続でスキルを使いたくなります!

 そしてレジェバージョンのキャラクエには本当にいい意味で驚くと同時に数日間ニヤニヤが止まらなくなりました。最初は休日の話だから個人の話かなと思ったのですが、ランドルフとガッツリ絡んでくるとは! 本人がいないのに当然のようにランドルフに昼食を選んでもらおうとしたり、退役後もランドルフと一緒にいる気満々、どころか一緒にトマト農家やろうとしているとか、もうニヤニヤが止まりませんでした!

 本当に公式なのか、夢じゃないかって疑うレベルでした。そして相棒を馬鹿にされるとものすごく怒るところ、普段あまり感情を表に出す方ではないエーリヒがマジギレしているところは本当に感動しました! まさにアツい展開でした! きっと誰よりもランドルフのことをわかっていて、大切な存在なんだなとも思ってニヤニヤが止まりませんでした。その後、素っ気なくなるところもエーリヒらしくて好きです。

 他にもありとあらゆるところが対になっていて最高のキャラクエでした! Ver.1時代の時からですが、ランドルフがわかりやすく相棒への信頼を示すのに対して、エーリヒは一見わかりにくいけれど時にランドルフよりも重い信頼を感じるのがとても好きです。

 例えばSRエーリヒのキャラクエでランドルフが2人合わせて機械化率100%だからというのを、意味不明だがわからなくもないと答えた後に融和への道では2人合わせて100%、だから任務も100%成功させてみせると答えたシーンが、ランドルフの答えを発展させていてとても好きです! シビれました!

 他にもフレンドリーな姫様に対して、どうしても堅くなるのも好きです。今後もセレステ編での活躍も期待しています! そしていつかランドルフと一緒に鉄煙伝承編の主人公になってほしいなと思っています。ランドルフと一緒に衣装違い実装もしてほしいと思っています。姫様とランドルフのトリオもランドルフとのコンビももっともっと見たいです!

 最後に。ランドルフとのコンビ、ランドルフと姫様とのトリオも大好きですが、エーリヒ個人も大好きです! 今後も応援しています! ランドルフと仲よくするんだよ!(ハイウインドさん)

フェーベ

 一目惚れでした。綺麗な青が眩しいキャラデザがぱっと目について、女の子なのに僕という一人称がかわいいというのがただ単に最初の印象でしたが、今ではその中身により強く惹かれます。

 空が好きだから空を飛びたい、という気持ちを諦めずに空を目指した努力家なところも大好きだし、そもそも本の中の産物だった翼を自分で発掘しちゃうところもすごいと思います(笑)。本当に空が好きなんだなーって、フェーベの想いが画面の向こう側まで伝わってきました。

 そんなフェーベだから、ピリカを始めとした義勇軍の皆も自然と応援するのだなと納得しました。ピリカを助けたフェーベはカッコよかったし、やっと飛べた時だったし、私まですごくうれしくなりました。

 Ver.2では、精霊島の皆と仲よくなってて、ポッピーもメインで出てきて、フェーベの世界が広がってて一緒に私も楽しかったです。セレステとは青系統飛べるもの同士、姉妹みたいでいいコンビだなって思います。

 でも何はともあれ、めちゃめちゃかわいい。めっちゃかわいい。それだけです。大好きです。ずっと一番好きなキャラクターです。フェーベ、いつもありがとう! あと、隊長のこと、さん付けで呼ぶとこもかなりかわいいポイントだと思います(笑)。(星刻さん)

ヘリオス

 何があっても、何度だって顔を上げて立ち向かって行く姿を見ていると、すごく応援したくなります。しかも、無鉄砲とか無謀とかではないんですよ。一旦自分に落とし込んで、周りの人のことも考えて、その上でできるかできないか判断して。頼るべきところは頼り、自分で踏みとどまるべきところではしっかり踏みとどまり。いつもいつも力を出しきり、自分では乗り越えられなさそうな高い壁も乗り越えて行く。その背中を少しでも押してあげられられれば、いや押したい! と思わせられます。『チェンクロ3』を背負っているのはヘリオスくんだと思います。今後も活躍に期待!(るるぽんさん)

ボムボマー

 “絆の軌跡 罪の大陸篇”の姿に大きな衝撃を受けたためか……運営さんには申し訳ないですが、まだ見ぬレジェンドVerには不安ばかりが募っていました。ボムボマーがそんな杞憂をも焼き尽くすような新たな思想を掲げて実装され、うれしくて堪らなかったです。

 当時、実生活で大きな出来事があり、出口の見えない苦しい日々が続いていたので実装のタイミングにもボムボマーの変化のカタチにも本当に救われました。まさか義勇軍の旅が彼をここまで変えるなんて! 旧Verの絆の物語“爆風堂々”ラストの台詞を思い出し、切なさと感激で胸が一杯になり、もうどうにかなってしまいそうでした。

 親愛度②のボイスも大きな衝撃でした。自分の主義主張を最後まで言えた後、ボムボマーの方から相手の意見を聞きたがることは今までなかったと思います(記憶違いがありましたら申し訳ありません)。確実にシナリオ内で『チェンクロ』キャラに向けて行われると信じきっていましたので、その初めてが親愛度ボイスだったことに涙が止まりませんでした。あり得ないはずの夢が叶ったからです……!

 初めて出会ったときからずっと、何度も心が揺れる衝撃をくれるボムボマーのことが大好きです。2度も私を救ってくれて本当にありがとう。あなたとシナリオ内で再開できるその日を楽しみにしています。(アキラさん)

ミリリア

 社会人2年目の時、突然全員年上の方々を1人で束ねる事態となり、前例もない立ち上げ部署でこれで合っているのかも誰に確認することもできず、他の会社の友人の部署の話を聞いて参考にしながらがむしゃらにやるしかなかった頃、ミリリアが皆年上の中で1人1人に話しかけて仲よくなろうと頑張って皆協力して脱出するお話に出逢いました。

 ミリリアのまず自分が頑張る姿が、今まで合っているのか間違っているのか確かめようもなかった自分を初めて肯定してもらえたような気がして、これで合っているんだと自信を持てました。それ以来しばらくミリリアと並んで走っているつもりで頑張っていたので、何かもう感謝とかそういう言葉じゃ収まらなくて兎に角ありがとう。(兎耳山さん)

レノ

 キャラクエを読んだ当初は、ただのギャンブル狂いなキャラクターだと思っていました。それからメインストーリーを読み返し、リヴェラ一行の中で最初に義勇軍の力を試そうとしたのは彼で、何より自分の得意な賭博ではなく戦闘で勝負を挑んだところに、相手の力量を計り、かつ、仲間も自分も納得させるためのやり方をしたように思え、とても魅力的に感じました。

 故郷が滅びて、世界の滅びですら運の尽きだと言うのに、リヴェラやガラクスィアスたちのことを気にかけ、情に熱いことも口走ってしまうような彼が好きです。グール=ヴールのことを慕って、「いくらでも迷惑なんてかければいい」と面と向かって直接言えるのは彼らしいなぁと思いました。リヴェラとの掛け合いも、男女の仲ではなく、戦友、いや、悪友のような感じがしてとても微笑ましく見ております。

 そして何よりおもしろいのが、彼の運の“悪さ”だと思っております。故郷を滅ぼされたり、世界を救う手伝いをするはめになったり、ドラゴンに襲われたり、なんだかんだいいつつ彼は運がよくないなあと。

 それでも彼は運の悪い中から最善を選び抜くことができる運の“よさ”と、自分が運がいいと信じるポジティブな性格をもっているとおもうので、本当にどこまでも魅力のつきないキャラクターです。

 伝承篇でもたくさん活躍してくれてよかったです。今後どういった形でメインストーリーに絡んでくるのか、また、実装の仕方、スキルやキャラクエなど楽しみにしております。(こうちゃさん)


 ハイウインドさん、星刻さん、るるぽんさん、アキラさん、兎耳山さん、こうちゃさんの6名には、メッセージを送ってくださったキャラクターをモチーフにした非売品グッズをお贈りします。近日中に電撃オンラインからご連絡いたしますので、必要事項を記入の上、返信いただけますようお願いいたします。

 当選された6名以外にも、本当にたくさんの方から各キャラクターに熱いメッセージが届きました。その中からほんの一部ですが、いくつかご紹介したいと思います。ぜひご覧ください!

アラム&ケマミレ

 アニメ『チェインクロニクル ヘクセイタスの閃』の冒頭、ケマミレがアラムにほおずりするシーン、その無条件にアラムを慕う様子を見て一度に、好きになってしまいました! 『チェンクロ』ゲーム画面のお気に入りはほとんどケマミレですが、よく「みゅみゅ??」と愛らしくなくのが、また、たまらないのです。

 アラムは映画の終盤、黒騎士と対峙するシーンがあります。今となっては覚えているのは画像だけで、セリフがはっきり出てこないのですが、でも確実に言えるのは「一歩前に踏み出す勇気」をアラムが、私にくれた瞬間でした。私はそのお陰で、(詳しい話は、はしょりますが)その時の人生を一歩踏み出し、決断できました。ありがとう。

 『チェンクロ』単なるゲームとしてではなく、いろいろなことを教えてもらった人生のバイブルのようなものです。その中の大切なキャラのひとり(?)に、アラム&ケマミレがいます。(春○さん)

アレス

 私にとってアレスは、キャラ萌えとかの枠を超えて、すべての『チェンクロ』キャラの中で別格の存在です。正義を行うことに気負いもてらいもなく、ただそれが彼の中で当然の行為であるところに感銘を受けます。

 そして、それを他者に押し付けない。「悪人」と一括にされる、考え方が違う人の人格も決して蔑ろにしない。罪を許して(憎んですらいない)人を憎まず。彼は、決して自分の正義を振りかざさない。あくまでこれは“自分の考え”。他の人には、他の人なりの考えや価値観があることを、彼は理解しています。

 オルドレードのキャラクエ、よかったです。久々にアレスの人となりに触れて、私も少しでも他人のために動ける人間になりたいと思いました。私の生きていく上での指針、ある意味信仰対象足りうるキャラ。それが“聖典”騎士団長、アレスという男です。(カコトリコさん)

アロイス

 敵としての登場でしたが、黒化から立ち直り、大陸のために最前線に立ち続ける彼を尊敬しています。自らの身体と頭脳を最大限に生かし、時には先頭に立ち、時には影から支える鉄煙の盾であり矛であり頭脳であると思います。でもあまり無茶はしないで、過去の罪と向き合いながらも平和に暮らせる日が来ることを祈っております。鉄煙を守ってくれてありがとう。(てんむすさん)

アンジェリカ

 買ったばかりのスマホ、まだリセマラという言葉も知らずソシャゲというものに触れて間もない私が、『チェンクロ』と出会い、歩んできたきっかけが彼女でした。私の絆の旅の原点。彼女が何を思い義勇軍に加わったのか、5年後の姿を知る今ですらまだわからないけれど、大好きで大切なお姉さんです。

 そして先日、幼少期の姿も公開され、6年が経とうとする現在、新たな彼女の過去の物語が紐解かれようとするのを日々胸をときめかせて待っています。これまでもこれからも、私をこんなに幸せにしてくれてありがとう、アンジェリカ。(鴨川さん)

イスレム

 イスレムは、迷宮山脈の酒場で見かけてから絶対に欲しいと思ったキャラです。まずイラストが美しい! 氷や冷気の冷たい透明感がよく表現されていると思います! 氷でできた人の心があるゴーレムで一帯に雪を降らしたり、川を一瞬で凍らせたりとロマン満載の性能を持った娘です。

 ゴーレムであることやボイスなどで一見クールさを押し出したキャラかと思いきや、物語の節々で子どものような素直さや天然さがにじみ出ており、かわいいキャラクターでもあります。アルコールを飲めることで大人だと主張したり、製作者をジジ様呼ばわりしたり、お父さん呼びしたりと本当にかわいい!

 かわいいキャラだけではなくて、迷宮山脈を中心としたストーリーなどで出演、活躍していて外伝やチェインストーリーでも活躍してくれましたね。特に迷宮山脈のことを大切にしており、故郷を守ると決めたその姿は火妖精のキキに大きく影響を与えていたと思います。

 義勇軍との記憶、絆を大切にしてくれていることがうれしいです。3部で新しい立ち絵も公開されているので実装が待ち遠しいです! 製作者曰く、イスレムの頭のネジは何本か外れているため、完全な力を発揮できないみたいなのでそこを汲み取った性能、物語がみたいです!(村雨さん)

イブキ

 いつも居眠りばかりでぼんやりしたイブキちゃんがとてもとても大好きです。その緩み切った表情、なのに刀を振るえば誰もが剣豪と謳う強さ。初めてイブキちゃんと酒場で出会ったとき、出会いの物語でなんとポンコツな娘なのだろうと思いました。

 ツル姫がその強さを認めていながらも、サボりすぎていてどうしようもなかったイブキちゃん。戦場では経験値を増やしてくれるようでしたが、当時の私はイブキちゃんをうまく使いこなせず、また所持枠が足りずに手放してしましました。

 だけど、さまざまなクエストやイベントで徐々にイブキちゃんのいろいろな面がみえてきたとき、そして3部で大剣豪といわれツル姫の刀として働く姿に心がどうしようもなく惹かれてしまいました。昼寝ができて、だらだらと幸せなひと時を貪るイブキちゃんが、そのひと時を得るために迷わずに刀を振るうことを決断する、その成長した姿がとても愛しく思えたのです。

 今となっては常時パーティに組み込み、たとえ育成する子がいなくてもイブキちゃんは私の義勇軍でくるくると必殺技を撃っています。惰眠を貪りたいかもしれませんが、私はイブキちゃんの気の抜けたあくびをしながらも敵を吹き飛ばすその姿を見ていたいのです。大好きなイブキちゃん、これからも第九領のために、ツル姫様のために、その刀を存分に振るってください。(はるなつさん)

エイラ

 エイラさんとの出会いは初登場でもある“森の魔神 ズフラス襲来イベント”です。細かな記憶は実のところ曖昧ですが、思い返せば酒場で出会ったときからすでに惹かれていたのかもしれません。

 キリっと釣り上がった眉と輝く瞳、横一文字に結ばれた口、年季を感じさせる鈍色の鎧兜という、ともすれば堅物そうな姿ながら、その口調は穏やかで温かさにあふれています。長命な種族なのに偉ぶったところも達観したところもなく、逆に壁を作らずに接せるエイラさん、素敵ですよね。

 敵には毅然と立ち向かい、聞く耳を持たない相手に力技でツッコミを入れたり、異常事態には慌てたりもする。作中で見せてくれる表情は豊かで、アルカナイラストでは凛々しい顔をしていますが、ふとしたときに脳裏に浮かぶエイラさんはいつも笑顔です。

 そんなエイラさんの温かさの奥にあるものを感じさせてくれるのが、2つのキャラシナリオです。特に2つめのシナリオには彼女の感傷が描かれており惹き込まれます、必読です。自分を置いて流れていく人間の時間に、エイラさんは何を思うのでしょうか。内面への言及はありませんが、人との関わりのひとつひとつを大事に生きる限り、寂しさもまた同じように抱えていくのかもしれません。人の時間との違いを理解はしつつ未だ割り切れないエイラさんの、前途がどうか幸せでありますように。(せせりさん)

エリシャ

 最初のほうでは、痛みを感じないことがよいものだと思っていたが、後にそれが間違いであると気付き成長してきたことが好きです。自分自身、現在股関節を悪くし、痛みが凄いです。痛みのせいで、ろくに動くことができず、痛みがなければと悔しい・腹立つ思いなので、エリシャのストーリーは考えさせられます。(ポンポンさん)

オウシン

 最初に好きになったキッカケは、忘れもしない、TGSでの『チェンクロ3』ステージ発表のことです。金の柳髪を靡かせて凛と立つ、その美麗な青年の姿に見惚れました。

 時は流れ、今はオウシンの実装および彼が領主となって現実時間で1年半以上経ちました。領主就任直後や兄妹のキャラクエのような、妹や家臣らに支えられ執務に追われながらトップに立つ初々しさや、他の領主に遊ばれてしまいそうな青い新米領主の姿はすっかりとなりを潜め、今のオウシンはずいぶんと頼もしくなったように思います。

 アマツ篇9章では、精霊島侵攻に同行して外の世界の強者を知り、10章では曲者の第六領主との交渉を成功させ、11章では要となる土地の領主として鎖国主義にもかかわらず他の領主を引き入れ、また封印の儀の試練も協力して乗り越えたオウシンは、アマツ一行のなかでもさまざまな経験を積み、一歩一歩着実に成長していき、成功体験とともに確かな実績をあげてきたように見受けられます。

 今はまだ家格が上のシュザやヨシツグ、ズイハのような強靭でカリスマめいたリーダーシップには届きませんが、メインストーリーを通してオウシンが持つ領主としての器も徐々に大きくなっているのではないかと思うと、その成長を2年間近くともに体験できたことがうれしくなります。

 12章以降、あるいはオロチ封印の儀を乗り越えたとき、あざやかな朱色の羽織が似合う彼の背は、きっと四領だけではなく九領全体の未来を背負うに足る大きさになるのだろうと思います。まだまだ大きく成長する予感がする第四領主オウシンくんの今後の伸びしろが楽しみでしかたありません。(ゆ?さん)

オルガ

 姐さん!! おかえりなさい! また会えるのずっと待っていました! 私が『チェンクロ』を始めたのはクリオラちゃんとの出会いからなのですが、彼女が迷宮山脈にいたことからマップに見える暑いんだか寒いんだかわからないその山脈は、当初憧れの土地でした。

 そこにたどり着き、程なくして訪れた迷宮山脈を舞台にした踏破イベント! 初登場の姐さんはとっても強くてかっこいい! 当時まだクリオラちゃんに出会えていなかった私に大きな勇気をくれたものです。

 それから数年……私は年代記の塔制覇まであと少しというところまで成長していました。でもなかなか突破できない10階層3戦目の壁。マリナもミシディアも強すぎて打つ手がなかった私を助けてくれたのはやっぱり姐さんでした! 悪くないねぇ! と言いながらどんどん進んでいく姐さんの姿……ものすごく頼もしかったな。初めてたどり着いたてっぺん、姐さんと一緒で本当にうれしかったです。

 土妖精の未来も、ユグドの未来も絶対に暗くはないし、姐さんがいれば大丈夫! 私ももうそんなに若くないけど、見守っててね。めちゃくちゃ強くて優しい姐さんにまた会えて本当によかった!(しまこさん)

カタリス

 『チェンクロ』をインストールした時、ちょうど魔神イベントが行われていました。一番最初に実装された魔神カタリス。絵に一目惚れした私は「カタリス欲しい!」と張り切ってイベントに臨みましたが、始めたばかりで右も左もわからず、パーティも弱く全然カタリスに勝てない……。悔しくて悔しくて精霊石を何個も使ってクリアした思い出……今思うと非常にもったいない精霊石の使い方ですね(笑)。

 昔の魔神イベントは討伐回数報酬に魔神はなく、魔神ガチャも確定がなかったので、カタリスが手に入るかはまさに運! 私は運よくカタリスを迎えることができ、しばらくパーティの要として頑張ってもらいました!

 その後、復刻で最大まで限界突破することができて、あの時の苦労を思い出し感慨もひとしお(笑)。今では出番はなくなってしまいましたが、いつまでも思い入れのあるキャラクターです。いいキャラクターなので、ハティ&ハティファスみたいに黒龍ちゃんとバディ化したらうれしいな♪(ミミズさん)

カティア

 ガチャで最初に我が義勇軍に来てくれたSSRが、カティアさんでした。戦いが嫌いなのに誰よりも最前線で魔法兵団を指揮し続けてきたカティアさんが、3部になってやっと自分の夢を叶えられたのを見た時、平和な世界を取り戻せてよかったと本当に感動しました。伝承篇で普通の少女のように学園生活を楽しんでいる姿を見せてもらえたおかげで、その気持ちがまた深くなりました。

 不器用なまでにまっすぐ一生懸命で、いつも誰かのために頑張り続けるカティアさんのことが大好きです。師団長と先生の両立は大変かと思いますが、兵団の仲間たちといる時の素のカティアさんも、いっぱいいっぱいながら先生として頑張るカティアさんもどちらも大好きなので、これからもいろんなカティアさんの表情を見られたらうれしいです!(ばちさん)

キース

 『チェンクロ』の世界で義勇軍は来るもの拒まず去る者追わずな感じで、多くの仲間と一緒に強大な敵と戦って来ました、そんな中で義勇軍が居場所であると思っている人も多いと思います。

 でもキースは義勇軍の行為は偽善で世界は混沌としていればそのほうが楽しいと思っている人間です。黒の軍勢を倒すことを正義とした側から見ればキースの考えは異常ですし、それにともなう行動は迷惑極まりない愚行だったと思います。それでも義勇軍内での不和や内部分裂を期待するキースのような人間を置くという決断をした隊長や、揉めごとの責任をキース1人に負わせるのではなく仲間としてともに背負った仲間たちには本当に感謝したいと思います。

 キース本人は義勇軍を外に出るために利用しただけで、仲よしこよしの友だちごっこをするつもりは昔も今も毛頭ないのかもしれません。苦労したこと、呆れることも多かったでしょう……。それでも彼を1人にせずに仲間として扱ってくれたことはキースの人生の中で必ず残る楔になったと私は思っています。

 これで変われるほど人間は柔軟にできてはいませんし、混沌を求めるキースがそうそう自分の中の柱をへし折るとも思えません、簡単に折ったり曲げたりするような人間だったなら私は好きになっていないでしょうし! 彼の人生が例え荒れた道だったとしてもどんな形でも“未来”につながっていることを願うばかりです。(タオさん)

ギザザヤ

 初めてギザザヤさんがストーリーに登場した時、そのイケメンなお姿に惚れたら負け。『チェンクロ』運営に踊らされる。ふーん、別に好きじゃないし。性格だってどうせあれでしょ、運営が「これ好きなやつでしょ?」って押し付けてくる王道なキャラでしょ? その手にはひっかからないから!! って思いながらストーリーを進めておりましたが、ケ者の大陸篇の終盤には「いやーー!! ギザザヤさんの出番が終わるーーー!! 好き!! 早くアルカナ化してーーー!! !あーーー!!」ってなっていました。そして実装当日、無事にゲットでき、そのスキルボイスでまた死亡しました。ありがとうございます。本当、長大好きだな!! ってわかる。長のことをこれからも見守ってあげてね。(りっとさん)

キャス

 今や知らないチェンクラーさんも多いかもしれない、初代『チェンクロ』コミカライズの主人公。遠距離攻撃できない魔導師という設定そのままに、ゲーム世界のキャラクターとして仲間になってくれたことが、当時から今に至るまで変わらずとてもうれしく感じています。漫画版とは少し違う物語を辿ったであろう彼の旅路は、果たしてどんなものだったのか、今はどこで何をしているのか、思い浮かべるだけでワクワクします。

 彼を知らないチェンクラーさんに出会ってもらうため、そして3凸のまま最後の1枚を待ち望んでいる私のようなチェンクラーのために、もう一度彼のアルカナ入手機会が訪れますよう、さらに欲を言えばレジェンド実装なんで夢がいつか叶いますよう、心から祈りながらせっせと親愛度上げに勤しみたいと思います。ただただ、また彼に会いたいです。(セピアさん)

ギルバート

 セレステ篇4章で読んだヴォルクリスの彼に対する評価がとてもしっくりきます。各地にすごい人はたくさんいるけど、彼がいなかったら義勇軍は世界を救えなかっただろうと。『チェンクロ』にはいろいろな“強さ”をもったキャラがいますが、ギルバートの“強さ”は、あの危険と隣り合わせなことが多い世界でとても独特なものだと思います。

 彼は腕っぷしが強いわけではないですし、戦いに特化した能力もありません。戦闘の“強さ”は本編を読む限り持っていない。見た目は一見頼りなさげな印象。それにもかかわらず彼は一癖二癖もある副都のギルドをまとめあげる立場についている。それだけでもうすごい。

 彼のその“強さ”は仕事に対する誠実さだったり、やると決めたらとことんやる熱意だったり、なにより自分のことより周りを見ているその性格からつくられているような気がします。そしてその成果を周囲が認め、信頼しているのだろうと感じます。ほんとうにすごい。

 自分の語彙では彼の“強さ”を定義できないのでどなたかよい表現を見つけてほしいです。そもそも物語の最初の時点で自らも不安な立場にいたであろう議長が、自分の弱さを出さずに世界を頼むよ、といったその姿勢がすでにもう強い。

 とはいえ、たまには自分を優先してほしいし、楽しく休日を満喫していただきたい。しあわせな議長の話を読みたいです。表舞台で派手な活躍をする人ではないですが、いつでも周囲に目をやり支える立場につき奮闘するギルバート議長が大好きでする。願わくばいつか動かしたいのですが……。少しでもストーリーで姿を見られればうれしいです。(天ぷらさん)

クストディオ

 2部ストーリーがクリアできなくなり、『チェンクロ』をお休みしていて、戻るきっかけをくれたのが、クストディオの実装でした。インテリ風眼鏡に妖精耳というかなりドはまりな見た目が気になり、3部には手を出せていなかったのですが、踏破イベをプレイしたところ、ただの陰険インテリ眼鏡じゃない、優しさ、あたたかさがにじみ出てしまう性格にもドハマりしました! おかえりキャンペーンでいただいた石で彼を手に入れてからは、『チェンクロ』をプレイするのが再び楽しくて仕方なくなり、今にいたります! クストディオ大好きっ! 族長とセットでぜひ新しいお話が見たいです!(キリクさん)

クラウス

 初期の頃からずっと応援しているクラウスさん。穏やかな笑みを湛えた美青年のビジュアルからは想像できないような、言葉を交わせば精神的ダメージ必至の毒舌と、どんな状況でも手を貸してくれる優しい性格。その表と裏のズレ、矛盾とも言える不思議なところが印象に残ったのがはじまりでした。

 彼の情報といえば、どうやらヴェルナーやカティアと学友であったらしいということくらいで、数少ない登場シーンを繰り返し読んでいた記憶があります。徐々に魔法兵団隊長として存在感が増し、第3部では早々にレジェンドの姿で登場・実装してくれた時は本当にうれしかったです。

 兵士でありながら頭脳派で、現場では戦略面でも活躍していることが伺えたり、メルティオールとともに魔導具の開発を行うなど研究者としての顔も持っていたり。アリーチェの勉強を見たときは、彼女の弱点を見抜き的確でわかりやすい指導をする面倒見のよさが滲み出ていました。

 一見すると何でもこなせてしまう人。それなのに、対人関係では口の悪さで失敗してしまう。どこかチグハグで、見守るような気持ちにさせられる。クラウスはそんなキャラクターだなと思います。登場機会が増えるたびに能力の高さと不器用さの両面が垣間見れて、現在進行形でどんどん彼の魅力にはまっていっています。

 彼を語る上で欠かせないシナリオとなった学生伝3部作。クラウスの回想として始まり、主に彼の視点を中心として進行したシナリオでは、あふれそうなほどの情報と物語が詰まっていました。ヴェルナーとの友情が描かれる中で、彼を縛っていた”案山子”の呪いを解放する切欠を与えた強い意志や、鍛錬を欠かさないストイックさ、学生同士の諍いや襲撃者に対応する時に発揮された判断力、そして時にはヴェルナー以上に無茶なことをする行動力。ここでも、冷静さと無謀さを併せ持った姿が見受けられ、ある種の危うさすら感じます。けれど彼自身の心の強さによってバランスは保たれ、ヴェルナーやカティアとの友情が安定感を与えていました。

 父、ユルゲンの存在は非常に衝撃的でした。真理を追求することへの思いや人との繋がりの大切さへの気付き、何より、彼が刻印者の為の研究をする意味の大きさ。刻印研究に深い爪痕を残し、葬られたユルゲンという肉親を彼は背負い続けていく。本編やキャラクエに登場しても、クラウスの立ち位置は常に”誰かのため”であったように思います。はじめて描かれた彼自身の環境や内心は濃厚で、ひとりのキャラクターとしてより深く、立体的な存在になりました。

 ユルゲンとアドヴェルサスの関わりも多く、倫理を逸脱した刻印研究を行うアドヴェルサスと対峙した時どんな思いが去来するのか。非常に興味を誘う点です。たとえ本編で実際に会うことはなくても、きっと、アリーチェたち乙型刻印者の助けになろうと動いているのだろうと想像できます。

 魔法兵団隊長として、ヴェルナーやカティアの友人として、ユニを見守る者として、刻印兵を支えたいと願う研究者として、そしてひとりの好奇心旺盛な学者として。クラウスというキャラクターを生み出し、学生伝という素晴らしいシナリオを与えてくださった『チェンクロ』に心から感謝しながら、これからも彼を愛していきたいと思います。(ユウキさん)

黒騎士

 とにかくなにもかもかたっぱしから全部好きです。見た目だけに絞れば鎧の造詣も兜も角もマントも全部好きです。それだけじゃなく。運命の重さも壮絶な失った過去も自分自身さえも捨ててそれでも取り戻したかった大切な仲間たちを思う純粋な呪いごと全部。人としての生を捨てて魔神に堕ちそれでも諦められなかった優しさ。そして彼とは違う世界の自分自身と仲間たちへの想い。

 連綿と繰り返されてきた『チェインクロニクル』の世界において、ひとつの世界の針を進める鍵としてあまりにも壮絶で哀しくそして崇高な闇としての光。私自身が今まで“キャラクター”にこんなにも惹かれたことはなく、“彼”との出会いが『チェインクロニクル』というゲームと今の自分を繋いでくれている存在だと思います。それはもう、どこまでも、果てしなく、好きという言葉におさまらないほどに。黒騎士が、好きです。(かのポンコツさん)

ジークルーン

 いろいろなジークルーンがありますが、私はやっぱり初期の一番最初の口が開いたかわいらしいジークルーンが一番好きです! スキルボイスの「あらあら、まあまあ」も一番よい柔らかさで包んでくれる感じがして最高なのです! すべてを包む融和な姫さまだけど、身体は溶かされ融解されるほどにその瞳は透き通り緑色に澄んでいる。まさに太陽のような存在であります!(たゆきちさん)

シャディア

 初めは、圧倒的な才能と素のぐーたら具合のギャップが好きでした。圧倒的な才能を持っていながら驕らず努力を続ける、努力型の天才だと知ってもっと好きになりました。そして、エシャルの才能、本当の天賦の才が花開いたとき、自分の実力を遥かに凌駕したお芝居を見せつけられても、シャディアが思ったことが「1人でお芝居を続けているようなエシャルの隣に立ってあげたい」だったことに、彼女の懐の深さと慈愛の深さがとても尊いものに思えました。

 こう言ってはなんですが、女同士の才能への嫉妬は見ていられないものがあります。ですからエシャルの才能が目覚め出した頃、どうか2人の友情にヒビが入りませんようにとずっと思っていました。まさにそれは杞憂だったわけで、シャディアはエシャルの才能を認め、それを封印する方向性には真っ向から反対を示し、またエシャルが記憶を失ったときには常に隣で支え、守り続けてくれました。

 嫉妬しないわけはないと思います、努力して築き上げてきた自分の芝居を軽々と飛び越えていく天性の才能に怯みそうになってもいました、シャディア自身もおそらく大きな運命に翻弄されながらも、それでもそういったマイナスの感情を表には出さず前を向き、エシャルの隣に立ち続ける姿勢をとても好ましく思っています。

 2人が繰り返す「一緒に」という言葉は上辺だけの意味ではないとわかります。これからも過酷な運命に行く道を阻まれるだろう2人の絆が永遠のものであるように祈っています。(ミルディアさん)

スルスタン

 スルスタンは初期ではかなり重宝したんです……! もちろん今でも大好きです! 絶対義勇軍に入って、救われたはずなんです。隊長とフィーナがいる義勇軍が居場所になったはず!

 ついツンツンした態度とってしまうけど、ほんとは暖かい義勇軍がすごく好きなんです。だれも見ていないところでふっと笑ったりして……そこをフェイスレスとかアンジェリカとかに微笑ましく見られたりなんかして!

 あと絶対子どもとかヒーラーとかに優しいと思います。勘違いするな、っていいながらお手伝いとかすると思います。あ、かわいい。微笑ましい。素敵。スルスタンが幸せならわたしも幸せです。スルスタンの髪留めになりたい……。(こなつ。さん)

セト

 薄命の大陸が実装されて4年が経ちましたが、あの頃から一目惚れして今でも一番大好きなキャラ! セトくん!! 去年の今頃、セトくんの親愛度は270ちょっとでしたが、親愛度上限開放が来るということを知ってから薄命ちゃん全員親愛度100にした後に、急いでセトくんも去年の12月22日に親愛度999にすることができました!!

 ここまでやる気にさせてしまうセトくんには魅力がたくさん詰まっており、特に宝石のような瞳がオッドアイで更に眩しく、フイちゃんが一人一人オーダーメイドで作ってくれたメガネをもつ今にも触れたら消えてしまいそうな柔らかそうな手、どことなく儚げなイメージを抱かせるワダアルコさんの素敵なイラストとともに、大人びてはいるけれど少し子どもらしいかわいらしさを感じられる声は、薄命実装発表された当初セトくんに一目惚れし、実装されてすぐに我が義勇軍に来てくれて愛でたときからずっとずっと大好きです。

 今年は去年の私の目標でもあったヘリシティーちゃんと一緒に海パで旅をすることもできました! 私は今年で『チェンクロ』を続けて5年とちょっとが経ちましたが、ここまで『チェンクロ』にハマることができたのにはストーリーがおもしろいという理由もありますがやはり一番はセトくんがいてくれたおかげです……!!

 最近ではもう4凸はしていますがたくさんのセトくんを愛でたいため、毎月更新される薄命凸アルカナを溜めるのを楽しみにしながら、酒場でセトくんがピックアップされるたびにガチャを引いてはいろいろな武器を捧げたりして愛でています(笑)。今年、いやこれからも、たくさん一緒にいろいろなところへ海パや薄命ちゃんパで旅しようね!! ずっとずーっと大好きです!!(ゆうさん)

セレン

 魔神化したあと、自分で作った魔将軍に同僚だった騎士たちの名前つけていたの、本当に涙腺崩壊でした。名前があるなんて今まであったかなーくらいで見ていたら、回想でやられました。

 キャラストでも名前を出してくるあたり、本当に仲間や家族を大事にしてたんだなって思います。理性を取り戻したあと、黒の因子が暴走してしまうかもしれないリスクを犯してまで仲間を守ろうとする姿勢、何度見ても涙が出ます。どうか彼が彼の仲間と二度と離ればなれになってしまわないでほしいです。(もちもちさん)

ソリティー

 初めて来てくれたSSRで、細部まで描き込まれたイラスト、イメージを的確にとらえた声、疫病神と呼ばれながらも周りを恨まない彼女の性格、そして義勇軍、そしてニンファと出会って幸せになっていく様子を描いたストーリー、すべてに一瞬で引き込まれ、好きになりました。

 当時は1枚引くのがやっとで、戦力が足りず、すぐにパーティに入れられなくなってしまいましたが、その後、月間クエストで復刻された時には、イベントもすべて無視し、全力で周回してなんとか4回限界突破した、という思い出があります。今はもう高難度クエストに連れて行くことはできませんが、なるべくパーティに入れて親愛度上げを続けています。

 『チェンクロ』を始めて数年、たくさんの魅力的なキャラクターに出会いましたが、ソリティーがずっと一番好きです。やはり、できるなら5年後のソリティーの様子を知りたい、ゲーム的にも強い彼女を見てみたいと思ってしまいます。どうか、レジェンド版ソリティーの実装を検討していただけないでしょうか?

 申し訳ないことに今まで無課金だったのですが、もしレジェンドが実装されたら課金してでも必ず迎えたいと思っています。それくらい、ソリティーが大好きです。(リズさん)

チドリ

 武道をやっている身としては、登場の「殺すは二流、生かせば一流、守れぬ剣などなまくらです」が心に刺さりました。初登場の3年前、ラザニルのレイドの時から大好きなキャラです。

 3部になってもいろいろなストーリーに出てきて思ったことは、九領を代表するような言葉だと思いました。Ver.2も待っています! レジェンドツルとチドリのステータスが同じだったのが感動です。親子なんだなって思いました。尊い……。(オムさん)

テンペスタ

 テンペスタも大好きなんです。まず、千河に新しい子が入った自体すごいうれしくて見た目もおめめがおっきくてかわいいし、お耳は人間のと同じ形をしているのでハーフなんでしょうか? 小さい頃、苛めとか合わなかったですか? 大丈夫ですか? カチコミいきますね?

 あの、“男はみんな原住民!”の千河で美食家っていう設定も最高です。初見では、アルカナイラストと美食家というワードだけだと変わった食べ物をただ追い求めてるような感じがしたんですが、キャラクエをやると意外や意外、繊細な料理をするところのギャップにやられました。定期的にセレステに料理フられてるのもかわいい。

 あと新世代でありながらヨシツグ伝では弁当屋さんしてるところとかもかわいいし、オルオレータにやわくツッコミ入れてるのもかわいい、また睨まれて怯んでるのもかわいい。モナミ襲来の時もかわいかった。あとラジオドラマでめちゃウマドラゴンをみんなで討伐してるのもかわいい。テンペスタかわいいな?

 たぶん私の気のせいだとは思うんですが、他の新世代のRアルカナより出番多くないですか? たぶん好きだから目につくだけだとは思うんです、わかってるんですが最高にハッピーです。ありがとうございます。

 これからももっといっぱい登場して美味しい料理を千河のみんなに食べさせてあげてください。得意料理はなんですか? 今テンペスタの武器をエビフライにしているので、私の中ではエビフライ作るの得意の設定になりかけてます。昔みたいに『チェンクロ』カフェがあったらテンペスタの料理、私も食べたいです。(しれんさん)

トウカ

 ロープレを遊ぶ時、必ず最初にお気に入りキャラ、最後までパーティメンバーに入れて最強まで育てるキャラを選んで、それが気に入れば作品を最後までプレイする原動力としてます。

 このゲームを始めた時、少しやってみて気に入ったキャラが出て来たら続けようかなと思ったのを覚えています。そして、ガチャで最初に出て来てくれたのがトウカでした。うーん、この娘でいいかな? 程度の気持ちで始めたものの、アレよアレよとログイン2,000日を越えました。いまだにトウカと一緒に歩み続けています。

 あの日、2,001日前に出逢ってから変わらずお気に入りキャラはトウカです。これからも変わることはないでしょう。どうか、あと10年は一緒に進ませていただきたい。私の願いはただそれだけです。(コリンさん)

ハンネス

 日常のふとした瞬間、ちょっとした出来事の合間に「ハンネスさんならどうするんだろう」、「ハンネスさんはどう考えるんだろう」、そう考えてしまうほど私の中に深く突き刺さったキャラクター。他のキャラより出番が少ないのでどんな5年間を過ごしたのか、そのあとどんな成長を遂げたのか知り得ません。もしかしたら知ることが叶わないかもしれません。それでも私はずっと応援していきたいと思います。そんな魅力的なキャラクターに出会わせてくれて、ありがとうございます。(ニコさん)

ヒシャム

 まさかここまで好きになるとは思ってなかったキャラクターです。3部も始めの頃は歴代キャラたちのレジェンド絵に夢中だったり、新システムに慣れるのに精一杯でした。けれどストーリーもある程度まで進み、新世代中心のイベントクエストなども増えてく中でそれぞれのよさに気付き始め……何だか気になるなぁ、好きだなぁと自覚してからはまさに沼……いえ流砂の如くでした。砂漠だけに。

 類稀なる不運体質なのにそれを言い訳にもせず、逆に「不運なんて吹き飛ばしてやれ! 俺たちの思いと力で!」って言い切って、大望に向かって日々頑張っているところがとてもとても好きです。仕事で落ち込んだ日も、彼なら諦めないだろうな……と思えばちょっとだけ頑張れます。

 ハーフィズ演じるビーアルジャーンのお芝居見て目を真っ赤にするほど泣くし、聖夜には子どもたちにビーアルジャーンバッジをプレゼントするし、血を見たいわけでもなければ関係ない者を傷つけようとも思ってないし……筋がしっかり通ってるというか、意外にいい人なのも好きです。

 毎度不運に巻き込まれている手下たちからも、しっかり信頼されてるのはそういう姿を見ているからだと思います。手下たちも愛おしい。

 羅針盤という、エシャル篇で割と最後の謎も抱えているので、どうお話が転ぶのか……毎回ストーリーの更新が待ち遠しいです。ただお話の流れによっては……いろいろと覚悟していますが………できれば実装を、義勇軍の一員になってくれるのを心待ちにしています。今日も砂漠の何処かで頑張っているんだろうな……。(エン豚さん)

ファルナーズ

 大好きなキャラのレジェンドが実装されました。彼女に一目惚れし、行く末が気になり『チェンクロ』を継続プレイし始めたのがつい先日のことのようです。目つきも鋭く剣舞しか頭になかった彼女が、柔らかい表情で先輩として振舞っているのが大変うれしく、彼女の成長を見せてもらえたことに心から感謝しています。

 タリビクちゃんと接したことがきっかけだと思うのですが、剣舞だけでなく他の踊りも取り入れることで専門分野の強度を増すという行動を5年間ずっと繰り返してきたように感じました。成長し続ける人間は美しいものですね。黒の根源に打ち勝ってからも日々研鑽を続け、かけがえのない経験を積んだことでしょう。彼女が歩んできた5年間に思いを馳せました。表情も、必殺技も、すべてが美しいです。

 実装イベントだった踏破のストーリーも熱く、ニキちゃんと一緒に先輩としてそれぞれの後輩を手助けしたこと、その後輩ちゃんたちと一丸となって故郷の人々を応援したこと……月並みな表現しかできなくて恐縮ですが、最高でした。

 あと好きなキャラが触手になったのは初めてでしたが、とてもよかったです! 高揚しました! イラストを描いてくださったネム先生、彼女にまつわるお話を書いてくださったライターさん、このイベントを組んでくださった企画の皆さん。ありがとうございます! どんなに感謝してもし足りないです。美しくあり続けるファルナーズと一緒に、またこの世界の物語を見守っていきます。(わわちゃんさん)

フェブリア

 強さを求め自分や周りを見失ってしまうほどの痛切な衝動から吹っ切れて、3部ではからりとした笑顔を見せてくれる機会が増えましたね。彼女の笑顔には後ろめたさをほとんど感じられないだけに、伝承篇で追加されたエピソードやレジェンドキャラのクエストで語られた空白の過去について、読む度に切ない気持ちになります。

 最近はチャーノやヴェルナーといった魔法兵団の仲間たちと満ち足りた日常を送るエピソードが多い彼女ですが、刻印者としても魔法兵団の古株としても背負う者が増えた兵士のうちの1人だと思います。

 刻印者を取り巻く3部の物語が佳境を迎える中、表舞台の裏で彼女が何を見、どんな思いを抱えて魔法兵団として生きていくのか、思いを馳せながら見守っていきたいです。(おくら丼さん)

ベニガサ

 厳しい口調の裏にある仲間を気遣う想い、果たさなければならない復讐が生まれた悲しい過去、ひとり狭い世界で満足しすべてを知らなかったアマツに道を示したキャラの1人として大好きです。大好きが満ち満ちです。(はまち大将さん)

ポテンシア

 あるがまま、自然のままのような生き方に徹しているように見えていたが、自分には3部からそうではない部分が見え始めてきた。ヴォルクリスが死んだ時、ラファーガだけに見せた顔の描写。クストディオを育ててきた描写、ラウトの眷族の半分を壊滅させたという描写などから、特に昔は世話好きで喜怒哀楽に富んだ感じだったのかなと想像する。果実酒をよく振る舞っていたというのもあったかな。できるなら過去編みてみたいかな、アルボールと兄妹みたいな感じだったんでしょうか。(ラさん)

マウリッツ

 3部が始まって、めっちゃ好きになったキャラです! 初めて酒場ガチャで4凸したキャラで思い入れがあります! 最初ストーリーでカインさんと一緒に登場してましたね。懐かしいー。

 そして、何より惹かれたのが“マウリッツ商会”の会長として、王都の復興に尽力し、またある時は“磔刑の楔”騎士団の団長という2つの顔を持っているのがカッコいいなと思いました。

 ヘリオス篇の6章・2話のSPストーリーでは、彼の騎士道精神がすごく心にグッときました! 昨年12月に、キャラで初めて親愛度を1,000にすることができました☆ 今も『チェンクロ』を続けているのは、マウリッツ会長といつも一緒に戦えているから!! これからもよろしく! マウリッツさーん♪(双黒ミカエラ☆さん)

マリス

 励まされるから、癒されるからです。マリスが頑張っている姿を見ると、自分も頑張ろうと思えます。マリスがアインスロットや聖騎士に限らず周りに礼儀正しく接している姿を見ると、自分の身も引き締まるような気分になります。

 マリスのイラストから、マリスがアインスロットやアデル、隊長に向ける笑顔を想像すると、透明感があってきれいで、心が洗われます。マリスがアントンやトーマスと一緒にいる姿を見ると、年相応の少年っぽさを感じて癒されます。(リットさん)

マリナ

 最初からいるキャラであり、レア度が低く体力や回復の数値が他キャラより劣ってしまい、強いキャラが来てからは使わなくなってしまっていた。しかし2部が始まりSRになった際、他のSSR僧侶はそこそこいたにもかかわらずあえて使用した場面もあった。なんだかんだ言っていろいろな話によく出てきて、そのキャラクター性に惹かれたのだと思う。特に真面目にやっており力が抜けなかったこととか、うっかり裾を踏んでしまうとことか。

 3部になって新しくなったマリナさんが、笑うようになって素敵な女性になったと感じた。よって私はマリナさんが真面目なとこやギャップがあるとこが好きなのだと思う。さらにいろいろなキャラクターがいる中で、「好きなキャラクターは?」と聞かれた時に真っ先に思い浮かんだのがマリナさんであったので、マリナさんを選んだ。(ネズミのしっぽさん)

マレーナ

 まだ若くお嬢様ながらも亡き父の月下の剣商会を受け継ぎ、先頭に立って仲間や部下たちを引っ張っていく姿がカッコよくてたまりません。

 以前は商会の家名復興とデュークたちへの恨みしか頭になかった彼女が、チェインストーリーを経て、5年後の姿では立派に商会を立て直し容姿端麗でモデルもこなしながら商才も発揮してる姿を見た時は感動を覚えました。

 特にユグドへ足を運んだ際に起きた部下のピンチの時に自らの身を挺して守ろうとする姿に自分もマレーナお嬢様に誠心誠意仕えて時には守ってもらいたい思ってしまいました。おいギャリクソンそこ代われ(笑)。(マルモ≒さん)

マンリョウ

 あのシュザ様の近侍という、栄えあるポジションのキャラクターが新世代に出てきたことに驚きました。同じシュザ様の家来でも影で支える忍のチヨメとは違い、表立ってシュザ様の側に仕えて御用を取次いだり精霊島侵攻では護衛をつとめるなど、役職としてちゃんと一領の家臣をやっていることに思わず感動しました。こういった、世界観を補足してくれるキャラクターがメインストーリーで活躍手してくれたのがなによりうれしかったです。

 マンリョウは戦国時代のような九領の世界観に深みを出すキャラのひとりだと思いました。そしてそんな重役であるにもかかわらず、ときおり妙にくだけた口調になるところもたまりません。公務ではキチッと丁寧語なのに、共闘したオウシンの前ではちゃかすような口振りなのが、もしかしたらこれがマンリョウの年相応の姿なのかなと想像を掻き立てられます。

 役職の関係もあるのかもしれませんが、チヨメと仲よくなさそう(?)なのも個人的にツボです。シュザ様を支える家臣団としてお互いツンケンしながらシュザ様の一番の家来を争って切磋琢磨しているのかなぁとか、一騎当千の第一領の鬼たちはこうした環境で鍛えられているのかなぁとか……想像は尽きません。とても楽しい! これからも出番があるといいなと思います!(みやまさん)

ミーム

 仕事に妥協せず直向きなところは尊敬する。普段はおとなしい口調だが仕事中は人が変わったかのように荒々しくなるところもギャップがあっていい。一緒に働いてみたいと思わないわけではないが、きっと仕事にならないと思うので邪魔にならないところで時間の許す限り眺めていたい。

 好きなことをずっと続けることは簡単なことではなく、時には挫折することもある。だが、建物を何度壊されようともその度に建て直し、現実から目を背けることなく立ち向かっていく姿はカッコいい。背中で語るタイプだと私は思う。

 また、建てる機会を見逃さない洞察力もすごい。キャラクエで隙あらば建てようとしているが、それだけでも彼女がどれだけ建てることが好きなのかよくわかると思う。まだ見ていない人にはぜひとも見てほしい。すでに見たという人も一度きりと言わず何度でも見ていただきたい。

 これまで彼女の性格について述べたがもちろん容姿も好きだ。かわいい。ヘルメットから出ている前髪のハネ具合も好きだし、ずっとヘルメットをかぶっているだろうから髪にその型がついていると思うがそれもいい。時間が経てば元に戻るかもしれないがなかなかお目にかかれない気がする。もし見られたらきっとその日はいい日になる。間違いない。

 土煙の舞う中で仕事をしているのだから髪はきしんでいると思うが、それはそれで好きだ。気にしていてもいいし気にしていなくてもいい。副都女子たちとシャンプー談義していたらとても微笑ましいな。

 そうそう、忘れてはならないのはレジェンドにて日焼けした姿がお披露目されたことだ。正直に言うが、気が付いた時は思わず天を仰いでしまった。ともひと先生ありがとうございます。日焼け止めをプレゼントしたい気持ちに駆られたがきっと追いつかないだろう。だが陽に当たりすぎるのも肌によくないのでもどかしい。彼女の健康に何か役に立てることはないだろうか……。いつ寝ているのかもよくわからないし……。

 彼女が加入して5年弱になるがいまだによくわからない。謎である。だがそれも彼女の魅力だと思う。ミームさん、これからもよろしくお願いします。(おーしさん)

ミシマ

 3部アマツ篇2章でミシマがアマツに語ったセリフ、「賢人とてかつては物知らぬ馬鹿だったのだ。無知を笑う者は、かつての自分を忘れた愚か者よ」、「お前はこれから、あらゆるものを知り、あらゆるものを学べるのだ……喜ばしいことではないか」。このシナリオを読んで、ミシマのことがとても好きになりました。

 日常を過ごすなかでつらいことがあったとき、迷うことがあったとき、何度もこのシーンのミシマのセリフを読み返します。きっとアマツも、さまざまな困難に出会ったときに、ミシマのこの言葉を思い出していたと思います。座右の銘とはちょっと違いますが、私が生きていくうえでとても大切な言葉をミシマから――『チェインクロニクル』からいただきました。(あわゆきさん)

ミラ

 ドンピシャな声とルックスで文字通りハートを射ぬかれまして。こんなにキャラを好きになったのは初めてです。レジェンド版はまだかなまだかなと眠れぬ夜を幾度も越え、2017年の感謝祭では絵馬にも「レジェンドミラ様お願いします」と書き、2018年の11月末にやっと! やっと!! 念願の!!!! 心の底から「『チェンクロ』続けててよかったなぁ」って思えるほどに、ミラ様との出会いには感謝しています。マレーナ嬢とは仲よくね!(てつをさん)

ムスタファ

 総『チェンクロ』プレイ数で換算するときっと一番お世話になっているアルカナに違いないので、もはや好きでは収まりきらない感情を抱いています。貧民にとってはよいことをしているのに、義勇軍として明るい道をともにしたというのに、困っている人は放っておけないくせに、あくまで自分は悪人だと言い切って憚らない。暗い道がお似合いだと思っている。そういう変に自分の中の正義がぶれていない部分が魅力だと思います。

 イベントでおじさんと言われ続けて、ツッコむのも諦めもはや享受しているあたりもおもしろくて好きです。素敵なおじさま。ぶっきらぼうなりに娘のことを大事に思っているのも好きです。親子でVer.2おめでとう。

 金目の物ということで金ピカゴーレムを前に解体しようと意気込んでるのも好きです。生き生きしてて楽しそう。何かと女の子に絡まれてるのも、その過程でわりと誤解や迷惑まがいな被害を被っているのも見ていてふふっとなります。

 好きなところを挙げ続けていくときりがないのですが、それくらい長い間数々の場面で心を射抜かれているのは確かです。これからも活躍を楽しみにしています! あなたが活躍するたびに世界の片隅であなたのファンであるチェンクラーが一人笑顔になることを覚えていてくれると幸いです。湖都の大盗賊はずっとわたしのヒーローです!!(真雄さん)

ヤイト

 荒くれ者、無法者というイメージ強かった九領に、まさか火鬼というかわいすぎる種族がいたというのがまず驚きです! そしてかわいいかわいい火鬼たちの中で、クールさを漂わせるヤイトくんは、もふもふと孤高を両立させながら、忍者として隠密活動をするためにかわいい仕草もできるというハイブリッド火鬼なところが大好きです♪

 もともとラジオでのリスナー参加型ミッションとして始まった火鬼新キャラ企画で生まれたヤイトくん。CVを担当される緑川さんの「花火職人で裏稼業は忍者な火鬼」という提案からどんどん設定が盛られていって、結果的にものすごく強くてものすごく便利でめちゃめちゃかわいい火鬼として誕生したのをずっと見てきたので、リングガチャで実装された時にはすぐに4凸しました!!

 かわいさと高性能さで、シュザ様率いる九領パーティで大活躍しています♪ そしていつかシュザ様とバディを組んでほしいと期待しています!(モモちゃんさん)

ルイーゼ

 1部や3部、そして伝承篇でも大活躍の彼女。その器は、単なる影武者のそれではなく、今や聖王国になくてはならない存在だと思います。前線で戦う力はなくとも、聡明さと思慮深さでユリアナとアインスロットを支える姿がとてもカッコいいです。

 また、アインスロットを慕っているところがとてもかわいいです。ルイーゼとアインスロットの見ていてそわそわする何とも言えない距離感が好きです。

 2018年にアインスロットとルイーゼが実装されたことで、2人にまつわるエピソードをたくさん読めたのがうれしかったです。普段の姿も好きですが、描きおろしのパンツドレス姿も魅力的です。凛としていて、ルイーゼの芯の強さを感じます。(サンハルさん)

レオン

 どんなにおちょくられても文句を言われても、諦めずに頑張っている感じがとても好きです。普段頼りなさげだったり、弱々しかったりするけれど、ちゃんと囚人と対話しなくちゃいけない場面や仕事のことでは物怖じせずきっぱり話している印象もあるので、そういう場面が特に好きです。

 囚人のいい変化に喜んでるところとかも、たくさん考えて囚人のために動いているんだなあって思えるし、反応がいちいち単純でかわいい(?)おもしろい(?)ので見ていて楽しくなります。それに、私が今まで好きになったことのあるキャラクターとは違った魅力があるので、自分の好みを広げてくれた思い出深い人物です……!!(びわさん)

ローエンディア

 彼女のどこが好きかと聞かれると、無限に思いつくような気もするし、逆に「そう言われてみれば具体的にどこが好きなんだろう……?」と迷ってしまう気もします。そのくらい好きです。

 好きすぎて、自分でも「なぜこんなに好きなんだろう」と思ってしまいます。ですが、『チェンクロ』を始め、ローエンディアに出会った時から彼女のことがずっと大好きです。

 バージョン違いが実装されるたびに奇声を上げています。アニメに出てきた時も、先行上映を見ながら劇場内で奇声を上げてしまいました。これからもずっとずっと大好きです。(栗猫さん)

©SEGA

チェインクロニクル3

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2013年8月1日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

チェインクロニクル3

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2013年7月26日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金