『火吹山の魔法使い』を720円で遊びたいなら、DLページへ進め。もちろんキミは、遊ばずに引き返してもよい【電撃衝動GUY】

Go
公開日時

 おいっす。半額とか3割引きとかにめっぽう弱い、電撃の衝動買い男……電撃衝動GUY(ガイ)2号こと、GOです。

 今回は、Nintendo Switch版『火吹山の魔法使い』を紹介。ゲームブックの名作『ファイティング・ファンタジー』シリーズの記念すべき最初の作品、『火吹山の魔法使い』がデジタルゲームとして復活したものです。

 大元になったゲームブックの日本語版が登場したのは1984年と36年前。当時大きなムーブメントを巻き起こした名作が目の前にある。今の時代にまた楽しめるだけでも嬉しいのに、今なら75%OFFの720円だ。
(ただし、セール期間は2021年9月22日23時59分までとなる)

 この名作を遊びたいなら、ダウンロードページへ進め。もちろんキミは、遊ばずに引き返してもよい。

80年代の冒険世界へ!

 本作は、アドベンチャーゲームブックの名作である“ファイティング・ファンタジー”シリーズ第1作目、『火吹山の魔法使い』のデジタルゲーム版です。

 アドベンチャーゲームブックとは、本に書かれた選択肢で指定されたページに飛びながら、物語を進めていくタイプの書籍です。

 原作となった“ファイティングファンタジー”シリーズは、そこにサイコロを使った戦闘の要素を取り入れ、まるでテーブルトークRPGを遊んでいるかのようなゲーム性を取り入れて大ヒットしたシリーズです。

 30年以上前に流行したものなので、アラフォー以上の人なら、懐かしく思う人も多いのではないでしょうか。

 審判もゲームマスターもいない1人遊びなので、前世くらい昔の記憶では、“間違えたと思ったら前のページに戻る”とか、“サイコロを振ったつもりでエアバトル”とか、やりたい放題でした。

 そんなプレイが楽しいのかと思う人もいるでしょうが、ページを読み進めるだけで冒険の雰囲気を味わえて、結構楽しかったです。もちろん、デジタル版はそんなチート技(!?)は使えないのであしからず。

 本作は、原作の物語を再現したアドベンチャーゲームとなっており、基本的には出現する選択肢を選びながら、物語を進めていくことになります。

 ダンジョンや冒険者はグラフィック化され視覚的にも楽しめますし、戦闘でサイコロを振ったり、計算したりする必要もないので、当然ゲーム体験としては書籍版とはかなり異ったものになります。しかし、原作の雰囲気や空気感は忠実に再現されていると思います。

 また、バトルではミニチュアフィギュアを駒のように使ったグラフィカルなものなので、よりテーブルトークRPGの雰囲気に近づいたともいえるでしょう。

 プレイを重ねることで最初に選択できるキャラクターが増えるといった、やり込み的な要素も搭載されているのも嬉しいですね。

 そんな物語の舞台になるのは、火吹山と呼ばれる山の地下。そこには、悪の魔法使いザゴールがつくった広大な危険な迷宮が広がっており、多くの財宝が眠っているとされます。

 プレイヤーは1人の冒険者となり、そんな恐ろしい迷宮へと足を踏み入れることになるのです。今思えばシンプルですが、それだけでも、昔はワクワクしたものです(遠い目)。

 現在、非常にお求めやすい価格になっていますので、懐かしいと思う人だけでなく、テーブルトークRPGに興味がある人も、ぜひ80年代のゲームファンを熱狂させた冒険の旅を体験してみて下さい。


『火吹山の魔法使い』とは(商品解説ページより)

アランシア大陸に名を轟かせる悪の魔道士・ザゴールを倒すため、火吹山の地下につくられた恐ろしいダンジョンを探検しましょう。ファイティング・ファンタジーの原典がいまここに。

 英国のゲームデザイナー『スティーブ・ジャクソン』と『イアン・リビングストン』が生み出したゲームブックの名作『ファイティング・ファンタジー』シリーズの記念すべき第一作目『火吹山の魔法使い』がデジタルゲームとして復活。

 80年代に世界中のゲームファンを熱狂させた冒険の旅へ出発しましょう。

 全18人の個性的な英雄たちから1人を選び、火吹山の地下に築かれた城塞の最深部にいる悪の魔法使い『ザゴール』を倒すことがあなたに課された使命です。

 ゲームブックの楽しさを忠実に再現するためにつくられた独自のゲームエンジンによって、何千もの選択肢を通して生み出される濃厚なストーリーと、戦略に満ちた戦いをお楽しみください。



GO:PS時代から生き残っている化石ライター。30年以上前のゲームでも知っているのはきっと前世の記憶。絶対に!

(c) Tin Man Games Pty Ltd, 2018.
(c) 2019 Chorus Worldwide Games
Fighting Fantasy is a trademark owned by Steve Jackson and Ian Livingstone, all rights reserved.

関連する記事一覧はこちら