本物の忍者の意外な事実。野郎2人で忍者修行してきました!

電撃オンライン
公開日時

 闇に潜み、人知れずターゲットを暗殺する……それが忍者! そう思っていたイトラです。

 10月17日にイニシアティブメディアより発売予定のPlayStation VR専用ハック&スラッシュアクションRPG『サイレントVR』の体験会会場で、忍者修行も体験できました。今回は体験会に参加したゴローと私で忍者修行をしてきたのでそのレポートをお届けします! 

 電撃オンラインchで動画もアップされているので、ぜひそちらもチェックしてください。

デモンストレーションで圧倒される。

 修行体験が行われた会場は畳が敷き詰められ、甲冑が飾られていました。また、実際に使われていたという忍者の道具の数々も展示されており、“本当に忍者はいた”ということを再認識しました。

 ゴローと私も忍者衣装に身を包んで準備万端! まずは、今回の修行の師範となる怜文(レイブン)さんによるデモンストレーションからスタートです。デモンストレーションでは、刀や扇子を使った演舞に圧倒されました。

  • ▲「臨兵闘者皆陣列在前(りんぴょうとうしゃかいじんれつざいぜん)」の大きな掛け声とともに印を切り、演舞がスタートします。
  • ▲背筋をピンと伸ばして、刀を振るう様はとてもかっこよかったです。
  • ▲棒を使っての演舞では、流れるような身のこなしが披露されました。
  • ▲舞踊のような動きがとても魅力的な扇子による演舞です。

手裏剣のポイントはフィジカルコントロール!

 まずは手裏剣による修行が行われました。ポイントとしては、大きく振りかぶって思い切り投げつけるのではなく、静かに腕を振り下ろすイメージで投げることだそうです。なぜなら、強く投げつけると殺意が敵に伝わってしまうためだそうです。

  • ▲うまく目標の板に投げられていました。様になってるなぁ……。
  • ▲脱力のあまり、うまく当てられません。力加減が難しい!

 怜文さんから忍者の目的は諜報であって戦うことではないので、武器を使うのは本当に最終手段だったと教わり、手裏剣修行は次のステップへと移ります。

 投げると同時に右足を前に踏み込むことで体重が手裏剣に乗り、より強く手裏剣を投げられるとのことです。

  • ▲鋭角に投げつけてしまうゴロー。手裏剣を離すタイミングが難しかったらしい。
  • ▲先ほどまでの脱力のし過ぎに体重が乗ることで、今度はうまく目標に投げられました。

 手裏剣修行の最後はフィジカルコントロールでした。殺意をむき出しにして手裏剣を投げるのではなく、“目標は友達でそこに贈り物を届けるような気持ち”で投げることで、冷静さを保ったまま任務を遂行できるとのことでした。

 具体的には、一礼をしてから構え、手裏剣を投げる。そして、投げ終わったら再度一礼をしてフィジカルコントロールをするというものでした。

  • ▲礼をして、フィジカルコントロールをしてから投げることで、先ほどよりも良い精度で目標をとらえられていました。
  • ▲友達が少ないイトラも、想像上の親友に贈り物を届ける気持ちで投げてみました。

木刀を使って、相手を感じろ!

 続いては木刀を使った修行です。ゴローと私、それぞれ木刀で戦う際のポイントを伝授してもらいました。

 1番手は私、イトラです。怜文さんから教えてもらったキーワードは“風”です。相手が打ち込んでくる一瞬の風を感じて攻撃を避け、逆に相手に打ち込むというものでした。

  • ▲相当集中して相手を見ていながら、打ち込んでくる風を感じようとしています。
  • ▲風を感じることで、なんとか成功!

 ゴローが伝授してもらったのは、気持ちを“水”のようにすること。私が教えてもらった“風”は、触ることができません。でも、水は触ることもできるし、撃てば音がなります。つまり、相手の呼吸に合わせて、会話をするように木刀を打ち付け合うのだそうです。

  • ▲最初に握手をし、その手が相手の手と糸でつながっていることをイメージするのだそうです。
  • ▲最初はゆっくりだったものの、だんだん早くなる怜文さんの打ち込みに、必死に応えています。

フィジカルコントロールの礼で修行終了!

 最後は礼と握手で修行終了となりました。着替えの合間や修行の中で、怜文さんから教えてもらった忍者の意外な事実がありました。

 それは、忍者は元々農民などの非戦闘的な人たちだったということでした。今でいうフリーランスのような立場だったため、自分を雇ってもらうべくアピールをしなくてはならず、その結果として、水の上を走ったりするパフォーマンスが生まれたのだそうです。

 元々が非戦闘的な人たちなので、任務は諜報となり基本的に戦闘はしなかったそうです。「攻撃すれば必ずやり返される」という怜文さんの言葉が、非戦闘的である理由として印象的でした。

 最後に、フィジカルコントロールを会得した忍者・ゴローと花魁の写真をご覧に入れて終わりにしたいと思います。忍者になって敵をなぎ倒す『サイレントVR』も体験してきましたので、そちらのレポート記事もぜひチェックしてくださいね!

Sairento VR 2019 © 2016 - 2019 by Mixed Realms Pte Ltd

サイレント VR

  • メーカー: 3goo
  • 対応機種: PS4/PS VR
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年10月17日
  • 希望小売価格: 4,200円+税

サイレント VR(ダウンロード版)

  • メーカー: イニシアティブメディア
  • 対応機種: PS4/PS VR
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年10月17日
  • 価格: 3,500円+税