『リゼロス』1周年記念インタビュー。謎は謎のまま、考察も含めて『リゼロ』の世界を楽しんで

まり蔵
公開日時

 セガが配信するiOS/Android用アプリ『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories(リゼロス)』の運営インタビューをお届けします。

 人気小説を原作としたTVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」初となる公式スマホアプリ『リゼロス』。本作が2021年9月9日で1周年を迎えます。おめでとうございます!

 これを記念して、電撃オンラインでは運営スタッフにインタビューを敢行! 『リゼロス』が歩んだこの1年や、1周年施策の見どころなどについて語っていただきましたので、ぜひご覧ください!

『リゼロス』1周年 関連記事

『リゼロス』1周年記念・運営インタビュー

――9月9日で1周年を迎えるということで、まずは率直な感想をお願いします。

 まずは無事に1周年を迎えることができ、運営・開発チーム一同感謝申し上げます。

 この1年で大変多くの方にプレイをいただき、新章2の完結、さまざまなキャラクターやコンテンツの追加、そして今後についても追憶郷第2部やMemory Snowなど、新たな展開をお伝えすることができました。

 これも一重に皆様の応援のおかげです。本当にありがとうございます。

――改めて、『リゼロス』の魅力について語っていただけますでしょうか。

 『Re:ゼロから始める異世界生活』が織りなすさまざまな物語展開、そして魅力的なキャラクターたちがあればこそと感じています。

 そのキャラクターたちの魅力や違った一面、またなかなか本編では見かけない組み合わせなど、ストーリー、バトルから『Re:ゼロから始める異世界生活』の新たな部分をお届けできればと思っております。

 そうした部分を少しでも楽しい、プレイしてよかったと思っていただけると、大変うれしくおもいます。

――この1年、開発・運営するなかで一番印象深かった出来事は何ですか?

 サービス開始時が一番印象に残っています。

 選択肢を選んでストーリーを読み進める部分とRPG的な遊びの部分が両立されている独特なタイトルなので、リリースまで何度もテストを繰り返しましたがファンの方に受け入れていただけるかは実際にサービスを開始してみるまでドキドキしていました。

――ユーザーからの反応で印象的だったものはありますか?

 新章をはじめ、“リゼロス・サマーパーティ!”など、特にストーリーの展開、キャラクターの言葉1つに1つに対する皆さんの反応は、どれもとても印象的です。

 このお話は実はこういう展開ではないか、このキャラクターの発言は意図はこうだろう、などなど、プレイいただくユーザーさん1人1人が自分の考えと真剣に向き合っているご意見は、運営・開発チームとしてもとても刺激的で、どれも心に残っております。

――この1年間のアップデートで、特に重要視していた部分をお聞かせください。

 『Re:ゼロから始める異世界生活』のさまざまなキャラクターを育てて遊べる、愛でられることが本作の大きな魅力の一つだと考えていますので、キャラクターの使い所、見え方、育て方を楽しんでもらえる部分を重視してコンテンツ開発を進めています。

――1周年記念施策のなかで、注目ポイントやお得な情報などについて教えてください。

 まずは1周年期間のログインで入手できる、描き下ろし記憶結晶、シオンが登場する“【賑やかな夢幻術師】ガチャ”最大100連分のガチャチケット、そして魔法石など、1周年期間のさまざまなプレゼントがあります。

 さらにイベントではシオンのかけらが100個入手できる『夢喰らい討伐イベント』や、限定キャラクターを含むさまざまなキャラクターのかけらが入手できる『スペシャルかけらダンジョン』などなど、普段のイベントよりもパワーアップしておりますので、そちらもご期待ください。

――新キービジュアルが公開されましたが、キャラの人選や描かれている背景に新鮮さを感じます。テーマや見どころなどありましたら教えていただけますでしょうか。

 スバルの向かう未来にあるものをテーマにしたビジュアルです。

 彼に関わる多くの人々とともに進む未来には、明るい青空もあれば、暗く沈んだ風景もあり、幾重にも分岐した未来が待ち受けています。

 そんな作品世界を表現したいと思い、このビジュアルを制作しました。

  • ▲旧ビジュアル
  • ▲新ビジュアル

――先日、オリジナルストーリー新章2(前編)が実装されたときのユーザーの反響はいかがでしたでしょうか。

 リリース前からずっと準備していたお話なので、かなり大きな反響をいただき、うれしい限りです。シナリオの内容についてもそうですが、登場していないキャラクターたちがどうなっているのかの考察なども含めて興味深くご意見を拝見しています。

 開発チームとしてシナリオ外のことをお話することはできませんが、さまざまな考察も含めて『リゼロ』という世界の楽しみ方の一つだと捉えております。今後も明かされない謎については、謎のままお楽しみいただけるとうれしいです。

――9月9日よりついに、新章2(後編)が実装されるということで、ストーリーのボリュームや公開できる範囲でのちょっとした内容などをお聞かせください。

 エンディングが複数用意されていますので、ボリュームについては前編よりも多いです。後編はストーリーもですが、声優さんにもさらに重厚に、情感たっぷりに演じていただいています。

 特に各エンディングについては、内容を知っているにもかかわらず収録時に胸に迫るものがありました。ぜひ、音声をONにしてお楽しみいただきたいです。

――『リゼロス』で初実装が発表されたオリジナルキャラの“【賑やかな夢幻術師】シオン“について、何かひと言お願いします。

 リリースした当初から皆さんと一緒に追憶郷で過ごしてきたシオンが、どかーんと実装されます!

 プレイアブルキャラクターではないが故に親愛度が上がらず、ホームボイスも変わらなかったと思いますが、やっと皆さんに快活なシオンのおしゃべりを聞いていただくことができてうれしいです。

――心想の迷宮で入手できる新キャラクターを実装予定とのことですが、次回もラインハルトなのでしょうか。それともラインハルト以外の誰かになるのでしょうか。

 ラインハルトとは異なるキャラクターが登場予定です。詳しくは、今後の情報公開をお待ちください!

――新たなバトルコンテンツ“追憶の決戦“は本編で登場したキャラクターのみ使用可能とのことですが、具体的にはどういったキャラが使用できるのでしょうか。

 エルザに対して「スバル・エミリア・パック・フェルト・ロム爺」で挑むなど、ボスに対して原作に沿ったシチュエーションの人物が指定されます。

――複数パーティでバトルを行う“グランドアリーナ“を実装するに至った経緯、またコンセプトなどをお聞かせください。

 グランドアリーナについては、『リゼロス』で登場するさまざまなキャラクターの活躍の場を作る目的で、開発を進めております。

 また新しい育成機能は、これまでに活躍しているキャラクターのポテンシャルをさらに引き出し、新たな活躍ができるよう、より高みを目指すための育成機能として登場予定です。

 どちらのコンテンツも、リゼロスで登場したさまざまなキャラクターたちに活躍してもらうべく準備中ですので、今後の続報にご期待いただけますとうれしく思います。

――“第3章 IFルート:プリシラ”、“新章3”、“追憶郷シナリオ 新章”、“Memory Snow”と実装予定のストーリーが盛りだくさんですが、直近で実装されるストーリーはどのあたりになりますでしょうか。

 Memory Snowについては、物語の舞台と同様に寒くなりはじめる時期を予定しております。

 その他のストーリーについては順次発表いたしますので、もう少しお待ちください!

――最後にユーザーの皆さんにメッセージをお願いします。

 1周年のオンラインイベントで発表させていただきました、さまざまなストーリーやアップデートなど、今後も『リゼロス』を楽しんでいただくための要素をたくさん準備しています。

 いよいよシオンやライラ、そして追憶郷第2部など『リゼロス』オリジナルキャラクターが活躍したり、その後の新たな展開なども待ち受けます。

 それ以外にもMemory SnowのIFルートや、“亜人戦争”に関連する新章3をはじめ、『Re:ゼロから始める異世界生活』ファンの皆様がさらに楽しめるお話、アップデートもたくさん準備していますので、今後も『リゼロス』の展開にご期待ください。






©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会
©SEGA

Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: ADV/RPG
  • 配信日: 2020年9月9日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: ADV/RPG
  • 配信日: 2020年9月9日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら