『天穂のサクナヒメ』の後日譚を描く小説『天穂のサクナヒメ ココロワ稲作日誌』が登場!

電撃オンライン
公開日時

 集英社は、ゲーム『天穂のサクナヒメ』の後日譚を描く小説、安藤敬而著『天穂のサクナヒメ ココロワ稲作日誌』を、10月4日に発売します。

 以下、リリース原文を掲載します。

 『天穂のサクナヒメ』は、えーでるわいすが開発し株式会社マーベラスより発売されたゲームソフト。

 その本編の後日談が小説化されます。

 村山竜大氏描きおろしイラストも収録され、ゲームと一緒に楽しめる1冊です。

<あらすじ>
 ヒノエ島――神と人が手を携え鬼を払い、稲の実りで満たした地。

 サクナヒメは、先の戦いの後も、いまだこの地で米作りに励んでいる。

 そんな彼女を見つめるひとりの影――車輪と発明を司る神でありサクナの親友、ココロワヒメ。

 ココロワはとある事情によって、親友と同じくこの地で不慣れな稲作に取り組むことになったのだが――?

書誌情報

『天穂のサクナヒメ ココロワ稲作日誌』
原作:えーでるわいす
小説:安藤敬而
定価:1,100円(10%税込)
体裁:B6判
ISBN:978‐4‐08‐703515‐5
発行:株式会社 集英社

(C)2020 Edelweiss. / Marvelous Inc. / XSEED Games

関連する記事一覧はこちら