レトロゲーム配信サービス・プロジェクトEGGからNFTが発売

電撃オンライン
公開日時

 D4エンタープライズは、クリエーター集団の8‐Mintと提携してレトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”のビデオゲームを中心としたNFTを発売することを発表しました。

 9月16日21時発売予定です。

 以下、リリース原文を掲載します。

『プロジェクトEGG』がNFT革命に挑戦:8‐Mintの『MEMORIES』

 今年9月16日21時(JST)、NFT界は懐かしいビデオゲームの中から新たなコレクションシリーズを楽しむことが出来ます。

 株式会社D4エンタープライズ(本社・東京都千代田区、代表取締役・鈴木直人)は、日本を拠点とするクリエーター集団の8‐Mint(エイト・ミント)と提携し、『プロジェクトEGG』日本国内ライセンス商品であるビデオゲームをベースに、公式NFTを発表します。

 今後私どもの活動を8‐Mintを通し全世界のビデオゲームファンに届けたいと考えます。

提供概要

 『MEMORIES』と呼ばれる懐かしい響きのする限定版NFTでは、30秒間の限定グッズとして実際のゲーム履歴の一部をファンが所有することができます。NFTは、8ビットと16ビット時代の1980年代から90年代のゲームタイトルから、各ゲームプレイの象徴的な瞬間にスポットを当てています。

 今度リリースの『Drop 1』には、1986年から1987年に発売されたクラシックゲーム4作品、『Zanac(ザナック)』『Relics(レリクス)』『MarchenVeil(メルヘンヴェール)』そしてオリジナル版『Hydlide(ハイドライド)』を含むNFTを発売予定です。

 販売オークションは実績のあるNFTマーケットプレイス、OpenSeaおよびMintableで行われます。『Drop 1』の販売オークションは、2021年9月16日、日本時間午後9時(GMT正午/PDT午前5時/EDT午前8時)実施予定です。NFT限定セット(10~25枚のみ)そして『Hydlide(ハイドライド)』は1枚だけのユニークな単一版としてオークション販売する予定です。

 ゲームの歴史家が注目すべきポイントは、かの有名な2種類のゲーム機とコンピューターシステムモデル(MSX2、PC‐9801等)に由来するタイトルだという点です。

 今後のコレクションには、PC‐8801含め多くのPCプラットフォーム、アーケードゲーム、有名コンシューマー機などが予定されています。世界中にエンターテイメント革命をもたらし、世代を超えてゲーマーの想像力をかき立ててきた代表的なメーカーの集結です。

 8‐Mintは今後『プロジェクトEGG』の数百タイトルに及ぶ全てのバックカタログをリリースを目指すため、コレクターにとっては、今のうちにかなりレアな『Drop 1』の限定版を手に入れて欲しいと考えてます。

 詳細と最新情報については、8‐Mintのソーシャルメディアにアクセスしていただくか、コレクションリリースに合わせてNFTプラットフォームに直接アクセスし、ご確認ください。

■各種8-Mintソーシャルメディア
Homepage
Twitter
Instagram
Facebook

■NFTプラットフォーム
OpenSea
Mintable

©D4Enterprise Co.,Ltd.

関連する記事一覧はこちら